本サイトには広告が含まれます
PR

【沖縄の海洋散骨】故人の意思を尊重し名護湾に回帰した叔父の海洋葬

散骨は太古から行われており、仏教や神道でも「散骨をよくないこと」としていません。歴代天皇の中にも散骨された方がいます。散骨は、宗教・宗派・無宗教に関わらず、どなたでも自由に利用できる葬送方法です。
海洋散骨は、著名人の実施や法整備などを経て知名度が上がってきた。1987年に亡くなった俳優の石原裕次郎さんの葬送を巡っては、兄の慎太郎さんが「海が好きだったので太平洋に戻してやりたい」と発言。しかし、墓地埋葬法違反が懸念され、一度は取りやめられた。その後1991年に法務省が散骨を「違法ではない」との見解を表明し、死者の遺灰を大地や海に返す「自然葬」への社会的関心が高まった。2022年に亡くなった慎太郎さんの遺骨は葉山町沖で散骨された。 引用元:石原慎太郎さんも希望 故人との別れは大海原で和やかに…「海洋散骨」5年で2.5倍【読売新聞】

海洋散骨のメリット
  • 散骨にはあまりお金がかからず経済的。粉骨費用や散骨料金は掛かるものの、お墓を建てる費用の約10分の1程度の出費で済む
  • 墓の管理費はもちろん法事が不要 ※行ってもOK それは遺族の自由
  • 納骨しているお寺や霊園は破産することもあるが、散骨には無関係
  • 墓守り不要。今どき時代錯誤な男子継承の思想と決別できる
  • 海はつながっているので「海全体がお墓」の考え方から海を眺めるたびに故人に想いを馳せられる(いつでもどこでもお墓参り可能)
  • 海洋散骨では命日や年忌法要に、お墓まいり的に散骨地点までメモリアルクルーズに行く人が多い
海洋散骨のデメリット
  • お墓参りができない。お墓のような心の拠り所がない点が寂しく感じる人には散骨はおすすめできない ※遺骨を分骨してもらい、室内にメモリアルコーナーを設けたり、遺骨アクセサリーに入れて身に着ける「手元供養」をすれば心の拠り所ができ、寂しさの解決になることも。
  • 遺骨が残らない。それを残念に感じる人には散骨は不向き
  • いったん撒いてしまった遺骨は回収できない。
  • 海洋汚染を気にする人がいるが、きちんとした業者であれば、粉骨の時に有害な六価クロムを無害化する処理をしてから海洋散骨を行うので自然への悪影響はない。遺骨は最後はリン酸カルシウムとして自然回帰するのみ。問題なし。

【沖縄の海洋散骨】故人の意思を尊重し名護湾に回帰した叔父の海洋葬

沖縄の海洋散骨

40代男性 沖縄  故人は子どもがいない叔父で、私のことを実の子のように可愛がってくれた人です。

叔父が海洋散骨を希望したのは、亡くなる数年前にインド旅行に行ったのがきっかけでした。

インドは川沿いでご遺体に火入れを行いながら、みんなでその光景を見送ります。生々しい死に直面しますが、お墓や家系のしがらみがなく、火入れが済むとそのまま川へ散骨します。

その様子を叔父から「歩いている他人も一緒になって見送る姿勢に衝撃を受けた」と聞きましたが、そのときに「私も亡くなったら散骨にしてほしい」と頼まれました。

はじめのはうち「冗談かな?」と思って聞いていましたが、コロナの流行に伴ってインドでの話が現実味を帯び始めました。叔父がガンになり余命を宣告されたとき、散骨の希望を表明したのです。

他の親類は散骨に大反対して大変でしたが、人が集まれない流れから、本人の意思を尊重することに決まりました。

沖縄の海洋散骨

2022年3月某日、チャーターした船に乗り込んだのは、コロナ禍の影響から私を含めた4名。散骨海域は沖縄の名護湾。当日はとても天気が良く、ほどよい温かさで絶好の海洋散骨日和でした。

はじめは「少し寂しい葬儀かな?」と思っていましたが、そんなことはなかったです。時節柄、大々的な葬儀ができる状況ではなかったですし、本人の希望通りなので、とても有意義な時間を過ごせたと思います。

また、沖に出て散骨するまでの間に、たっぷりと思い出に浸る時間があったのも良かったです。

沖縄の海洋散骨

粉末化した遺骨が沈みながら波間にふわりと広がっていく様子を見ながら、献花・献酒とともに祷りを捧げているうちに、自分の中で気持ちの整理がつき、心が穏やかになっていくのが感じられました。

日本人は散骨の文化が少なく、日常で骨を見る機会がありません。そのため散骨は鮮烈に記憶に残りますし、骨に触れることによって故人との一体感を感じられた…そんな思いがしました。

海を見るたびにお墓参りしている気持ちになるので、いつでも心の中で叔父に会えますし、見守ってもらっている安心感さえ感じられます。

沖縄の海洋散骨

海洋散骨は、自然と一体化することで、繋がっている人類の起源に回帰できる気持ちになります。

それに、一度海洋散骨を体験すると、お墓参りへの考え方や習慣がガラリと変わります。

海を見るだけで故人をいつでも思い出せ、身近に感じられる点が良いところですし、自分が亡くなった時に散骨してもらえば海で再会できる気分になるので、死が怖くなくなります。

費用面も安いし、変なしがらみがないのも、海洋散骨のメリットです。夫や妻と一緒のお墓に入りたくない人や、お墓問題のトラブルを抱えている人は、海洋散骨が向いていると思います。

どうしようか?と迷っている方がいたら、自分なら間違いなく散骨をオススメします。

【みんなの海洋散骨】沖縄エリアの海洋散骨

沖縄の海洋散骨

沖縄県での海洋散骨(乗船・代行)

那覇市西3丁目20  那覇市港町1丁目

【みんなの海洋散骨】全国海域に対応した人気の優良海洋散骨業者

みんなの海洋散骨料金は粉骨費用込み。土日祝同一料金。プランニング後の追加費用は一切ありません。
 
散骨海域は全国対応。散骨実施都道府県は29。出航場所は43カ所あります。地方の海洋散骨もお問い合わせください。
 
貸切乗船散骨はもちろん、お客様が乗船せず散骨を委託する散骨代行プラン、複数組の乗り合わせでリーズナブルな合同乗船プランも人気です。
 

【シーセレモニー】沖縄エリアの海洋散骨

沖縄の海洋散骨

シーセレモニーの沖縄での散骨エリアは、那覇市の沖合か石垣島の沖合から選べます。

沖縄エリアの海洋散骨

海洋散骨 シーセレモニー :貸切乗船散骨とペット散骨はココがイチオシ!

自社所有のクルーザーと桟橋を使用した海洋散骨ですので、相場よりもかなり安く貸切散骨を行えます。
 
「ペット散骨プラン」で故人とペットを一緒に散骨できます。
 
精進落としプランがあるので、故人やペットを偲びながら船上の会食やお別れ会もOK!命日や年忌に散骨ポイントをお参りするメモリアルクルーズもできます。