本サイトには広告が含まれます
PR

海洋散骨の流れとセレモニーを美しい記念日にする8つのポイント

海洋散骨の流れとセレモニーを美しい記念日にする8つのポイント

海洋散骨は、故人の遺骨を海に還すことで、自然との一体化を感じさせる新しい供養の方法です。この方法は、従来の墓地への埋葬とは異なり、環境への配慮とともに家族の負担を軽減する選択肢として注目を集めています。しかし、多くの方が初めての経験となるため、その具体的な流れや手続きに不安を感じることも多いでしょう。

この記事では、海洋散骨の問い合わせから契約までの流れをはじめ、送骨や粉骨から実際の散骨当日までの手順を丁寧に解説します。また、セレモニーの内容や船の選び方、船酔い対策、安全性についても詳しくご紹介します。さらに、散骨にふさわしい服装や、花の使い方についてのポイントもお伝えしますので、安心して海洋散骨の準備を進めていただけます。

安らかな供養を実現するために、具体的な方法や注意点をしっかりと押さえ、故人を偲ぶセレモニーを心温まるものにしましょう。続きでは、詳細なステップや実践的なアドバイスをご提供しますので、ぜひご一読ください。

海洋散骨の流れと手順4ステップ
海洋散骨を執り行うタイミングは?
海洋散骨の最適な時期は?
海洋散骨が美しい時間帯は?
冬の海洋散骨の魅力
海洋散骨の船の選び方
散骨クルーズの船酔い対策
海洋散骨にふさわしい服装の選び方
海洋散骨の花の使い方と注意点

海洋散骨の流れと手順4ステップ

海洋散骨は、大切な故人のご遺灰を海にまくことで自然と一体になることを願う新しい葬送方法です。環境問題や墓地不足をふまえ、多くの方が海洋散骨を検討しています。ここでは、海洋散骨の流れや手順、具体的な方法についてわかりやすくご説明します。

お問い合わせから契約までの流れ

お問い合わせ~契約
  • STEP1
    お問い合わせ
    電話やメールで海洋散骨業者に連絡し、基本的な情報や費用について確認します。
  • STEP2
    打ち合わせ
    業者との面談やオンライン相談で具体的なプランやご希望を話し合います。
  • STEP3
    お見積り
    ご希望に基づいた正式な見積もりを受け取ります。
  • STEP4
    仮予約
    日程とプランが決まったら仮予約を行います。
  • STEP5
    契約
    正式に契約を結びます。予約金の支払いもここで行われます。

粉骨から海洋散骨前日までの流れ

送骨~粉骨~散骨前日
  • STEP1
    送骨
    業者にご遺骨を送付します。専用の送骨キットを利用することが多いです。
  • STEP2
    粉骨作業
    業者がご遺骨を細かく粉骨し、散骨に適した状態にします。粉骨作業は通常1週間程度かかります。
  • STEP3
    保管
    散骨日までご遺骨は業者にて安全に保管されます。
  • STEP4
    日程の確定
    天候状況などを考慮し、散骨日が確定されます。
  • STEP5
    最終確認
    散骨前日に最終確認を行い、必要な準備が整っていることを確認します。

【個別乗船散骨】海洋散骨当日の流れ

散骨当日
  • STEP1
    集合
    指定された港や桟橋に、予約した時刻に集合します。
  • STEP2
    受付~乗船
    業者のスタッフが受付を行い、参加者の確認と簡単な説明を行います。
  • STEP3
    船上での移動
    桟橋から散骨場所まで船で移動します。この間に故人の思い出を語ったり、静かに故人を偲ぶ時間を持ちます。
  • STEP4
    散骨場所到着
    散骨ポイントに到着し、船の準備が整い次第、散骨のセレモニーが開始されます。

代行散骨プランの場合、当日には業者が遺骨を預かっていますので、そのままスタッフによる海洋散骨が執り行われます。遺族が出航場所まで駆け付けて、故人の最後のお見送りができる業者もあります。

海洋散骨のセレモニーの流れ

散骨セレモニー
  • STEP1
    セレモニー開始
    業者のスタッフがセレモニーの進行を開始し、希望に応じて宗教儀式や音楽を流すことができます。
  • STEP2
    散骨
    遺族がご遺灰を海に撒く儀式を行います。あわせて献花・献酒・献水やおくり鳩を流すのも一般的です。
  • STEP3
    黙祷とお別れ
    散骨後に全員で黙祷を捧げ、故人との最期のお別れをします。船鐘を鳴らします(十点鐘)
  • STEP4
    セレモニー終了
    帰港します。
  • STEP5
    船上会食(オプションプラン)
    セレモニー後、船上で会食を行うオプションプランを提供している業者もあります。会食メニューや内容は事前に選択することができます。

散骨セレモニー終了後に散骨証明書が届きます。写真や映像をいっしょにもらえる業者もあります。

海洋散骨の流れと手順をしっかりと把握することで、不安なくセレモニーを進めることができます。大切な故人が自然と一体になる瞬間を心に刻むために、しっかりとした準備と信頼できる業者選びが重要です。

海洋散骨を執り行うタイミングは?

海洋散骨を考える際、タイミングはとても重要です。環境条件や故人・家族の意向に合わせ、適切な時期を選ぶことが必要です。季節や特定の日、年忌など、さまざまな選択肢があるため、それぞれの状況に応じて最適なタイミングを見つけましょう。ここでは、具体的な海洋散骨のタイミングについて解説します。

季節ごとの最適なタイミング

季節ごとに海洋散骨の実施に適した時期があります。春や秋は気候が安定しており、海も穏やかなことが多いため、実施しやすい季節です。特に春は新しい始まりを象徴し、多くの人々に好まれるタイミングとなっています。

一方、夏や冬は天候が変わりやすく、海の状況も不安定になることがあるため注意が必要です。たとえば、夏は台風の影響を受けやすいので、事前に天気予報を確認しておくことが大切です。また、冬は寒さや風の強さが問題となることがあるため、装備に注意して計画を立てましょう。このように、季節ごとの特徴を考慮することで、快適な海洋散骨のタイミングを選ぶことができます。

年忌や節目を考慮したタイミング

故人を偲ぶために、年忌や特別な節目を海洋散骨のタイミングとして選ぶのも一つの方法です。特に一周忌や三回忌など、重要な年忌は親族が集まりやすく、故人への敬意を表する良い機会となります。また、節目のタイミングで海洋散骨を行うことで、家族や友人にとっても忘れがたい思い出となるでしょう。

この際、故人が好きだった季節や時期を考慮することも、より意義深いものとなります。年忌や節目に合わせた海洋散骨を計画することで、故人を偲ぶ大切な時間を過ごすことができるでしょう。

故人の希望に合わせたタイミング

故人の希望に合わせたタイミングで海洋散骨を行うことは、最も重要な選択肢の一つです。故人が生前に希望していた特定の誕生日や命日は、特に意義深い日となるでしょう。

たとえば、故人の誕生日に海洋散骨を行うことで、その日が毎年の記念日として家族にとっても特別な日となります。また、故人が重要視していた結婚記念日や他の特別な日を海洋散骨のタイミングとして選ぶことも考えられます。

このように、故人の意向を尊重し、特別な日を選ぶことで、故人への感謝の気持ちをしっかりと伝えることができます。さらに、家族や親しい友人にとっても、心に残る大切な時間となるでしょう。

海洋散骨の最適な時期は?

海洋散骨は自然の中で故人を見送る新しい葬儀スタイルとして注目されています。適切な時期を選ぶことで、よりスムーズに、そして安全に散骨を行うことができます。この文章では、春、夏、秋、冬の各季節ごとに、海洋散骨の特徴や注意点を詳しく紹介します。

春の海洋散骨

春の海は温暖な気候で、花々が咲き誇る美しい季節です。桜の花びらが海に舞い落ちる光景は、故人への愛情や想いを託すのにぴったりです。気候が安定しているため、波も穏やかで、船上での散骨も安心して行えます。春休みを利用して家族で参加することもできますので、遠方からの参列者も集まりやすいでしょう。

夏の海洋散骨

夏は太陽の光が海を美しく照らす季節で、青い海と空が広がります。この季節の海洋散骨は気温が高く、外での活動が気持ちよい反面、注意が必要です。特に日焼けや熱中症対策として、帽子や日焼け止め、十分な水分補給が欠かせません。また、観光シーズンと重なるため、事前にスケジュールをしっかりと調整することが求められます。

秋の海洋散骨

秋は涼しく過ごしやすい気候で、紅葉が美しい季節です。海も比較的穏やかで、風が心地よく、散骨に適した時期と言えます。夏と比べて混雑も少なく、静かな環境で故人を偲ぶことができます。また、秋は台風シーズンでもあるため、天候の変化に注意して計画を立てることが大切です。必要な手続きを事前に確認し、安全対策を徹底しましょう。

冬の海洋散骨

冬は寒さが厳しい季節ですが、その分澄んだ空気と透明度の高い海が広がります。晴れた日には、海の美しさが際立ち、故人を思い出すのにふさわしい静けさがあります。しかし、寒さや風の強さにより、船の上での活動は困難になることがあります。冬の海洋散骨を検討する場合は、十分な防寒対策と天候の確認を徹底し、万が一に備えておきましょう。

海洋散骨が美しい時間帯は?

海洋散骨は、自然との調和や故人への思いを反映させたセレモニーとして、多くの人々に選ばれるようになっています。この特別な儀式をより美しく心に刻むためには、その時間帯にこだわるのもひとつの方法です。早朝や夕方といった時間帯には、それぞれ異なる魅力があります。ここでは、それぞれの時間帯における海洋散骨の魅力について詳しくご紹介します。

早朝の海洋散骨の魅力

早朝の海洋散骨には、日が昇り始める時間帯特有の清々しさが魅力です。まだ静けさの残る海の上で、朝日が水面に反射し、美しい光景が広がる瞬間は、故人への思いをより一層深く感じることができます。

この時間帯は一般的に風が穏やかで、波も穏やかなので、散骨を行いやすい環境が整います。早朝ならではの静謐な空気が、心を落ち着け、故人との思い出を振り返る時間を持つことができるでしょう。また、親しい友人や家族と共に、日の出を迎える瞬間を共有することで、感動的な場面を作り出すことができます。

夕方の海洋散骨の魅力

夕方の海洋散骨は、夕日が沈みゆく時間帯に行うため、ロマンチックで感動的な雰囲気が広がります。太陽が水平線に沈みながら、空や海が美しいグラデーションに染まる光景は、故人への最後の別れを彩り豊かに演出します。

この時間帯は、赤やオレンジ色の美しい夕景が広がり、自然の大いなる力を感じられる特別な時間です。また、夕方の散骨は一日の終わりを象徴するため、故人の人生の締めくくりとしてふさわしい瞬間を過ごすことができます。静かな海と美しい夕空に包まれながら、感謝と愛の気持ちを込めて故人を送り出すことができるでしょう。

冬の海洋散骨の魅力

本来、海洋散骨には向かない季節ですが、冬の海洋散骨には多くの魅力があります。プライベートな空間を確保しやすく、海と空のコントラストが一層美しく、心に残る散骨が叶います。

冬の海洋散骨の魅力とは?

富士山を見ながら海洋散骨

冬の海洋散骨には特有の魅力がいくつかあります。まず、冬は空気が澄んでいるため、視界がクリアで海が一層きれいに見えます。また、赤潮の発生が少ないため、海が青く美しい状態であることが多いです。

さらに観光客が少ないため、静かで落ち着いた環境で散骨を行うことができます。特に冬の澄んだ空気の中で見る夕陽や朝日は感動的で、海とのコントラストが際立ち、一生の思い出になります。

冬の海洋散骨に適した船舶

海洋散骨

冬場の海洋散骨に適した船舶選びも重要です。中型以上の船舶であれば、波が高い日でも安定して航行でき、安全性が高まります。また、船内に暖房設備が完備されていることが必須です。暖かい環境でリラックスして散骨を行うことができます。さらに、外に出た際にも風を防げる屋根付きのデッキがあると、寒さに煩わされることなく美しい景色を楽しめます。

冬の海洋散骨に適した服装

冬の海洋散骨を行う際には、防寒対策が必要です。厚手のコートやジャケット、手袋、マフラーでしっかりと寒さをしのぎましょう。また、海洋散骨にはライフジャケットの着用が義務付けられているため、できればその上からも着られるゆとりのある服装がお勧めです。船上は風が強く感じることがありますので、風を通しにくい素材の衣服が適しています。快適な服装で安心して故人を送り出しましょう。

冬におすすめの散骨スポット

冬の海洋散骨においても、美しい景色と静寂を兼ね備えたスポットがたくさんあります。特に人気があるのは、冬でも波がおだやかな内湾や、遠くの山々が見える岬周辺です。東京湾、相模湾、駿河湾、瀬戸内海、宮古島周辺などがおすすめです。

東京湾 首都圏に近く、アクセスが便利。冬の澄んだ空気で美しい景色が楽しめる。 多くの散骨業者がサービスを提供しており、安心して利用できる。

相模湾 神奈川県に位置し、富士山の絶景を背景に散骨ができる。冬のクリアな天気が魅力。 鎌倉や湘南エリアからのアクセスも良好。

駿河湾 静岡県に位置し、冬の季節でも穏やかな海が多い。富士山の景色が美しい。 伊豆半島からの出航が一般的で、観光も兼ねられる。

瀬戸内海 岡山県や広島県など多くの県に接しており、波が穏やかで散骨に適している。冬でも比較的温暖。小豆島や直島など、観光スポットも多い。

宮古島周辺 沖縄県の離島。冬でも温暖な気候が特徴。透明度の高い美しい海が広がる。

故人が生前愛した場所であれば、その場所はなお一層特別な意味を持ちます。安全性とアクセスの良さも考慮しながら選びましょう。

冬の海洋散骨を円滑に進めるコツ

冬の海洋散骨を円滑に進めるためには、事前の準備と計画が大切です。天候が変わりやすい季節なので、数日前から天気予報をチェックし、悪天候が予想される場合は予備日を設定しておくと安心です。

また、船舶会社や散骨業者との詳細な打ち合わせを行い、当日の流れを確認しておきましょう。寒さ対策を万全にし、必要な物品をリストアップして忘れ物がないようにすることも重要です。

海洋散骨の船の選び方

引用元:シーセレモニー
海洋散骨を行う際、使用する船は重要な要素となります。家族の遺言や希望を尊重しつつも、安全性や快適性、セレモニーの実施方法を考慮することが求められます。船の種類やサイズ、設備などを理解して、最適な船を選ぶことが、故人を尊重する一歩となります。

散骨船(散骨専用船)とは?

引用元:シーセレモニー
散骨専用船とは、海洋散骨を円滑に進めるために設計された船です。

散骨専用船を利用するメリットは  安全性の確保  セレモニーが行いやすい設備を備えていること(遺骨を撒くためのデッキやセレモニーを行うスペースなど)  快適な空間(十分な座席や休憩スペース)で家族が故人に最後のお別れをすることができる …などが挙げられます。

専門のスタッフによるサポートも充実しており、初めての海洋散骨でも安心して任せられます。

海洋散骨に適した船の種類

海洋散骨に適した船には、小型船から大型船までさまざまな種類があります。

小型船 5~10人程度。プレジャーボート、フィッシングボートなど
中型船 10〜20人程度。セレモニースペースが確保されている。クルーザー、小型ヨットなど
大型船 20人以上。広いデッキや室内スペースがある。大型ヨット、フェリー、観光船など

小型船は、少人数でのプライベートなセレモニーに適していますが、天候による揺れや安全面に注意が必要です。

中型船や大型船は、揺れが少なく快適な空間を提供するため、家族や親族が集まる場合にはおすすめです。また、設備も充実しており、セレモニーを行うためのスペースや飲食の提供が可能です。

海洋散骨に中型船以上ががおすすめな理由

引用元:シーセレモニー

船の揺れが少ないため、参加者が酔いやすい場合も安心
快適な気温管理が可能であり、季節や天候に左右されにくい
会食スペースが設けられていることが多く、船上で参加者が故人を偲ぶ時間を共有することができる。

設備が充実しているため、故人の遺言に従ったセレモニーをスムーズに進行できる点も大きな魅力です。

散骨クルーズの船酔い対策

海洋散骨

海洋散骨は故人の遺志を尊重する新しい形の葬儀方法として注目されています。しかし、船に乗るという特性上、船酔いの心配があります。ここでは船酔いを防ぐ対策と海洋散骨の安全性について詳しく解説します。

船酔いを防ぐための対策と準備

船酔いは、船の揺れによって引き起こされることが多いため、対策が必要です。まず、乗船前に十分な睡眠を取ることが重要です。次に、乗船前の食事は軽いものを選びましょう。脂っこい食べ物やアルコールは避けることをお勧めします。また、船の中央付近や揺れの少ない場所に座ることで船酔いを軽減できます。

さらに、船酔い防止の薬を事前に用意しておくと良いでしょう。市販の船酔い防止薬は、多くの場合、出航の30分前に服用することで効果を発揮します。海洋散骨のセレモニーに集中できるよう、万全の準備を行いましょう。

船酔いが心配な場合の対処法

もし船酔いが心配な場合は、いくつかの対処法があります。まず、乗船前に軽度の運動をすることで血行を良くし、体調を整えることが有効です。また、乗船中は水平線や固定された点を見つめると、揺れを感じにくくなります。新鮮な空気を吸うためにデッキに出ることも効果的です。

さらに、海洋散骨のプランを選択する際、短時間のプランや大きいサイズの船を選ぶことで、船酔いのリスクを減らすことができます。船酔いが悪化した場合には、無理をせず休むことが大切です。家族と共に安全で快適な散骨を実現するために、これらの対処法を参考にしてください。

海洋散骨にふさわしい服装の選び方

海洋散骨は故人の遺言や希望に基づき、海へ遺灰を散布する方法の一つです。多くの人が思い描くセレモニーとは異なり、海洋散骨では平服が推奨されています。なぜなら、散骨場所までの船旅が伴うことや、海上の環境に適した服装が求められるためです。こちらでは、具体的な服装の選び方について解説します。

海洋散骨の服装の基本は動きやすい平服

海洋散骨セレモニーに参加する際、基本的には動きやすい平服が最適です。船上では足元が不安定になることが多いため、スニーカーやローヒールの靴を選ぶと安心です。また、長時間の船旅が予想される場合は、風を通さない軽い上着や、風よけの帽子を持参すると良いでしょう。

ライフジャケット(救命胴衣)の着用が義務付けられていることに加えて、海洋散骨の流れによっては待ち時間や立ちっぱなしになることもあるため、快適で機能的な服装が求められます。

海洋散骨に喪服を避けるべき理由

海洋散骨においては、喪服を避けることが推奨されています。その理由は船上での動きやすさももちろんありますが、社会的マナーによるところが大きいです。

桟橋や海辺は、多くの人々がレジャーやリラクゼーションを楽しむために訪れる場所です。レジャーエリアでは他の利用者と調和することが重要ですが、喪服は周囲の人々には悲しみや重苦しい雰囲気、違和感を与えることがあるため、喪服は避けることが推奨されます。

海洋散骨に僧侶が同行する場合でも、まずは普段着で乗船し、セレモニーに合わせて法衣に着替えることが一般的なのです。海洋散骨の場面では、周囲の人へのそういった配慮が必要です。

防寒と日焼け対策のポイント

海洋散骨を行う際、季節や天候によっては防寒と日焼け対策が重要です。特に海上では風が強く、体感温度が低くなることがあるため、薄手のパーカーや暖かいインナーを用意しておくと安心です。

また、日焼け止めを使用し、サングラスや帽子を身に着けることで、肌や目を守りつつ、セレモニー中も快適に過ごすことが可能です。

海洋散骨の花の使い方と注意点

海洋散骨

海洋散骨は、生前予約や遺言によって故人の最後の希望として選ばれることが増えてきました。この方法は環境にも負荷が少なく、近年注目されています。海洋散骨の際に花を使うことが多いですが、その使い方にはいくつかの注意点があります。ここでは、海洋散骨のセレモニーで花を用いる際のポイントやマナーについて解説します。

海洋散骨で花を撒いて海上に花道を作る理由

海洋散骨のセレモニーで花を撒いて花道を作るのは、故人への敬意と追悼の意を表しています。故人を美しく送り出すという意味がありますから、故人が好きだった花や色を選ぶことで、特別な思い出を思い出しながら別れを告げることができるのです。

また、花道は故人の魂が安らかに海へ還ることを象徴しており、散骨の流れを視覚的に美化する効果もあります。このように花道を作ることは家族や友人が故人を敬い、最後を豊かに演出する一つの方法です。

海洋散骨で使用する花の種類と選び方

海洋散骨で使用する花は、生態系への影響を考慮することが大切です。自然に還ることができるものが理想的であり、バラやデンファレ(洋ラン)などがよく使われます。一般的に仏花にはバラは使われませんが、散骨では花びらのみ利用する場合がほとんどなので、バラを選んでも大丈夫です。

故人の好みや思い出に基づいて花を選ぶことも重要です。花によっては色や香りが異なり、それぞれに込められた意味が違います。散骨業者と相談しながら、最適な花の種類を選ぶことで、セレモニーがより感動的なものとなります。

海洋散骨のセレモニーで花を使う際のマナー

海洋散骨のセレモニーで花を使う際は、花びらだけを撒くのが一般的です。理由は、茎や葉が長時間海に浮かび、自然に戻る時間がかかるためです。

献花とはいえ、こういう撒き方では ごみ同様なのでNGです。

花びらを撒く際は、海の流れをよく観察し、風向きや潮の流れに配慮して行います。また、他の海洋生物や環境に影響を与えないよう、完全に自然な花材を使うことが求められます。

【海洋散骨の流れ】よくある質問

海洋散骨は環境に優しい方法として注目され、多くの人々に選ばれています。散骨セレモニーを希望される方やそのご遺族にとって、大切な瞬間をスムーズに進行するための情報をお伝えします。

天候が悪化した場合、散骨はどうなるのですか?

天候が悪化した場合、散骨はどうなるのですか?
天候が悪化した場合、安全を最優先に考えるため、海洋散骨は延期されることが一般的です。セレモニーの前日に最新の天気予報を確認し、予定通り実施できるかどうか決定します。もし、台風や大雨などで天候が悪い場合、業者が改めて日程を調整し、ご家族に連絡を取ります。予約時に天候が悪化した場合の対応を確認しておくと安心です。

船上で飲食は可能ですか?

船上で飲食は可能ですか?
船上での飲食については、各業者の方針により異なりますので、事前に確認しておくことが重要です。多くの場合、簡単なお茶や珈琲などが提供されることが一般的ですが、アルコールの持ち込みや摂取が制限されることがあります。散骨セレモニーの一環として、ご家族で軽食を準備するケースもあります。

船上でトイレに行く場合はどうすれば良いですか?

船上でトイレに行く場合はどうすれば良いですか?
大抵の船にはトイレが備え付けられていますが、事前に確認しておくことが重要です。長時間の航行となる場合は、特に気をつけてください。

海洋散骨で全部の遺骨を撒かなければいけないの?

海洋散骨で全部の遺骨を撒かなければいけないの?
海洋散骨で全ての遺骨を撒く必要はなく、一部を手元に残すことも可能です。粉骨した遺骨を分けて、ご家族の意向に応じて手元供養の一部として保持したり、異なる場所に納骨することができます。

散骨の際に感じることができる自然の音や雰囲気はどんなものですか?

散骨の際に感じることができる自然の音や雰囲気はどんなものですか?
海洋散骨では、自然の中で故人とお別れする特別な時間を過ごすことができます。波の音や風の音、海鳥の声など、自然の音が心を落ち着けてくれます。また、天候や時間帯によっては、美しい夕焼けや清々しい朝日を感じることもできます。こうした自然の雰囲気の中、散骨セレモニーを行うことで、故人への感謝の気持ちが一層深まることでしょう。

【海洋散骨の流れ】まとめ

この記事では海洋散骨の流れについて詳しく解説しました。海洋散骨は、環境問題や墓地不足といった社会的課題を解決するための一つの方法として注目されています。故人の遺志を尊重し、その一方で家族にとっても負担を軽減することができるこの方法は、多くの方にとって適した選択肢となるでしょう。

海洋散骨では、お問い合わせから契約、送骨、粉骨と進み、さらに散骨の前準備や当日のセレモニーに至るまで様々な手続きが必要です。この過程を知ることで、安心して進めることができるでしょう。

散骨当日のセレモニーでは、タイミングや時期、船の種類や散骨場所の選び方にも注意を払いましょう。中型船以上が推奨される理由や、セレモニーの際の服装、船酔い対策など細かな点もこの記事内で取り上げました。この記事が、海洋散骨を検討している方々にとって有益な情報源となることを願っています。経済的負担や人間関係の負担を減らし、故人の望みを尊重するために、ぜひ参考にしてみてください。

海洋散骨は、環境への配慮や経済的負担の軽減、場所にとらわれない自由さなど、多くのメリットがあります。環境に優しい選択肢として、土地を使用せずに自然に還る形で故人を送ることができます。また、費用面でも伝統的な墓地よりも負担が少なく、シンプルな儀式を通じて個人的で意味のあるセレモニーが可能です。さらに、継続的な管理が不要なため、遠方に住む遺族にも優しい選択です。特に海を愛した故人にとって、希望に沿った最適な方法として魅力的です。

海洋散骨業者3社の比較
当サイトでは日本海洋散骨協会に加入し粉骨工程で六価クロムの無害化処理までしっかり行っているおすすめ業者だけを紹介しています。
最新情報を必ずご確認ください
みんなの海洋散骨
シーセレモニー
ブルーオーシャンセレモニー
散骨場所
全国海域
国内44箇所
ハワイ・グアム
全国海域
ハワイ
個別散骨
242,000円~
メモリアルDVD付属
121,000円~
297,000円~
代行散骨
44,000円~
個別の代行委託散骨
55,000円~
55,000円~
合同乗船
132,000円~
165,000円~
165,000円~
ペット散骨
要問合せ
故人と同時散骨で
+16,500円~
乗船・代行あり
55,000円~
粉骨料金
プラン料金込
+33,000円
※代行散骨では
1柱分無料
+33,000円
土日祝日の
追加料金
なし
+33,000円~
船舶により異なる
+55,000円
小型船舶
定員10名以下
中型船舶以上
定員11名以上
別途お見積り
船上での飲食
(オプション)
要問合せ
船上会食の
プランあり
船上会食の
プランあり
メモリアルクルーズ
要問合せ
サイト内
紹介ページ
みんなの海洋散骨
シーセレモニー
ブルーオーシャンセレモニー
引用元
みんなの海洋散骨
費用相場
※火葬までの費用は除く
初期費用
維持費
後継者
宗教関係
法要
お墓
120~200万円
高い
高い
必要
高い
永代供養
3~100万円
低い
低い
不要
納骨堂
10~100万円
低い
不要
低い
手元供養
500円~60万円
低い
なし
必要
低い
海洋散骨
3~40万円
低い
なし
不要
問わない
自由
樹木葬
5~80万円
低い
なし
不要
低い
ゼロ葬
0円
なし
なし
不要
低い
なし
海洋散骨のやり方