船橋中央病院の元研修医 上西崇被告 女性暴行で懲役5年の判決

上西崇 女性暴行 懲役5年

9月11日、さいたま地裁(高山光明裁判長)は、酒に酔った女性を暴行したなどとして、4件の準強姦と準強姦未遂の罪に問われた船橋中央病院(千葉県船橋市)の元研修医、上西崇被告(かみにしたかし・32歳・懲戒解雇)に、懲役5年(求刑・懲役8年)の判決を言い渡しました。

この事件は2016年8~9月、上西崇被告は契約していた東京都大田区のマンション一室で 20代女性4人を酒で酔わせて昏睡状態にさせ、性的暴行を加えたなどとして準強姦などの罪に問われていました。

高山光明裁判長
写真や動画を撮影するなど、被害者のことを全く顧みず、犯行態様は極めて卑劣かつ悪質。

しかし、複数の被害者に被害弁償金を支払い、本人が医籍登録の抹消を自ら申し出て反省の弁を述べている。

 
検察側は、上西被告が性的暴行の様子を動画で撮影していたことなどを挙げて「女性としての尊厳や自尊心を著しく傷つける行為」などと指摘していました。

一方で弁護側は「あわよくば性行為の合意がもらえるかもという下心から飲み会を開いた」などとして計画性を否定し、減刑を求めていました。
 
 
スポンサーリンク


 



練馬区大家死傷事件