大阪府泉佐野市 小林治子さん 全身殴られた様にあざだらけで死亡

大阪府泉佐野市日根野 小林治子 死亡

8/17 小林治子さん死亡

8月17日午前8時5分ごろ、大阪府泉佐野市日根野の民家から、「妻の意識がなく、呼吸をしていない」という119番通報がはいりました。

小林治子 殴殺via:事件現場・大島てる
 
大阪府警泉佐野署によると、この家に住む小林治子さん(48歳・職業不詳)が、タンスにもたれかかった状態で死亡しているのを 駆けつけた署員が発見しました。

小林さんの全身は殴られたようなあざだらけだったということです。

警察は事件の可能性があるとみて、一緒にいた小林さんの夫と未成年の息子から詳しい事情を聴くとともに、司法解剖して詳しい死因を調べる方針です。

8/17 小林治子さんの遺体は死後1日前後が経過した状態【泉佐野市・妻殴打殺害事件】

小林治子さんの全身のあざの大半は拳で殴られてできたとみられることがわかりました。

警察は小林さんを暴行して殺害したとみています。

遺体は死後1日前後が経過しているとみられ、全身にあざや内出血の痕がありました。

居間で室内着姿で見つかり、当時 住宅内には夫と10代の息子がいました。

8/17 小林治子さん殺害容疑で夫の逮捕状請求【泉佐野市・妻殴打殺害事件】

警察は本日午後 小林治子さんを殺害した疑いで、夫の逮捕状を請求しました。

近所の人が8月16日の午後5時ごろ、小林さん宅を訪れた際にはドアが少しだけ開いていて、中からは姿を見ることはなかったものの、治子さんの声と夫の声が聞こえてきたそうです。

近所の人
(けんかする声は?) 全然聞こえない。本当に静かなんです。いるかいないか、わからないぐらい。

8/17 夫の小林清容疑者を小林治子さん殺害容疑で逮捕!【泉佐野市・妻殴打殺害事件】


 
小林治子さんを殺害した疑いで、夫の小林清(50歳)容疑者を逮捕しました。

逮捕容疑は8月16日午後11時~8月17日午前4時、自宅で小林治子さんを長さ約1メートルの木刀で殴り、殺害した疑いです。

遺体はタンクトップに半ズボン姿で、居間でたんすにもたれかかったような状態、全身にあざや内出血の痕がありました。

小林清容疑者
朝起きると妻が動かなかったので通報した。
 
木刀で頭や背中を何発も殴ったが、死ぬとは思っていなかった。

同居の息子は深夜に父母が口論しているのを聞いたということです。

警察は今後 動機やいきさつなどを捜査する方針です。
 
 
スポンサーリンク



 
 

8/20 小林治子さんの司法解剖の結果【泉佐野市・妻殴打殺害事件】

司法解剖の結果、小林治子さんの全身には、打撲による損傷が数十カ所あったと発表しました。

死亡推定時刻については8月17日未明

直接の死因については不詳としています。

警察は殺人容疑で逮捕した夫・小林清容疑者と治子さんとの間で何らかのトラブルがあったとみて、詳しい経緯を調べる方針です。

8/30 3度の結婚と困窮した生活

捜査関係者
中学生の息子に事情を聞いたところ、8月16日の午後11時頃に両親がケンカする声が聞こえ、翌朝7時ごろ「母親が息をしていない」と父親に起こされたと話しています

小林治子さんの体には無数のあざがあり、おそらく日常的に暴力を振るわれていたと思われるが、治子さんから警察へDVの相談はなかったという。

小林治子さんのこれまでの生い立ちなどが週刊女性「3度の結婚と困窮した生活、夫に撲殺された妻の悲しい人生」で取り上げられているが、どうやら幸薄い人生を歩んできたようだ。

治子さんの小学校の同級生
人懐っこくて誰にでも話しかける明るい子やった。ただ軽い障がいがあったんか、授業についていけず、特別学級に行っとった。離婚してお袋さんと2人住まいでな。生活も苦しかったんちゃうか。 via:週刊女性

中学を卒業した治子さんはタオルを製造する企業に就職した。

その会社で5〜6年働いた後に地元の旅館へ転職。

旅館経営者
目がクリッとして可愛らしい顔で恰幅のいい子やったわ。力仕事もできるやろうって雇ったんやけど、“お金貸して”とほかの従業員をつけまわすんや。仕事にならんからクビにしたんやけど、1か月もおらんかったと思うで。その後は風俗で働いてるって話、聞いたけどな。 via:週刊女性

どの仕事も長続きせず母親は病気で入院し、経済的にかなり困窮していたのか、近隣に「お金を貸してほしい」と頼むこともあったという。

近隣女性
4年ぐらい前に表札の名字が変わっていてな。ハルちゃんが結婚したって言うんや。だから、旦那さんどんな人なんって聞くと“暴力団やねん”って。ただ2人とも働いてなかったはずやから、生活保護を受けてたんちゃうかな。 via:週刊女性

子供は3人いたらしく、上の2人はすでに家を離れている。

中学生の息子の登校を 治子さんはいつも見送っていたという。
 
 
 
 
 
スポンサーリンク


 



豊橋市 死体遺棄