筧千沙子(かけひちさこ)の裁判⑤ 判決【青酸連続不審死事件】

筧千沙子 生産連続不審死事件

青酸連続不審死事件 これまでのまとめ

【初公判と被告・被害者の相関関係 】

【青酸連続不審死まとめ】筧千佐子(かけひちさこ)の生い立ちと裁判

【筧千佐子の裁判 ①筧勇夫殺害】

筧千佐子(かけひちさこ)の裁判員裁判 ①筧勇夫殺害編 青酸連続殺人

【筧千沙子の裁判 ②本田正徳殺害未遂】

筧千佐子(かけひちさこ)の裁判 ②本田正徳殺害編 青酸連続不審死

【筧千沙子の裁判 ③末広利明殺害】

筧千佐子(かけひちさこ)裁判 ③末広利明 強盗殺人未遂編【青酸連続不審死】

【筧千沙子の裁判 ④日置稔殺害】

筧千佐子(かけひちさこ)裁判④日置稔殺害【青酸連続不審死事件】


 
 
青酸連続不審死 筧千沙子

via:朝日新聞デジタル

青酸連続不審死事件 筧千沙子

via:産経ニュース

9/26 最後の被告人質問(4事件共通の質問。審理は4件目の日置稔殺人事件)

――日置さんを殺害したのか(検察官)
 

筧千沙子
殺したと思うが、イメージがわいてこない。

 ――実際に殺したのか(弁護士)
  

筧千沙子
あやめていないと思っている。
 
 ――毒を飲ませたのか(検察官)
 
筧千沙子
首を絞めるとか、刃物を使うことはない。毒だと思う。
 
 ――毒と言って飲ませたのか(検察官)
 
筧千沙子
毒と言ったら飲まないでしょう。健康食品と。
 
 ――日置さんを殺害しようと思った時期は(検察官)
 
筧千沙子
覚えているぐらいなら、こんなアホなことしない。
 
 ――お見合い当時から殺害しようと思ったのか(検察官)
 
筧千沙子
私がそんな恐ろしい女に見えますか。思っていない。
 
 ――4事件の遺族に対してはどう思うか(検察官)
 
筧千沙子
一日も早く死刑にしてください。それだけだ。
 
 ――遺族に慰謝料を払うことはできるか(検察官)
 
筧千沙子
私は年金生活者。また人を殺せと言うんですか。
 
 ――死刑になっても仕方がないと思うか(裁判員)
 
筧千沙子
人をあやめて「ごめん、助けて」という気持ちは一切ない。
 
 ――事件について反省しているのか(裁判員)
 
筧千沙子
そんな少女ドラマのようなことを聞かないでほしい。
あなたのような若い人にここまで言われたくない。
私はあなたのおばあさんのような年だ。失礼だ。
 

10/5 4事件の被害者の遺族の意見陳述で死刑を望む声が相次ぐ

筧勇夫さんの兄
(事件があった2013年12月28日の直後に行った勇夫さん宅におせち料理が用意されていたと振り返り)弟は正月を楽しみにしていたのだろう。
どんな気持ちで死んでいったのか。

筧勇夫さんの兄は、筧千沙子被告が 勇夫さんの遺産を手に入れるために印鑑証明の書類を求めてきたことを振り返り、

筧勇夫さんの兄
結局はお金が目的だったのだろう。
申し訳ないとの思いがあるのなら、弟に手を合わせてほしい。
筧勇夫さんの妹
兄は筧千沙子被告を信じ切っていたと思う。
悲しいというより無念。
虫を殺したかのように、法廷で淡々と自白している被告を許すことはできない。
被告は一刻も早く筧の姓を捨ててほしいし、最も重い刑罰を与えてほしい。

他の被害者3人の遺族は地裁に「極刑を望みたい」と求める書面を提出し、中川綾子裁判長が心境をつづった文書を代読した。

本田正徳さんの兄
弟は筧千沙子被告との結婚を本当に喜んでいた。
一日も早くこの世から消えて欲しい。
末広利明さんの長女
(極刑が妥当だと思うが)残りの人生で、被害者の冥福を祈る時間を与えることも必要では。

それぞれの意見を述べる筧勇夫さんの遺族を、筧千沙子被告は落ち着かない様子で見つめており、陳述前には周囲に

筧千沙子被告
裁判に行くのは気が重い。
 
 
スポンサーリンク



 
 

10/10 筧千沙子に求刑死刑!検察側の全体の論告求刑

 


 

青酸連続不審死事件の筧千沙子

検察側が死刑を求刑した10日、入廷した被告のシャツに目を見張った。

明るい黄緑色。

6月26日の初公判以降、黒やグレーの地味な装いがほとんどだった。

極刑が予想された求刑を前に、服選びに気が回らないほど余裕を失っていたのだろうか。

筧千沙子被告の裁判員裁判が京都地裁(中川綾子裁判長)で行われた。

本日は注目の一審の論告求刑である。

検察側は最終論告で「まれに見る凶悪、重大な事件だ」と述べ、死刑を求刑した。

検察官
自らの命をもって償わせるほかはない。

筧千沙子被告は、夫や交際相手の男性に対する殺人3件と強盗殺人未遂1件の罪で起訴されていた。

起訴状などによると、2007年12月~2013年12月にかけ、遺産目的や預かったお金の返済を免れる目的で夫の筧勇夫さん(当時75)や、交際相手の本田正徳さん(71) 末広利明さん(79) 日置稔さん(75)青酸化合物を飲ませて殺害、または殺害しようとしたとされる。

検察側は論告で、筧千沙子被告が処分したプランターから青酸が入った袋が見つかったことを根拠に、「筧千沙子被告は青酸との接点があった」と強調した。

4件の被害者がいずれも筧千沙子被告と一緒にいた直後に倒れており、3件で被害者が死亡した直後にさっそく金庫を解錠して遺産を手に入れたといった共通点を挙げたうえで「被告が犯人でなければ説明できない」と主張した。

筧千沙子被告は計5回の被告人質問で「私があやめたと思う」などと犯行を認めた一方で「殺すメリットがない」などとも述べ、発言が二転三転していたため、弁護側は、被告は認知症で訴訟能力もないとして全面無罪を訴えている。

検察側から死刑が求刑された瞬間も筧千沙子被告は表情を変えることもなく、机に両ひじをついたまま、淡々と検察官の話を聞いていたという。

検察側は論告で、4事件の共通点として「遺産目当てや借金返済を逃れる目的で青酸化合物を飲ませた。手口は巧妙で卑劣」と指摘。

認知症については「軽症で認知機能の低下は著しくない」として責任能力や訴訟能力があると主張している。
 

10/11 弁護側の最終弁論

 


 
本日は弁護側の最終弁論があり、改めて被告の無罪を主張した。

起訴状によると筧千沙子被告は夫と交際相手・計4人に青酸化合物を飲ませて殺害したなどとして、3件の殺人と1件の強盗殺人未遂の罪に問われている。

10月11日の最終弁論で、弁護側は「4つの事件すべてで被告が殺害したという証拠はなく、病死や事故、自殺の可能性を否定できない」としたうえで、「証言は誤った記憶に基づいたもので、信用できない」と述べ、改めて無罪を主張した。
 

10/11 筧千沙子被告の最後の意見陳述「私から言うことはない」

筧千佐子被告は弁護人による弁論の間は終始口を開かなかった。

被告の意見陳述では、筧千佐子被告はA4サイズの書面を1枚持って速足で証言台に進み、書面を読み上げた。

筧千沙子被告
すべて弁護士に任せていて私から言うことはありません。以上です。

その後、裁判官らに3度お辞儀をして退廷した。

筧千沙子被告の一審は本日10月11日で結審し、判決は11月7日に言い渡される。
 
 
スポンサーリンク



 
 

[via]朝日新聞 読売新聞 毎日新聞 産経新聞 週刊新潮 週刊文春   戦後ニッポン犯罪史   日本凶悪犯罪大全   戦後事件史データファイル   現代殺人事件史   昭和・平成 日本の凶悪犯罪100   殺しの手帖   日本殺人巡礼