石巻3人殺傷事件 (千葉祐太郎事件)

 
石巻3人殺傷事件 千葉祐太郎

2010/2/10 石巻3人殺傷事件

2010年2月10日午前6時50分頃、宮城県石巻市のSさん宅に、少年A(千葉祐太郎・解体工・18歳)と少年B(無職・17歳)が押し入り、Sさんの姉のMさん(20歳)とその友人男性(20歳) Sさんの友人Oさん(18歳)の3人を次々と刃渡り約18センチの牛刀で複数回刺して殺傷した。

石巻3人殺傷事件 千葉祐太郎

via:【石巻3人殺傷事件】事件現場(大島てる)

 
その後、少年2人はSさん(18歳)を連れ出し、車で逃走した。

現場にいたSさんの生後4ヶ月の子供は無事だったが、MさんとOさんは死亡、友人男性は重傷を負った。

重傷の友人男性が「千葉祐太郎(Sさんの元交際相手)にやられた」と語ったことから、警察は少年2人の行方を追った。
 
  
Sさんは2009年2月頃から12回にわたり警察に「交際相手の千葉祐太郎から暴力を振るわれている」と何度も相談していた。

警察は千葉祐太郎に2度にわたり「Sさんに近づかないように」と警告を行っていた。

警察はSさんに暴行や傷害事件として被害届を出すように強く勧めたが、Sさん警察のこの勧めにこれに応じなかった。
 
 


  
Sさんと千葉祐太郎は2008年に知り合って交際を始め、2009年10月には子供が生まれていた。

しかしそれ以前からSさんは千葉祐太郎に暴力を振るわれ、別れ話を切り出すたびに さらにひどい暴行を受けることを知人に相談していた。

2010年2月頃から 千葉祐太郎がSさん宅に押しかけるようになったため、用心のためにOさんたちがSさん宅に泊まっていたという。

事件前日の夕方にも、千葉祐太郎がSさんの自宅に来たと110番に通報していたが、警察が駆けつけたときには、千葉祐太郎はすでに立ち去った後だった。

警察は再びSさんに被害届を出すように強く勧め、Sさんは今度は承諾して、事件のあった10日後に被害届を出す予定だった。
 
 
事件発生から約6時間半後、石巻市内で少年2人は逮捕され、Sさんは保護された。

千葉祐太郎は犯行を否認したが、少年Bは「千葉祐太郎と無理やりSさんを連れ出した」と自供した。

その後の調べで、千葉祐太郎が知人に「Mさんが交際に反対しているから殺してやる。そのための刃物も買った。罪をかぶせるため、少年Bに包丁に指紋をつけさせた」と言っていたことが判明している。

2010年2月23日、観念した千葉祐太郎は犯行を認める供述をようやく始めた。
 
 




  
 
2010年4月21日、仙台家裁は「犯行は冷酷非道で、社会に与えた影響は深刻である」として刑事処分が相当と判断し、少年2人を検察官送致とした。

4月28日、仙台地検は、少年Bを殺人ほう助などの罪で起訴した。

4月30日、千葉祐太郎を殺人・殺人未遂などの罪で起訴し、裁判は裁判員裁判の対象となった。
 
 
2010年11月25日、仙台地裁で千葉祐太郎に、求刑通り死刑が言い渡された。

仙台地裁
犯行態様や結果の重大性から考えれば、少年の家庭の事情を量刑上考慮することは相当ではない。
 
犯行時に少年(事件当時18歳7ヶ月)であることが死刑を回避する決定的な事情であるとまではいえない。

少年である被告が死刑を言い渡されたのは、裁判員裁判では これがはじめてである。

弁護団は控訴に消極的だった千葉祐太郎を説得して同意させ、2010年12月6日に仙台高裁に控訴している。

2014年1月31日、仙台高裁は一審の死刑判決を支持して、控訴を棄却した。

それに対し弁護団は、判決を不服として最高裁に即日上告。

2016年6月16日、最高裁は一審・二審判決を死刑判決を支持して千葉祐太郎の上告を棄却し死刑判決が確定した。

裁判員裁判で死刑判決が言い渡された少年事件で 死刑判決が確定するのはこれが初である。

2017年8月現在26歳の千葉祐太郎・死刑囚は、仙台拘置所に収監されている。

2017/12/20 石巻3人殺傷事件で再審請求申し立て!

千葉祐太郎死刑囚(26歳・犯行時18歳)が、12月18日付で仙台地裁に再審請求したと弁護団が12月19日に明らかにしました。

一審・仙台地裁は2010年11月、裁判員裁判で初めて少年に求刑通り死刑判決を言い渡し、二審・仙台高裁も原審を支持し、2016年6月、最高裁が上告を棄却し、千葉祐太郎被告の死刑が確定しています。

関光彦元死刑囚の執行日の前日に再審請求の申し立てをしたというところが、なんて偶然・・・。

関光彦元死刑囚も千葉祐太郎死刑囚と同じように三審とも「死刑」を言い渡されていますから、昨日の関光彦・元死刑囚の死刑執行には千葉死刑囚も「明日はわが身」と感じたはずです。

再審請求というのは申し立ては自由ですが、判決をひっくり返すほどの証拠が揃わない限り認められるものではないです。

それでも確定死刑囚の多くが再審請求をしていて、124人(釈放中の袴田巌さん含む)のうち94人が再審請求中です。

12月20日に千葉死刑囚の弁護団が記者会見しました。

元少年の弁護団は「犯行は衝動的・突発的で、計画的で残虐だったとした確定判決は事実誤認」などと主張した。

最高裁は昨年6月、1、2審の死刑判決訂正の申し立てを棄却し、裁判員裁判で初めて少年事件での死刑が確定した。

草場裕之弁護士
(元少年は)死刑を否定しているのではなく、誤った事実認定のもとに死刑に処せられることが耐えられないという趣旨の発言をしている。

殺人罪以外の未成年者略取罪と傷害罪については「無罪が妥当」と訴えた。

弁護団は判決で認定された殺害の計画性について「事実認定に誤認があり、量刑も死刑以外が相当」と主張しています。

2017/12/21 再審請求で「判決、事件像と異なる」と弁護団が提出した新証拠

千葉祐太郎死刑囚(26歳・事件当時18歳)の再審請求を申し立てた弁護団が12月20日に仙台市内で記者会見し、犯行の計画性や残虐性を否定する鑑定書、供述調書など104の新証拠を仙台地裁に提出したことを明らかにしました。

新証拠は情動に駆られて意識障害に陥り、突発的に犯行に及んだ可能性を指摘する精神科医の鑑定書のほか、共犯の男(事件当時17歳・殺人ほう助罪などで有罪確定)が事件に計画性がない旨を記した被害者宛ての手紙、確定判決が残虐性や執拗性を認定する根拠とした目撃証言の変遷を示す捜査段階の供述調書など。

草場裕之主任弁護人
判決は強固な殺意に基づく計画的で残忍な犯行と認定したが、実際の事件像と違う。
結果の重大性とは別に、死刑を判断する上での重要な要素に事実誤認があることを、本人は納得していない。

12月18日に増田祥弁護士は千葉死刑囚と接見しています。

増田祥弁護士
『確定判決のような事件像で死刑が執行されるなら、冷静でいられる自信がない』と話していた。
本人は死刑を受け入れる気持ちがあると同時に、犯した事実を正しく残してほしいという思いも強くある。

2016年6月の最高裁判決は計画性を認定し「事件の態様は冷酷、残忍で、当時18歳の少年であっても深い犯罪性に根差した犯行だった」と判断し、2009年に始まった裁判員裁判で初となる事件当時少年の死刑判決が確定しました。

確定判決によると、千葉死刑囚は2010年2月10日朝、共犯の男と石巻市の交際相手の女性(当時18歳)の実家に押し入り、交際に反対した女性の姉南部美沙さん(当時20歳)と友人の大森実可子さん(当時18歳)を牛刀で刺殺。

居合わせた南部さんの知人男性(当時20歳)にも大けがをさせ、女性を車で連れ去っています。

大森さんの遺族
向こう(千葉死刑囚)の話。こちらから申し上げることはありません。
 
   
スポンサーリンク


 




座間市9人遺体事件 白石隆浩