筧(かけひ)千沙子「本田さんに毒を飲ませた」【青酸連続不審死】

筧千沙子 毒を飲ませた 本田さん

8月7日、の筧千佐子被告(70歳)に対する被告人質問が京都地裁で行われました。

内縁の夫・本田正徳さん(当時71歳・大阪府貝塚市)が2012年に死亡した事件について、筧千佐子被告は「毒を飲ませた」と殺害を認めています。

筧千佐子被告は夫の筧勇夫さん(当時75歳歳・京都府向日市)が2013年に死亡した事件に関しても、先月の公判で「筧勇夫さんを殺害したことは間違いない」と認めています。


 
 

被告人質問の冒頭では弁護側が質問したところ、

筧千沙子
検察側や裁判官の質問には答えない

・・・としたものの、その直後の検察側の質問からしっかり受け答えをしています。

検察側
殺害は間違いないか?
筧千沙子
間違いない。逮捕された時に認めたので翻すことはできない。

食べ物に毒を混ぜた。カプセルだと思う。

検察側
なぜ黙秘せず答えたのか?
筧千沙子
事実だからです。
検察側
殺害の動機は?
筧千沙子被告
自分より先に付き合っていた女性と比べてお金の差別があった

この回答↑↑↑は、夫の筧勇夫さん殺害のときとまったく同じです。

検察側
本田さんが全財産を被告に遺贈する内容の公正証書遺言を作成したことと殺害は関係があるか?
筧千沙子
あります。
検察側
遺産相続のために殺害したのか
筧千沙子
そうです。

公判で検察側が示した証拠では、筧千沙子被告は本田さんの死後まもなく、預金や生命保険金など1943万円を受け取ったとされています。

通常 内縁関係では相続権がないため 筧千沙子被告が確実に遺産を取得できるよう本田さんに公正証書遺言を作らせたと検察側はみています。

検察側
青酸の飲ませ方については(捜査段階では)カプセルに入れたと供述していたが?
筧千沙子
そういうこともあった。そのときの状況に応じて考えてやった。

複数あやめているので分からない

 
 
裁判官
殺害場所は?
筧千沙子被告
喫茶店で私があやめた。

毒入りのカプセルを健康食品と言って飲ませた。

本田さんがカプセルを口に入れたところも確認している。

 

一方で弁護側は、本田さんは病死した可能性もあると指摘します。

「筧千沙子被告が事件前に本田さんと一緒にいた証拠もない」として、無罪を訴えています。

さらに弁護側は「認知症の影響での発言は信用できない」として全面無罪の主張は崩していません。
 
 
弁護側からの質問に移ると、筧千沙子被告の回答がますますあやふやでつじつまの合わないものになっていき、本当に認知症なのか、それを装っているのか?と考えてしまうようなものになっていきます。

午前中と午後の審理の回答が二転三転。

弁護側
先ほどの被告人質問で何を言ったか?

本田さんが亡くなった日に何をしていたか?

筧千沙子
具体的には覚えていない。

本田さんに会ったかどうかもはっきり覚えていない。

本田さんを殺したと思っていない。殺したイメージがわかない。

本田さんはお金も持っていないし、私が殺してもメリットがない

 
 
スポンサーリンク


 
 

[via]朝日新聞 読売新聞 毎日新聞 産経新聞 週刊新潮 週刊文春   戦後ニッポン犯罪史   日本凶悪犯罪大全   戦後事件史データファイル   現代殺人事件史   昭和・平成 日本の凶悪犯罪100   殺しの手帖   日本殺人巡礼