本サイトには広告が含まれます
PR

なぜ石原慎太郎さんも散骨を選んだ?裕次郎さんと共に眠る葉山の海

石原裕次郎碑
海洋散骨は、著名人の実施や法整備などを経て知名度が上がってきた。1987年に亡くなった俳優の石原裕次郎さんの葬送を巡っては、兄の慎太郎さんが「海が好きだったので太平洋に戻してやりたい」と発言。しかし、墓地埋葬法違反が懸念され、一度は取りやめられた。その後1991年に法務省が散骨を「違法ではない」との見解を表明し、死者の遺灰を大地や海に返す「自然葬」への社会的関心が高まった。2022年に亡くなった慎太郎さんの遺骨は葉山町沖で散骨された。 引用元:石原慎太郎さんも希望 故人との別れは大海原で和やかに…「海洋散骨」5年で2.5倍【読売新聞】

なぜ石原慎太郎さんも散骨を選んだ?裕次郎さんと共に眠る葉山の海

海の散骨

石原慎太郎さんが選んだ海洋散骨という形、その背景にはどのような意図があったのでしょうか。この記事では、故石原慎太郎さんがどのような散骨を行ったのか、そしてその散骨にまつわる様々な側面について深掘りしていきます。また、一般の人々にも人気が出ている海洋散骨のメリットや注意点、さらには他の著名人たちの散骨事例までを網羅して紹介します。海洋散骨を検討している方や、興味がある方には必見の内容となっています。

石原慎太郎さんの散骨事情
海洋散骨のメリットとコンセプト
著名人と散骨
海洋散骨の手続きとルール

石原慎太郎さんの散骨事情

石原裕次郎灯台と富士山
石原裕次郎灯台と富士山

石原慎太郎さんが生前に希望した散骨は、彼の個人的な哲学や思いを反映しています。彼は自然と共生し、死後も地球に還ることを望んでいました。また、葉山ヨットクラブは彼の人生において重要な場所であり、その選択には深い意味が込められています。散骨式には息子たちも参加し、父の意思を尊重するとともに、新たな形での別れを受け入れる姿が見られました。

石原慎太郎さんの意志とは?

石原慎太郎の石碑
逗子海岸と石碑

石原慎太郎さんが海洋散骨を選んだ理由は、彼の生前の強い願いから来ているようです。

石原慎太郎さんは自然と深く結びついた生活を大切にしていました。例えば、彼の著作やインタビューなどでは、自然の美しさや厳しさについて語る場面が多く見られました。石原さんにとって自然に還ることは、自分の一部が永遠に地球に刻まれるという意味でもあったのでしょう。

遺族に対する負担の軽減も石原さんが海洋散骨を選んだ大きな要因の一つと考えられます。自然の中で静かに見送ることで、遺族にとっても心の整理がしやすくなる…ゆえに、息子たちもその意志を尊重し、海洋散骨という形を選びました。

彼の意志は自然と調和すること、経済的負担を減らすこと、そして遺族の気持ちを尊重することに最も深く根ざしていたのです。

葉山ヨットクラブの役割

石原慎太郎の散骨
葉山ヨットハーバー

葉山ヨットクラブは、石原慎太郎さんの散骨において重要な役割を果たしました。

このクラブは、石原慎太郎さんが生前に多くの時間を過ごした場所です。ここでの活動や仲間との交流は、彼にとって非常に大きな意味があったと言えます。そうした背景から、彼の散骨の場としても自然な選択となったのです。クラブのメンバーも心から彼の遺志を尊重し、協力的に対応しました。

例えば、散骨式が行われた際には、クラブのスタッフが船の手配や式の進行をサポートしました。これにより、家族や参加者にとっての負担が大幅に軽減されました。また、散骨の場所として選ばれた海域も、石原さんが愛した風景を背景にしているため、さまざまな思い出が蘇るでしょう。

このように葉山ヨットクラブの貢献は欠かせないものでした。彼の遺志を忠実に反映し、家族や友人たちが心を込めて送り出す場面が実現できたのは、クラブの支援があったからと言えるでしょう。

葉山ヨットクラブの存在が石原慎太郎さんの遺志を尊重する上で、大きな役割を果たしました。

散骨式に参加した息子たちの思い

海の散骨

石原慎太郎さんの散骨式には息子たちも参加していました。彼らにとって、この式は特別なものでした。そして、それぞれが父親への尊敬と感謝の気持ちを持ちながら参加していたのです。

まず、息子たちは石原慎太郎さんの強い意志を受け継ぎ、その願いを尊重しました。石原慎太郎さんは自然を愛し、その一部となることを望んでいたことが明らかでした。このため、海洋散骨を選択したのです。

海の散骨

例えば、長男の石原伸晃さんは、父親が葉山の海を愛していたことをよく知っていました。そして、その願いを叶えるために尽力しました。一方で、次男の石原良純さんは、父親の生き方に共感し、その思いを語ることで家族全員の気持ちを一つにまとめました。

また、三男の石原宏高さんと末っ子の石原延啓さんも、大切な父親を送るこの特別な時を深く感じ取りました。彼らにとって、海という広大な場所は石原慎太郎さんの大きな存在と重なるものでした。これにより、父親を見送る方法として最もふさわしいと理解したのです。

神奈川県葉山町の沖合で行われた、慎太郎さんの散骨式。良純は「ヨットが好きでヨット仲間に見送られての散骨式。親父はこれをどういうつもりで見ているのかなと思いながらやっていて」と述懐。「生前、生きているときはぶわーっとエネルギッシュで、『亡くなったら人間は無だ』と言ってたの。『来世なんかないし、天国も地獄もない。無、そこで終わりだ』と。そういう思いがあった人だった」と父の言葉を反芻した。

そして、「パッと思い当たったのは、葉山の薄曇りの陽気だったんですけど、ついたときにザーッと雨が降ったの」と明かし、「ちょっと古い話なんですけど、石原裕次郎という人は何か事あるごとに雨を降らす人だった。法事だとか大きな手術とか。そのときに『あぁ、おじさん来てたな』という気がして」と裕次郎さんとも重ね合わせる良純。「おじさんが来ていたということは、そこに親父も行っただろうし。だからなんとなく、この回のことは見てたんじゃないのかな」と実感したようで、「あれだけ『死んだら無だ』と言ってて、ずっと最後までわがまま言ってて、とんでもないなと思ってね。もう少し言うこと聞いてくれればよかったのにと思って。でも、無じゃないという気はした」と心情を吐露していた。
引用元:マイナビニュース

息子たちはそれぞれの立場や思いを尊重しながら、父親の石原慎太郎さんの望みを叶えました。この海洋散骨式は、家族全員が一体となって父親への感謝と尊敬の念を表現する重要な場となったのです。

海洋散骨のメリットとコンセプト

海の散骨

海洋散骨は、現代社会において新たなエンディング方法として注目を集めています。その魅力は数多くありますが、特に以下のポイントが挙げられます。一つは「自然に還る」という願いを叶えることができる点、二つ目に経済的な負担の軽減、そして三つ目には遺族にかかる負担を減らすことです。これらの要因が、多くの人々にとって心惹かれる選択となっています。

自然に還るという願い

海の散骨

海洋散骨が持つ最大の魅力の一つは、自然に還るという願いを叶えられることです。これは、故人を大地や海に還すことで、自然と一体になるという深い理念から来ています。

例えば、故人が自然を愛し、大海原や山々を故郷だと思っていたなら、海洋散骨はその人の最終的な帰る場所として最適です。海に還ることで、故人は波に揺られ、やがて大自然と融け合い、新たな生命のサイクルの一部となります。

また、自然に還るという行為は、遺族にとっても深い慰めとなります。故人が好きだった風景や自然環境に還ることで、遺族はその場所を訪れる度に故人を思い出し、心の平和を感じることができるでしょう。「故人が好きだった自然の中で、安らかに眠っている」と考えることで、遺族の心の支えとなります。

このため、海洋散骨は単に埋葬の手段としてだけでなく、故人の生きた証としての自然との結びつきを強く感じたいと思う方々にとって、非常に魅力的な選択肢となります。自然に還るという願いが叶えられることこそ、海洋散骨が多くの人々に選ばれる理由の一つです。

経済的な負担の軽減

海の散骨

海洋散骨は経済的な負担を軽減する点でも魅力的です。

まず、理由として伝統的な墓地の購入や管理費用が不要であることが挙げられます。墓地に土地を購入する場合、数十万円から数百万円の費用がかかります。そして、毎年の管理費も必要です。しかし、海洋散骨ならそれらの費用を大幅に削減できます。

例えば、大規模な墓地や納骨堂を購入する場合、一般的には数百万円が必要とされますが、海洋散骨の費用は通常10万〜30万円程度です。多くの散骨業者が提供するパッケージには、遺骨の粉砕、船舶の手配、セレモニーの開催など、多くの手続きが含まれているため、後々の追加費用も少なくて済みます。よって、伝統的な墓地に比べて大幅にコストを抑えることが可能です。

引用元
みんなの海洋散骨
費用相場
※火葬までの費用は除く
初期費用
維持費
後継者
宗教関係
法要
お墓
120~200万円
高い
高い
必要
高い
永代供養
3~100万円
低い
低い
不要
納骨堂
10~100万円
低い
不要
低い
手元供養
500円~60万円
低い
なし
必要
低い
海洋散骨
3~40万円
低い
なし
不要
問わない
自由
樹木葬
5~80万円
低い
なし
不要
低い
ゼロ葬
0円
なし
なし
不要
低い
なし

また、遺族にとっての負担も少なくなります。毎年の墓参りのための移動費や時間が不要になります。遠方に住む家族にとっては特に大きなメリットです。

海洋散骨の経済的な負担軽減には異論もありますが、多くの人にとって費用対効果の高い選択肢です。費用面で心配することなく、故人を自然に還すことができます。つまり、海洋散骨は経済的な負担を軽減しながら、自然に還るという故人の願いを叶える理想的な方法です。

遺族にかかる負担を減らす

海の散骨

海洋散骨は、遺族にとってもさまざまな面で負担が軽減される方法です。その理由として、まず一つには物理的な墓地の管理が不要になることが挙げられます。

例えば、従来の墓地では定期的な掃除や草取り、法事のたびに墓参りをする必要があります。その点、海洋散骨では故人の遺骨を海に散骨するため、定期的な管理や維持費を心配する必要がありません。また、遠方に住む家族にとっても、毎回の墓参りのために移動時間や費用がかからないというメリットがあります。

さらに、心理的な負担も軽減されます。例えば「墓地を維持管理しなければならない」「法事のたびに家族が集まらなければならない」といったプレッシャーから解放されることで、本当に故人の意志を尊重し、心からの供養ができるようになります。

このように、海洋散骨は遺族にとっても負担軽減という大きなメリットを持っているのです。ですので、海洋散骨を選ぶ理由が増えることも理解できます。

日本には散骨を違法とする法律が存在しない

石原裕次郎碑
石原裕次郎碑

海洋散骨は石原慎太郎さんだけでなく、多くの有名人も選んだ方法として注目されています。

例えば、石原慎太郎さんの弟、俳優の石原裕次郎さんにも海洋散骨が行われました。石原裕次郎さんは生前海が好きであったことから、遺族に対して海洋散骨を希望していたと言われています。また、俳優の勝新太郎さんも、愛する海に還りたいとの思いから海洋散骨を選びました。彼らのように、その人の生き様や価値観を尊重した散骨方法が選ばれることは少なくありません。

現在の日本には散骨する行為そのものを違法とする法律が存在しません。また、宗教的にみても「散骨はよくない行い」とされていません。だから宗教・宗派・無宗教に関わらず、どなたでも散骨を行うことができます。

そして散骨を、故人の冥福を祈りながら大自然へ還す「供養」の意識で行うなら、遺骨を粉にしてまく行為を後ろめたく考える必要は全くありません

著名人と散骨

海の散骨

著名人もまた、散骨を選ぶことが増えています。石原慎太郎さんの例と同様に、他の有名人も散骨を選ぶ理由は様々です。その中でも特に注目されるのが、自然に戻るという理想や経済的なメリットです。また、遺族の負担を減らすために選ぶケースも多く見受けられます。次に、具体的な有名人の事例とその背景について掘り下げていきます。

 

淳和天皇が選んだ散骨

散骨

そもそも散骨は太古より行われてきた供養です。現代ではなく大昔(840年)の著名人では、日本では淳和(じゅんな)天皇が散骨されています。

当時の権力者の葬儀には膨大な費用が使われていましたが、それは民衆の生活を圧迫するものでした。そんな窮状を救うために喪葬を倹約する流れからの散骨でしたから、それはたいへんにありがたくて尊い行為でした。

令和に墓じまいが急増している現状からもわかる通り、散骨は現代の需要にマッチした新しい葬送スタイルのひとつです。実際に散骨された人々の背景や意志を知ると、その選択は一過性のものではなく、深い信念や生前の愛着に基づいていることがわかります。

このような有名人たちの選択は、社会に対する大きな影響力を持ち、散骨の認知度と受け入れも高まっています。

石原裕次郎:湘南の海

石原裕次郎の像
羊ヶ丘展望台

石原裕次郎さんの場合、彼自身が「自由でありたい」という願望を持っていたという背景があります。裕次郎さんは、自然の中で生きることを愛し、その一部に戻りたいという思いが強かったと言われています。

石原裕次郎さん亡くなった1987年には散骨に対する法解釈が追いついておらず、石原慎太郎さんは一度弟の散骨を断念せざるを得ませんでした。しかしその後に法務省が「節度を持って行う散骨は違法ではない」と好評し、ようやく裕次郎さんの散骨が実全しています。この散骨式の開催は日本国内での散骨に対する理解を深め、多くの人々にとっての選択肢を広げる一因となりました。

裕次郎さんのケースを通じて、個人の意向やライフスタイルに合わせた最期の選択が尊重されるべきだという考え方が広まりました。石原裕次郎さんの散骨は個々の最期の願望を尊重する重要な事例となり、多くの人々に支持されました。

勝新太郎(俳優):ハワイ

遺骨が海洋散骨されたかどうかについての明確な情報を検索しても、詳細は一切見つかりませんでした​。しかし、ハワイのワイキキ沖で散骨したという情報がいくつかのネット記事に載っています。

沢村貞子(俳優):相模湾

沢村貞子さんの遺灰は、夫の大橋恭彦さんの遺灰と共に、神奈川県の相模湾に散骨されました。故人の意思を尊重して葬儀は家族だけで行われています。

乙羽信子(俳優):広島県三原市

音羽信子さんの遺灰は、映画『裸の島』の撮影場所である広島県三原市宿祢島付近の海に散骨されました。

hide(X JAPAN):ロサンゼルス

hideの遺灰は遺族や関係者によりロサンゼルス沖で散骨されました。

いずみたく(作曲家):江の島沖

いずみたくさんは海とヨットを愛していたことから、神奈川県の相模湾に散骨されました。この散骨は、彼の家族が彼の代表曲「見上げてごらん夜の星を」を口ずさみながら行われたそうです。

立川談志(落語家):ハワイ

立川談志さんは生前に「墓はいらない」と公言しており、その遺志に従って遺骨の一部がハワイの海に撒かれました。

藤圭子(歌手):ニューヨークと北海道

藤圭子さんの遺灰はニューヨークのハドソン川と、生まれ育った北海道の海に散骨されました。

横山やすし(コメディアン):広島県宮島競艇場

横山やすしさんの遺骨は、彼の希望に従って広島県の宮島競艇場で散骨されました。彼の遺志に基づき、競艇場に散骨されることになりました。

梨元勝(芸能リポーター):東京湾

梨元勝さんは、自身が所有するボートで東京湾に散骨されました。

ジョージ・ハリスン(ザ・ビートルズ):インドのガンジス川

ジョージ・ハリスンはインドのガンジス川とヤムナ川に散骨されました。彼の家族がインドのヴァラナシでヒンドゥー教の伝統に従って、プライベートなセレモニーで遺灰を散骨しました。ジョージ・ハリスンはインドの文化と宗教に深い関心を持っており、ガンジス川での散骨は彼の希望に沿ったものでした。

ジョン・レノン(ザ・ビートルズ):ニューヨーク

ジョン・レノンの遺骨は、彼の遺志に従ってニューヨークのセントラルパークに散骨されました。彼の妻、ヨーコ・オノが遺灰を散骨し、現在その場所は「ストロベリーフィールズ」と呼ばれるメモリアルとなっています。

マリア・カラス(歌手):エーゲ海

マリア・カラスの遺骨は、彼女の希望に従ってエーゲ海に散骨されました。彼女の遺灰は当初、パリのペール・ラシェーズ墓地に埋葬されましたが、その後盗まれ、回収された後にエーゲ海に散骨されました。

アルベルト・アインシュタイン(理論物理学者):ニュージャージー

アインシュタインの遺骨は、彼の希望に従って、ニュージャージー州プリンストンの高等研究所の敷地内に散骨されました。彼は自分の墓が「聖地」になることを避けたいと考え、遺骨を秘密の場所に散骨することを望んでいました。

イングリッド・バーグマン(女優):スウェーデン

イングリッド・バーグマンの遺灰は、スウェーデン西海岸のフィェルバッカ近くのダンホルメンという小さな島の周りの海に散骨されました。彼女はこの地域で多くの夏を過ごしていたため、その遺志に従ってこの場所に散骨されました。

ジャニス・ジョップリン(ミュージシャン):カリフォルニア

ジャニス・ジョップリンの遺灰はカリフォルニア州のマリン郡にあるスティンソンビーチと太平洋に散骨されました。

海洋散骨の手続きとルール

散骨のルール

海洋散骨を行う際には、いくつかの手続きとルールがあります。まず、法的な要件を確認することが不可欠です。次に、信頼できる散骨業者を選びましょう。その後、実際の手順に従って進めることになります。一つ一つのステップを正確に理解しておくことで、スムーズに散骨を実施することができます。

法的な要件

海洋散骨を行うにあたり、法的な要件を守ることは重要です。法律に違反することなく適切に行うことで、遺族や散骨業者が法的なトラブルに巻き込まれるリスクを避けるためです。

例えば、日本の法律では、海洋散骨は「葬送の一環」として認められています。ただし、以下の要件を守ることが推奨されています。

散骨場所 公共の用水面から一定の距離を保つこと。人々が観光やレジャーで利用する場所を避けることが大切です。船で沖合に出て、定められた散骨ポイントで遺骨を自然に還します。海岸線付近で散骨するのは禁止されているため、自分で散骨するのはトラブルが発生しやすいです。

粉骨 骨は必ず粉末状にすること。これは環境保護の観点からも非常に重要です。粉状にすることで、自然に戻るプロセスがスムーズになります。

 

散骨業者の選び方

海洋散骨を選んだ人

散骨業者の選び方を考える際に最も重要なのは、信頼性と透明性です。不適切な業者を選ぶと大切な故人の遺灰が希望通りに扱われないリスクがあります。では、具体的にどのようなポイントに注目すべきか説明します。

口コミや評価 実際に利用した人たちの評価や口コミを調べる。
認定や資格 日本海洋散骨協会などの公式機関から認定を受けている業者は安心して依頼できます。
実績が多い 過去の実績や行った散骨の例を公式サイトなどで確認してみましょう。

このようにチェックポイントを確認することで、信頼性の高い業者を見つけることができます。また、個別に相談して見積もりを取り、実際の対応や説明の丁寧さを見極めることも大切です。

最後に、業者とのコミュニケーションが円滑であることも選び方のポイントです。散骨に関わる手続きや準備について不明点がある場合、親切に説明してくれる業者であることが望ましいです。例えば、相談時の対応が迅速で丁寧かどうかを観察することが大切です。

費用の安さだけを重視したり、信頼性やサービスの質を考慮せずに選ぶと、不適切な対応やトラブルが発生する可能性が高まります。信頼できる業者を選ぶことは、散骨の成功と心の平安に直結します。大切な故人のためにも、慎重に検討して最良の選択をしてください。

海洋散骨の実際の手順

海洋散骨の手順

海洋散骨の手順は専門業者に依頼することでスムーズに進行します。これにはいくつかの理由があります。法律や手続きに詳しい専門業者が適切な方法を提供し、トラブルを避けることができるからです。

例えば、遺骨を粉砕する際の細かいルールや、散骨場所の選定などは素人には分かりにくい点が多いため、信頼できる業者に依頼することでこれらの問題を回避できます。

高評価を得ている散骨業者では、以下のような手順が標準的に行われます。

事前相談 具体的な希望や予算に基づいてプランを決定。
必要書類の準備 火葬証明書やその他の必要な書類を用意。
日程調整 天候や海の状況に応じて、安全な日時を決定。
散骨の準備 供養の儀式や遺族の参列の有無を確認。
散骨の実施 適法な地点で、専門スタッフの指導のもと散骨実施。

専門業者に依頼することが最も安心かつ確実な方法です。これにより、遺族も安心して故人を送り出せることでしょう。

 

【海洋散骨】よくある質問と回答

海洋散骨に関心がある方々のために、よく質問される事項についてまとめてみました。これから述べる内容は、散骨にかかる費用から手続き、さらには家族がどのように慰霊を続けられるのかといった具体的な疑問に答えるものです。散骨を考えている方々の不安や疑問解消の一助となれば幸いです。

石原慎太郎の家族は散骨についてどう思っているのか?

石原慎太郎の家族は散骨についてどう思っているのか?
石原慎太郎氏の遺骨が半分はお墓に納骨され、もう半分は海洋散骨されたことが報じられました。このような選択は、故人の遺志と家族の思いがバランスよく反映されたものといえます。

家族がこの決断を下すに至った背景には、故人の意向や敬意を最大限に尊重しつつ、現代的な葬儀方法を取り入れるという思いがあったのでしょう。石原慎太郎氏のような有名な人物でさえも、伝統の墓地への埋葬ではなく、一部を海洋散骨するという選択を受け入れたことで、その選択肢が一般に認知され、受け入れられつつある証拠と言えるかもしれません。

海洋散骨は環境への配慮や墓地不足の問題解決の一助となるとして、その選択肢が広がりつつあります。しかし、これは家族にとって大きな決断であり、愛する家族を送り出す最良の方法を慎重に検討することが重要です。

遺骨の一部をお墓に納め、残りを海洋散骨するという複合的な方法は、伝統と新しい方法の両立を図るうえで有効な手段と言えます。石原慎太郎氏の家族がこの方法を選んだことには、彼らの深い愛情と敬意が込められているのではないでしょうか。

石原慎太郎氏の例を出しながら、自身の家族の故人の葬儀について考えるあなたにとっても、海洋散骨は魅力的な選択肢の一つかもしれません。この記事では、海洋散骨に関する手続きや法規制、業者の選び方などについて具体的に解説していますので、参考にしていただければ幸いです。

海洋散骨にかかる費用は?

海洋散骨にかかる費用は?
海洋散骨にかかる費用は選ぶプランや地域によって異なるものの、おおよそ5万円から30万円の範囲が一般的です。

海洋散骨の費用にはいくつかの要素が含まれます。具体的には、遺骨の粉骨作業、散骨場所への移動費、散骨船のチャーター料金、さらに式典を行う場合のセレモニー費用などが挙げられます。これらの要素が組み合わさって、最終的な費用が決まります。

例えば、散骨を業者に委託する代行散骨プランでは3~5万円程度で済むことがあります。この場合、遺族が船に乗らずに遺骨を預けて散骨を依頼する形式です。一方、遺族が実際に船に乗り、その場でセレモニーを行う乗船散骨プランでは、概ね10万から30万円ほどの費用がかかることが多いです。

通常の墓の建立費用やお寺の管理費に比べると、海洋散骨は経済的にコストがだいぶ軽減される場合が多いです。また、自然に還るという理念にも共感を覚え、費用以上の価値を感じる方も少なくありません。

海洋散骨の費用はプランによって大きく異なるため、自分たちの予算や希望に合ったプランを選ぶことが重要です。事前に複数の業者から見積もりを取ることで、適切なサービスを選びやすくなります。

お墓を持たない海洋散骨後の供養はどうしたら?

お墓を持たない海洋散骨後の供養はどうしたら?
例えば、毎年命日に散骨地点近くの海岸を訪れ、そこで手を合わせるといった方法があります(メモリアルクルーズ)他にも、家庭に故人を偲ぶための祭壇を設置し、写真や思い出の品々と一緒に分骨したお骨を手元供養をすることも一般的です。

手元供養の仏壇

手元供養の仏壇

手元供養の仏壇

散骨後の家族の慰霊方法には多くの方法がありますので、個々の家族の好みに応じた選択が可能です。これには、散骨による慰霊が従来の墓地での供養とは異なるからです。海洋散骨を選んだ場合、物理的に遺骨や墓が存在しないため、家族が集まる場所や慰霊の方法に工夫が必要です。

「具体的な場所がないと供養ができないのでは?」という懸念を持つかもしれませんが、これは必ずしもそうではありません。現代の供養は故人への思いを大切にすることが最も重要とされており、形にとらわれない慰霊が増えてきています。

 

海洋散骨は、環境への配慮や経済的負担の軽減、場所にとらわれない自由さなど、多くのメリットがあります。環境に優しい選択肢として、土地を使用せずに自然に還る形で故人を送ることができます。また、費用面でも伝統的な墓地よりも負担が少なく、シンプルな儀式を通じて個人的で意味のあるセレモニーが可能です。さらに、継続的な管理が不要なため、遠方に住む遺族にも優しい選択です。特に海を愛した故人にとって、希望に沿った最適な方法として魅力的です。

海洋散骨業者3社の比較
当サイトでは日本海洋散骨協会に加入し粉骨工程で六価クロムの無害化処理までしっかり行っているおすすめ業者だけを紹介しています。
最新情報を必ずご確認ください
みんなの海洋散骨
シーセレモニー
ブルーオーシャンセレモニー
散骨場所
全国海域
国内44箇所
ハワイ・グアム
全国海域
ハワイ
個別散骨
242,000円~
メモリアルDVD付属
121,000円~
297,000円~
代行散骨
44,000円~
個別の代行委託散骨
55,000円~
55,000円~
合同乗船
132,000円~
165,000円~
165,000円~
ペット散骨
要問合せ
故人と同時散骨で
+16,500円~
乗船・代行あり
55,000円~
粉骨料金
プラン料金込
+33,000円
※代行散骨では
1柱分無料
+33,000円
土日祝日の
追加料金
なし
+33,000円~
船舶により異なる
+55,000円
小型船舶
定員10名以下
中型船舶以上
定員11名以上
別途お見積り
船上での飲食
(オプション)
要問合せ
船上会食の
プランあり
船上会食の
プランあり
メモリアルクルーズ
要問合せ
サイト内
紹介ページ
みんなの海洋散骨
シーセレモニー
ブルーオーシャンセレモニー
引用元
みんなの海洋散骨
費用相場
※火葬までの費用は除く
初期費用
維持費
後継者
宗教関係
法要
お墓
120~200万円
高い
高い
必要
高い
永代供養
3~100万円
低い
低い
不要
納骨堂
10~100万円
低い
不要
低い
手元供養
500円~60万円
低い
なし
必要
低い
海洋散骨
3~40万円
低い
なし
不要
問わない
自由
樹木葬
5~80万円
低い
なし
不要
低い
ゼロ葬
0円
なし
なし
不要
低い
なし
海洋散骨の知識