本サイトには広告が含まれます
PR

【神奈川の海洋散骨】お墓を持たないと決めた家族の相模湾沖の海洋葬

散骨は太古から行われており、仏教や神道でも「散骨をよくないこと」としていません。歴代天皇の中にも散骨された方がいます。散骨は、宗教・宗派・無宗教に関わらず、どなたでも自由に利用できる葬送方法です。
海洋散骨は、著名人の実施や法整備などを経て知名度が上がってきた。1987年に亡くなった俳優の石原裕次郎さんの葬送を巡っては、兄の慎太郎さんが「海が好きだったので太平洋に戻してやりたい」と発言。しかし、墓地埋葬法違反が懸念され、一度は取りやめられた。その後1991年に法務省が散骨を「違法ではない」との見解を表明し、死者の遺灰を大地や海に返す「自然葬」への社会的関心が高まった。2022年に亡くなった慎太郎さんの遺骨は葉山町沖で散骨された。 引用元:石原慎太郎さんも希望 故人との別れは大海原で和やかに…「海洋散骨」5年で2.5倍【読売新聞】

海洋散骨のメリット
  • 散骨にはあまりお金がかからず経済的。粉骨費用や散骨料金は掛かるものの、お墓を建てる費用の約10分の1程度の出費で済む
  • 墓の管理費はもちろん法事が不要 ※行ってもOK それは遺族の自由
  • 納骨しているお寺や霊園は破産することもあるが、散骨には無関係
  • 墓守り不要。今どき時代錯誤な男子継承の思想と決別できる
  • 海はつながっているので「海全体がお墓」の考え方から海を眺めるたびに故人に想いを馳せられる(いつでもどこでもお墓参り可能)
  • 海洋散骨では命日や年忌法要に、お墓まいり的に散骨地点までメモリアルクルーズに行く人が多い
海洋散骨のデメリット
  • お墓参りができない。お墓のような心の拠り所がない点が寂しく感じる人には散骨はおすすめできない ※遺骨を分骨してもらい、室内にメモリアルコーナーを設けたり、遺骨アクセサリーに入れて身に着ける「手元供養」をすれば心の拠り所ができ、寂しさの解決になることも。
  • 遺骨が残らない。それを残念に感じる人には散骨は不向き
  • いったん撒いてしまった遺骨は回収できない。
  • 海洋汚染を気にする人がいるが、きちんとした業者であれば、粉骨の時に有害な六価クロムを無害化する処理をしてから海洋散骨を行うので自然への悪影響はない。遺骨は最後はリン酸カルシウムとして自然回帰するのみ。問題なし。

【神奈川の海洋散骨】お墓を持たないと決めた家族の相模湾沖の海洋葬

神奈川の海洋散骨

40代女性 神奈川 よく一緒に遊びに行っていた友人が突然亡くなり、共通の友人に問い合わせると、ご家族の意向で散骨が行われるとのこと。

彼女のご両親は高齢で、お兄さんは難病で長期入院中。海洋散骨は「お墓を作っても将来的に維持していくことが難しい」ことからの一家の決断だったと聞きました。

葬儀社が提携している散骨サービスでは、海の散骨と山の散骨が選べたそうですが、彼女のお母さまは海の散骨を選びました。

神奈川の海洋散骨

海洋散骨当日は肌寒い日で、4月なのに冬物のコートを着込んで行きました。

風雨で船は揺れましたが、立っていられなくなるほどではなく、軽く船酔いしたものの、なんとか最後まできちんとお別れをすることができました。

乗船したのは、故人のお母さまと私たち友人が8人。お父さまは認知症が進んで施設に入所中とのことで参加されませんでした。

私たちは相模湾沖で海洋散骨を行いました。「船は揺れるし、堅苦しくない装いのほうが故人も安らぐ」と有志の代表の事前連絡があり、皆がラフな格好で集まりました。

確かにクルーザーの甲板に出て散骨するときにスカートとパンプスでは踏ん張れませんから、これが正解でした。

私たちのクルーザーは平塚新港を出航し、かなり沖に出てから散骨の儀式が始まりました。

故人の好きな食べ物や飲み物を撒いてよいと言われていたので、私はチョコレートを持参していました。それぞれが何かしらを持ち寄り、散骨と一緒に少量を撒きました。

神奈川の海洋散骨

散骨が終わったとき、一緒に撒いた色とりどりの花びらがたくさん浮いていました。その周りを船が一周し、皆で手を合わせて別れを告げました。

散骨場所から少しずつ遠ざかって行くと「ああ、これで本当にお別れなんだな」と実感が湧いてきて涙が止まらなくなり、私はずっと甲板に残って、花が見えなくなるまでその方角を眺めていました。去りがたい気持ちでいっぱいだったのです。

参列者がホールで集まってバスに乗って港へ行き、船に乗って沖に出てお別れし、そしてホールに帰ってきて…という一連の流れによって、友人との別れに気持ちの整理がついたように感じました。

海洋散骨の経験はこれが初めてでしたが、自分が死んだとき、家族が海洋散骨で私を見送る選択をしたら「それもいいかな」と思える、すがすがしい体験となりました。

神奈川の海洋散骨

海洋散骨に参加する前は、まだ寒い季節だったこともあって、正直「冷たい海に散骨するの?」と少し心配に思ったり、お墓参りに行けないことを淋しく思ったりしましたが、

彼女の魂がここから天に帰っていくのなら、どんな弔い方でも同じなのだな…

…と散骨をしながら思いました。

墓じまいが増えている今の時代、「お墓を持たない」選択肢は悪くないと思います。

将来 誰もお参りにいかなくなったり墓守がいなくなったりでお墓が荒れていくよりは、海洋散骨のほうがずっとサバサバしている気がします。

海洋散骨で心をこめてお見送りをし、海を見るたびに思い出してもらえる方が、故人はうれしいのではないかと思うのです。

特に今回のことは、友人の家庭の事情が大変だったので、「海洋散骨」というお母さまの意向を尊重できてよかったのだと思います。

【みんなの海洋散骨】神奈川エリアでの海洋散骨

神奈川の海洋散骨

湘南エリアは天気が良ければ富士山をも望むことができ、幅広い世代に人気のある海域です。

神奈川エリアでの海洋散骨(乗船・代行)

湘南エリア  葉山エリア  横浜エリア

【みんなの海洋散骨】全国海域に対応した人気の優良海洋散骨業者

みんなの海洋散骨料金は粉骨費用込み。土日祝同一料金。プランニング後の追加費用は一切ありません。
 
散骨海域は全国対応。散骨実施都道府県は29。出航場所は43カ所あります。地方の海洋散骨もお問い合わせください。
 
貸切乗船散骨はもちろん、お客様が乗船せず散骨を委託する散骨代行プラン、複数組の乗り合わせでリーズナブルな合同乗船プランも人気です。
 

【シーセレモニー】神奈川エリアでの海洋散骨

神奈川の海洋散骨

横浜エリアの海洋散骨

湘南・江ノ島・葉山エリアの海洋散骨

横須賀・浦賀エリアの海洋散骨

真鶴・小田原・湯河原エリアの海洋散骨

海洋散骨 シーセレモニー :貸切乗船散骨とペット散骨はココがイチオシ!

自社所有のクルーザーと桟橋を使用した海洋散骨ですので、相場よりもかなり安く貸切散骨を行えます。
 
「ペット散骨プラン」で故人とペットを一緒に散骨できます。
 
精進落としプランがあるので、故人やペットを偲びながら船上の会食やお別れ会もOK!命日や年忌に散骨ポイントをお参りするメモリアルクルーズもできます。