石巻3人殺傷事件 (千葉祐太郎事件)

石巻3人殺傷事件 千葉祐太郎

2010年2月10日午前6時50分頃、宮城県石巻市のSさん宅に、少年A(千葉祐太郎・解体工・18歳)と少年B(無職・17歳)が押し入り、Sさんの姉のMさん(20歳)とその友人男性(20歳) Sさんの友人Oさん(18歳)の3人を次々と刃渡り約18センチの牛刀で複数回刺して殺傷した。

石巻3人殺傷事件 千葉祐太郎

via:【石巻3人殺傷事件】事件現場(大島てる)

 
その後、少年2人はSさん(18歳)を連れ出し、車で逃走した。

現場にいたSさんの生後4ヶ月の子供は無事だったが、MさんとOさんは死亡、友人男性は重傷を負った。

重傷の友人男性が「千葉祐太郎(Sさんの元交際相手)にやられた」と語ったことから、警察は少年2人の行方を追った。
 
 
スポンサーリンク



 
 
Sさんは2009年2月頃から12回にわたり警察に「交際相手の千葉祐太郎から暴力を振るわれている」と何度も相談していた。

警察は千葉祐太郎に2度にわたり「Sさんに近づかないように」と警告を行っていた。

警察はSさんに暴行や傷害事件として被害届を出すように強く勧めたが、Sさん警察のこの勧めにこれに応じなかった。
 
 
千葉祐太郎

via:https://matome.naver.jp/

 
Sさんと千葉祐太郎は2008年に知り合って交際を始め、2009年10月には子供が生まれていた。

しかしそれ以前からSさんは千葉祐太郎に暴力を振るわれ、別れ話を切り出すたびに さらにひどい暴行を受けることを知人に相談していた。

2010年2月頃から 千葉祐太郎がSさん宅に押しかけるようになったため、用心のためにOさんたちがSさん宅に泊まっていたという。

事件前日の夕方にも、千葉祐太郎がSさんの自宅に来たと110番に通報していたが、警察が駆けつけたときには、千葉祐太郎はすでに立ち去った後だった。

警察は再びSさんに被害届を出すように強く勧め、Sさんは今度は承諾して、事件のあった10日後に被害届を出す予定だった。
 
 
事件発生から約6時間半後、石巻市内で少年2人は逮捕され、Sさんは保護された。

千葉祐太郎は犯行を否認したが、少年Bは「千葉祐太郎と無理やりSさんを連れ出した」と自供した。

その後の調べで、千葉祐太郎が知人に「Mさんが交際に反対しているから殺してやる。そのための刃物も買った。罪をかぶせるため、少年Bに包丁に指紋をつけさせた」と言っていたことが判明している。

2010年2月23日、観念した千葉祐太郎は犯行を認める供述をようやく始めた。
 
 
2010年4月21日、仙台家裁は「犯行は冷酷非道で、社会に与えた影響は深刻である」として刑事処分が相当と判断し、少年2人を検察官送致とした。

4月28日、仙台地検は、少年Bを殺人ほう助などの罪で起訴した。

4月30日、千葉祐太郎を殺人・殺人未遂などの罪で起訴し、裁判は裁判員裁判の対象となった。
 
 
2010年11月25日、仙台地裁で千葉祐太郎に、求刑通り死刑が言い渡された。

仙台地裁
犯行態様や結果の重大性から考えれば、少年の家庭の事情を量刑上考慮することは相当ではない。
 
犯行時に少年(事件当時18歳7ヶ月)であることが死刑を回避する決定的な事情であるとまではいえない。

少年である被告が死刑を言い渡されたのは、裁判員裁判では これがはじめてである。

弁護団は控訴に消極的だった千葉祐太郎を説得して同意させ、2010年12月6日に仙台高裁に控訴している。

2014年1月31日、仙台高裁は一審の死刑判決を支持して、控訴を棄却した。

それに対し弁護団は、判決を不服として最高裁に即日上告。

2016年6月16日、最高裁は一審・二審判決を死刑判決を支持して千葉祐太郎の上告を棄却し死刑判決が確定した。

裁判員裁判で死刑判決が言い渡された少年事件で 死刑判決が確定するのはこれが初である。

2017年8月現在26歳の千葉祐太郎・死刑囚は、仙台拘置所に収監されている。
 
 
スポンサーリンク


[via]   戦後ニッポン犯罪史   日本凶悪犯罪大全   戦後事件史データファイル   現代殺人事件史   昭和・平成 日本の凶悪犯罪100   殺しの手帖   日本殺人巡礼      



石巻3人殺傷事件 千葉祐太郎