鹿児島市松陽台町の公園で女子高校生刺傷事件

鹿児島女子高生刺傷事件

2018/1/7 鹿児島市松陽台町の公園で女子高校生刺傷事件

1月7日午後1時15分ごろ、鹿児島市松陽台町の公園で女子高校生(16歳)が腹部を刃物で刺されたと110番がありました。

現場は、JR鹿児島線の上伊集院駅から北に約500メートルの公園。
 


 
病院に搬送され、腹部などに複数の傷があり、けがの程度は不明ですが意識はあるということです。

女子高生
歩いていたら10~20代の男に刺された。
男に後ろをつけられ、振り向きざまに刺された。

女子高生によると、10~20代で身長160センチほど、上下とも黒い服の男に刺されたということです。

県警は傷害事件として捜査を始めました。

2018/1/11 現場から凶器と見られる刃物が見つかっていた

消防によると 被害に遭った女子高生には背中や腹など3カ所に刺し傷があり、1週間ほど入院を要するけがをしました。

捜査関係者によると 女子高生が見つかった公園では果物ナイフのような刃物が見つかっていたということで、警察は、事件に使われた凶器の可能性があるとみて、調べを進めています。

女子高生は「1人で歩いているところを見知らぬ男に刺された」と話していて、男は身長が160㎝ぐらい、中肉で眼鏡をかけ、黒っぽい服装をしていたということです。

警察は傷害事件として、引き続き100人態勢で捜査しています。

2018/1/14 ナイフの血液が被害者と一致

現場周辺で押収したナイフについた血液が被害にあった女子高校生のものと一致したことがわかりました。

1月14日で事件から1週間、警察は13日、現場周辺で犯行時刻と同じ時間帯に情報提供を呼びかける検問を行いました。

被害にあった女子高校生は「刺した男は現場から走って逃げた」と話しているということで、警察は14日も検問を行い、犯人の特定を急いでいます。

2018/1/20 鹿児島県内の15歳の男子中学生を逮捕「誰でもよかった」

鹿児島県警は1月20日、鹿児島県内の男子中学生(15歳)を殺人未遂と銃刀法違反の容疑で逮捕しました。

逮捕容疑は1月7日午後1時15分ごろ、鹿児島市松陽台町の公園付近で、持っていたナイフで鹿児島市内の女子高校生(16歳)の腹などを数回突き刺して殺害しようとしたとしています。

防犯カメラの映像や目撃者の話などから、鹿児島県内に住む15歳の男子中学生が事件に関わった疑いがあることがわかったということです。

鹿児島市の女子高生刺傷事件で逮捕された少年は、女子生徒とは面識がないと話しています。

警察によると男子中学生は20日もナイフを購入して別の女性のあとをつけるような行動をしたため、近くで中学生の行動を確認していた警察官が急きょ職務質問したということです。

調べに対し、容疑を認めているということで、警察は、動機などを調べています。

2018/1/22 男子中学生は学校や家庭で問題はなかった!?

被害者はナイフは腎臓に達していて、被害者は全治1カ月の大けがです。

男子中学生は学校や家庭で問題があったという話は今のところ出ていないということで、警察は引き続き動機などについて調べを進めています。
 
 
 
スポンサーリンク

 




鹿児島女子高生刺傷事件