【青酸連続不審死まとめ】筧千佐子(かけひちさこ)の生い立ちと裁判

かけひちさこ 筧千佐子 裁判

筧千沙子 青酸連続不審死via:ann

①筧勇夫さん殺害の公判 2017.6.26~7/18
 

②本田正徳さん殺害の公判 2017.7.31~2017.8.9
 

③末広利明さん 強盗殺人未遂事件の公判 2017.8.25~9.6
 

④日置稔さん殺害の公判 2017.9.19~
 

筧千佐子の初公判!

京都・大阪・兵庫で起きた青酸連続不審死事件で、筧千佐子(かけひ・ちさこ)被告(70歳)に対して、今日、高齢男性4人への殺人容疑にかかる裁判員裁判の初公判が 京都地方裁判所で開かれました。

京都地裁の101号法廷。

筧千佐子被告のいでたちは、紫色のTシャツにひざまでのズボン姿。

落ち着いた様子で法廷内をぐるりと見回したあと着席。

逮捕されたのが2014年11月なので2年7か月もの勾留生活を送っている筧千佐子被告は、逮捕前にテレビで見かけたときには綺麗に白髪染めされていた頭が だいぶ白髪交じりになり、耳も遠くなったため、裁判所職員からヘッドホンを渡されていたそうです。

裁判官から「本籍は?」と尋ねられた時に 筧被告は思い出せずに苦笑いしていたそうです。

離婚歴や死別は本籍を移動することで消えてしまうので、そのシステムは後妻業をするときに便利だったでしょうね。

本籍はおそらく最後の夫と一緒なのでしょうけれど、思い出せないというのはボケたふりをしたか、ひと月しか結婚生活をしていなかったから忘れてしまったか・・・のどちらかのような気がします。

どうなるんでしょうか、この裁判。

個人的には 筧被告は意外とゆったりと構えているように感じるんですが。

検察側は筧千佐子被告が処分したプランターの中から出てきたポリ袋から検出された青酸化合物や、死後に遺産を受け取っていたことなどの間接証拠を積み上げて立証するなど、直接証拠が少ない中での立件は やや難しい裁判になると思われます。

夫の筧勇夫さん以外は死亡当時に事件性がない病死として扱われていました。

司法解剖して血液から青酸が検出されているのはこの中の2事件のみです。
 
 スポンサーリンク



 
 

筧千佐子被告の生い立ちと子ども

筧千佐子被告は佐賀県生まれ。育ちは福岡県北九州市。

県立東筑高校に進み 九州大への進学を勧められたこともありましたが 親の反対で進学を断念し、都市銀行に就職。

東筑高校は高倉健さんの母校でもあり、京大や東大などへの高い進学率を誇る名門校です。

1969年に初めて結婚し、最初の夫とは大阪府貝塚市でプリント工場を営んでいたといいます。

筧千佐子には子どもが2人。息子と娘がいます。

1994年に夫が病死してから、印刷工場を引き継ぎますが経営不振から廃業し、多額の借金を抱えます。

そしてその後は「後妻業」に転身。

結婚したり交際をした相手は10人以上。

利用した結婚相談所も10か所以上。

手に入れた額は10億円を超えるといわれています。

この事件を知ったときに娘さんの方は卒倒したという話もありますが・・・

筧千佐子被告が娘名義で購入した高級マンションがあったりしますから、長女が母親の素行を全く知らなかったとは考えづらい気もしますが…個人的には。

青酸連続殺人の初公判の様子

傍聴希望者が長蛇の列!

京都地裁で最も広い101号法廷で初公判が行われました。

傍聴券受付締切りの午前9時半までに、一般傍聴席58席に対し614人が長蛇の列を作ったそうです。

あれだけの事件ですから、世間の関心の高さもうなづけます。
 

青酸連続不審死事件の起訴状

2012~13年、夫の筧勇夫さん(当時75歳)交際相手の本田正徳さん(当時71歳)日置稔さん(当時75歳)に 青酸化合物を飲ませて殺害、2007年には、交際相手の末広利明さん(当時79歳)に青酸化合物で殺害を図った、としています。

青酸連続不審死事件の主な争点

■被害者の死因が青酸化合物によるものかどうか

■自白の信用性は高いのか

■事件当時の筧千佐子被告の責任能力の有無

罪状認否

筧千佐子(書面読み上げ)
すべて弁護士に任せてあります。以上。

 
 
スポンサーリンク



 
 

弁護側の主張

筧被告は捜査で「カプセル入りの青酸を飲ませた」と自白しているにもかかわらず、弁護側は4事件とも無罪を主張すると同時に、筧千佐子被告が軽度の認知症であることから こう主張。

弁護士
被告は認知症を発症している。

直前のことも事件のことも記憶はなく、事件当時も物事の善悪を判断し、判断に従って自分をコントロールできない状態だった。

法廷でも自分の権利を守るために何をしていいのかわからず、裁判を受けることができない状態だ。

弁護士
被告は犯人ではない。

4人の被害者が、本当に青酸を飲まされて亡くなったり体調が悪くなったりしたのか、事件性について大きな疑問がある。

被告が4人について死んでほしいとか、死んでもかまわないと考えたことは一切なく、殺意もない。

京都地方裁判所は昨年、筧千佐子被告に対して精神鑑定を実施しており、善悪を判断する能力や訴訟を続ける能力には問題がないとされています。

なので弁護側は自白の信用性や任意性、認知症に伴う訴訟能力などを含めて全面対決の構えでいます。

検察側の冒頭陳述

検察官
4事件とも遺産相続などを目的に高齢男性を毒殺するなどした
検察官
■相手は独身だった高齢男性である 

■千佐子被告は相続など事件で利益を得る立場にあった

■千佐子被告が事件発生時に一緒にいた

■殺人3件の死因は青酸中毒だった

検察官
事件直後に業者を呼び、自宅金庫の鍵を開けさせ、遺産計3470万円以上を手にし、借金返済を免れて利益を得ていた
検察官
千佐子被告が処分した自宅のプランター内の袋から微量の青酸が検出された
検察官
事件前、2人の被害者には公正証書遺言をつくらせており、被告による遺産を狙った犯行であることは明らかだ。
検察官
被告は借金を抱え、4度の結婚や見合いを繰り返し、一連の事件を起こした

検察側の証人は 筧千佐子被告の見合い相手を含む50人以上出廷する予定です。

 
スポンサーリンク


被害者4人について

青酸連続不審死事件
via:産経ニュース

被害者4名の共通点

被害者4人とも死亡当時に健康面に問題もなければ、自殺する理由もなかったとされています。

そして結婚相談所を介して筧千佐子被告と知り合い、交際または結婚を経て 数年内に亡くなっています。

最後の被害者筧勇夫さんに関しては、結婚後1か月で亡くなっています。

筧勇夫さん(当時75歳・京都府在住)

筧勇夫さんは大手電機メーカーに約40年勤務していました。

妻と娘を亡くして独り身だったため結婚相談所を介して筧千佐子被告と知り合い、平成25年11月に結婚し、12月に死亡。

本田正徳さん(当時71歳・大阪府在住)

元・船の機関長で、寡黙で真面目な「海の男」だった本田さんは、健康を気遣って連日スポーツセンターに通っていたそうです。

平成22年10月頃に結婚相談所を介して筧千佐子被告と交際し始め、平成24年3月に死亡。

末広利明さん(当時79歳・兵庫県在住)

健康に気を付けていて「150歳まで生きる」と豪語していた末広さんは、平成17年に結婚相談所を介して筧千佐子被告と出会い、平成21年5月に死亡。

ですが末広さんだけは殺害されておらず、強盗殺人未遂罪で筧千佐子被告を起訴しています。

他の三人に関しては 筧千佐子被告が殺害した容疑による「殺人罪」での起訴となっています。

筧千佐子被告には株式投資という名目で約4000万円貸していました。

日置稔さん(当時75歳・兵庫県在住)

内装関係の職人さんで平成24年10月頃、結婚紹介所を介して筧千佐子被告と出会い、平成25年9月に死亡。

交際中は筧被告と旅行に出かけていました。

青酸連続殺人事件・一審判決は11月7日

青酸連続不審死事件の判決は11月7日の予定です。

この裁判は135日間の長期審理で、状況証拠でどこまで立証できるかが焦点でしょう。

青酸化合物がプランターから出てきたものの、その入手ルートや筧千佐子被告とそれを結び付ける直接証拠が見つかっていないことから、検察側は状況証拠をひたすら積み重ねていくしかありませんし、弁護側はそこをついて無罪を主張してきます。

審理期間135日という長丁場の中で開廷予定は48回。

京都地裁は裁判員選任手続きで920人を選定し、補充を含めて12人(最大限)を選んだ裁判員裁判、今後もその行方を見守ります。
 
 

筧千佐子(かけひちさこ)の裁判員裁判 ①筧勇夫殺害編 青酸連続殺人


 

筧千佐子(かけひちさこ)の裁判 ②本田正徳殺害編 青酸連続不審死


 
 
 
スポンサーリンク


        [via]   戦後ニッポン犯罪史   日本凶悪犯罪大全   戦後事件史データファイル   現代殺人事件史   昭和・平成 日本の凶悪犯罪100   殺しの手帖   日本殺人巡礼