あの事故物件は今!?大島てるの絶対に借りてはいけない物件

大島てる 事故物件

事故物件とは何ぞや???

事故物件として扱われる物件としては、以下のようなケースが挙げられる。
■殺人、自殺、火災(放火ないし失火)などの刑事事件に該当しうる事柄で死者の出た物件
■事件性のない事故、災害(地震による崩壊など)や孤独死などで居住者が死亡した物件

これらは俗にいう心理的瑕疵に該当するものであるが、広義には近隣に暴力団などの犯罪者(またはその疑いのある者)が居住する場合、以前に事故物件に該当する事件が特にないにもかかわらず、「心霊が出る」など科学的根拠のない噂が原因で住人の定着率が極端に悪いなど、前居住者の安否には直接該当しない案件も含まれうることに注意が必要である。

逆に、前居住者が死亡した経歴のある物件であっても、孤独死や病死などの事件性のない(とはいえ、孤独死の場合は自殺との境界線が曖昧な例も多々あるが)自然死が原因であるものや、夜逃げや人間の生死に該当しない刑事事件が原因で、前居住者が逮捕されるなどの要因で空き家となったものについては、広義の心理的瑕疵には該当するが、必ずしも事故物件としては取り扱われない場合がある。

via:wikipedia

ウィキを読んでもイマイチわかりづらいと思いませんか?

それは、実は「事故物件」という言葉自体の定義は不明瞭なものだからです。

いろんなパターンがあるものの、その物件で亡くなった人がいる場合に「事故物件」として扱われるケースが多いような、そんなイメージが個人的にはありました。

でも、必ずしも人の生死が関わっているわけではなく、何らかの瑕疵(かし) つまり欠点がある場合は事故物件扱いされているようでもあります。

■物理的瑕疵・・・物件そのものに物理的な不都合がある(雨漏り、シロアリなど)

■法律的瑕疵・・・法令による制限がある

■心理的瑕疵・・・心理的に住みたい心地が悪い事情がある(自殺、他殺など)

■環境的瑕疵・・・物件ではなく周辺の環境に問題がある(騒音、異臭、日照など)

例えば業者が物件の説明をするときに、近くに暴力団事務所がある(=環境的瑕疵)のにそれにはまったく触れていなかったり、建物にはまったく問題がないけど大家さんがモンスターだったりということも 事故物件の要素に含まれます。

百戦錬磨の悪徳不動産業者は、法律ギリギリのところで、いろんな手法で事故物件に潜んでいる問題点を隠蔽しますから、借り手の「あ~、騙された!」「こんなはずじゃなかった!」が結構あるらしいですね。

こういう物件も疵物(きずもの)みたいな意味合いで、事故物件と呼ばれているのです。

「大島てる」って何?名前の由来は?

大島てるは 事故物件の情報提供サイトを運営する企業で、情報提供サイトも同じく「大島てる」と名付けられています。

「大島てる」現会長の先々代が不動産事業に乗り出していて、その先々代の名前から今の企業名「大島てる」はつけられました。

事故物件情報提供サイト「大島てる」で公開しているのは、殺人事件、自殺、火災などで死亡者の出たいわくつきの物件です。

ちなみに、大島てるはだれでも無料で閲覧できます。
 
 
スポンサーリンク



 
 

事故物件の見抜き方

「告知事項あり」がある物件は要注意

告知事項とは、貸し主が借り主に対して事前に伝えておくべき事項の事です。

その物件で事件や事故が起こったなどの心理的瑕疵がある場合、貸し主はその旨を借り主に報告する必要があります。

もしこの報告責任を果たさなかった場合には、借り主は貸し主に対して契約解除や損害賠償を求めることができます。

「物件ロンダリング」で事件・事故を秘匿する業者がいる

物件に人の死が絡んだ場合でも 状況によって告知義務が不要になることがあります。

例えば一般的な「自然死」は借り主に対する告知は不要ですが、死後の発見が遅れたりした場合は告知義務が生じることもあります。

ただこの辺りの線引きは明確になっていないため、最終的な告知の判断は管理業者次第ということもあります。

もう一つ厄介なのは、事故物件の告知義務は次に入居する一人目のみでよいという業界ルール。

事故物件であっても誰かが一度入居すれば、過去の事件や事故の告知義務は発生しないという暗黙の了解が不動産業界にはあります。

これは過去の裁判事例でも認められているため、業界ルールとしてまかり通っているようです。

だから事故物件を社員が短期間契約すれば、次に募集をかけるときに借り主に心理的瑕疵を告知する必要はなくなるという ちょっとグレーなカラクリがあるのです。

ただ、そういった内部工作がバレれば 業者が意図的に告知義務を怠ったとみなされ、損害賠償や行政処分を被ることもありうるため、告知義務をきちんと果たす業者が増えている傾向はあるようですよ。

告知義務を募集広告に掲載する必要なし

物件の募集をする場合、契約前に告知事項の説明義務はあるものの、募集広告にはそれを掲載する必要はありません。

なので業者と相対して話をするまでは「広告に載ってなかったから その物件が事故物件ではない」と言い切れるわけではありません。

事故物件だとわかっていれば問い合わせなんかしなかったのに…と思うかもしれませんが、そういうこともあることを 念頭に置いておく方がいいですね。

事故物件を見抜くためのポイント

以下の点があったら「この物件は何かあったのかも!?」と考えたほうがよさそうです。

①周辺の家賃相場よりも3~5割安い。

②定期借家

③部屋の一部分だけ不自然なリフォームがされている。

④1年以内に物件名が変わっている。

via:事故物件サイト・大島てるの絶対に借りてはいけない物件

 
 
 
スポンサーリンク



 
 

過去に殺人事件が起こった、あの事故物件は今!?

尼崎連続変死事件

「尼崎連続変死事件」は 2011年に兵庫県尼崎市周辺で起こった殺人事件です。

>>大島てる(角田美代子・マンション)

一連の事件では、主犯格の角田美代子(当時64歳)と他9名が起訴されましたが、角田美代子が留置所で自殺したことから、真相解明が藪の中になってしまった、前代未聞の大量殺人です。

角田美代子は25年以上にわたり、あるマンションで複数家族を監禁・虐待し、判明しているだけでも死者8名、行方不明者が3名という大勢の被害者を出しました。

長期間「監禁部屋」として使われた物件が、尼崎市南東部に位置する分譲マンションの最上階角部屋で、俗に「恐怖の館」「猟奇の館」と呼ばれています。

事件当時はルーフバルコニーに「監禁小屋」が置かれていました。

この部屋は2012年10月に神戸地方裁判所が競売にかけ、5社による競売の末、2013年2月に1330万円で大阪市の金融業者により落札されました。

この落札は「自己競落」 つまり、担保物件の競売を申し立てた債権者自身が、物件を自分で落札するというもの。

殺人事件などが起こった場合、競売では売却額がかなり安くなると見込まれるので、まずは自ら競り落として物件を確保し、その後できるだけ高値で売却しようと考えての落札です。

その後部屋をリフォームし、中古マンションとして売り出していて、当時の販売価格は相場の2割安の1480万円。

募集と同時に多数の問い合わせがあったそうですが、やはり連続殺人事件が起こったという心理的な瑕疵は大きかった。

殺人事件があったことは告知事項に含まれるため、業者が問い合わせ者にすべてを説明すると途端に「やめます」と相手は引いていくそうです・・・そりゃそうですよね^^;

2014年4月の時点では、内覧するお客さんさえもいなかったようです。

どんなに価格が崩れたとしても・・・普通の神経では無理かもしれません。

この事故物件は現在も大島てるに掲載されています…今でも分譲中なんですね。

東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件

1988~1989年にかけて起きた「東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件」で宮崎勤(当時28歳)の犯行現場は彼の実家でした。

>>大島てる(宮崎勉・実家)
宮崎勤の実家は東京都あきる野市ですが、当時の建物を取り壊した後も この土地に暮らす人はいませんでした。

そのため更地にされた宮崎勤の実家跡は 駐車場として使用されています。

地名の周辺一帯が事故物件扱いになっているケース

1988~1989年に書けて東京都足立区で起こった女子高生コンクリート詰め殺人事件。

犯行現場の住宅は取り壊され、現在は新たな住宅が建てられていますが、この地域が事件で大々的に報じられたことから、地名(綾瀬)が独り歩きして 周辺一帯が事故物件エリアにされています。

>>大島てる(女子高生コンクリート詰め殺人)

周辺エリア一帯が事故物件にされると 近隣住民が引っ越していったり、外部からも流入をためらう人が少なくないのです。

当たり前なんですが、大事件であればあるほどその傾向は顕著です。

当時14歳の少年が児童2名を殺害した「神戸児童連続殺傷事件」や、
>>大島てる

当時63歳男性が近隣住民5名を殺害した「山口連続殺人放火事件」も 
>>大島てる

周辺一帯が事故物件扱いにされています。

そうやって近隣地帯まで巻き込んで事故物件エリアになってしまうケースもあれば、人気の高い都心部のマンションなどは、有名な事故物件であることを承知の上で入居する人もかなりいるそうです。

とはいえ、事件や事故を気にする人の方が圧倒的多数だと思います。

事件前からそこに住んでいる人などは そうおいそれと退去できるとは限らないので、気持ち悪いなと思いながらもそのままそこに住み続けているという人も少なくないはずです。

そういえば、北九州監禁連続殺人事件がテレビの特番で取り上げられたとき、監禁部屋の下の階に住む住民がインタビューに答えていました。

下の階の住民
1日中 のこぎりを引くギーコギーコという音がしていたから、上の階の人は建築関係者なのかと思ってたんですよ

>>大島てる(松永太の監禁マンション)

>>大島てる(松永太の第二のアジト)

大島てる 事故物件的 ちょっとこわい話 その1


 
 
 

感じ方、考え方は人それぞれで、どこまでがブラック物件かという線引きにも個人差がありますが、

大島てる×松原タニシ!事故物件芸人でも住めない千葉の物件!?

事故物件を掴まされないためには情報収集を怠らない事前努力が必要であることはいうまでもありません。
 
 
スポンサーリンク