本サイトには広告が含まれます
PR

インコの通院バッグの準備と鳥を病院に連れて行くときの保温・保冷法

インコの通院バッグの準備と鳥を病院に連れて行くときの保温・保冷法

ここでいうところの通院バッグは『インコを収納するケース(キャリーかプラケース)+ケースを収納する鞄』のセットを指します。

インコの通院バッグはできるだけインコが快適に過ごせるように考えて用意しましょう。

構造や安全性 しっかりとした構造で、インコがかばんから逃げ出すことがないように注意します。安定した形状であることも大切です。

使いやすさ 簡単に掃除や洗濯ができる素材でできていると扱いやすいです。通院後の清潔さを保つために、汚れや臭いがつきづらいことも大切です。

ポケットや収納スペース インコは移動時に飲食をすることはほとんどないので、インコのおやつや水を持っていくのは最小限でいいですが、温度計や保温・保冷剤、おもちゃなどの小物を収納できるポケットや収納スペースがあると便利です。

持ち運びやすさ 軽量で持ち手やショルダーストラップが付いているものが使いやすいです。長時間の通院の際には、肩にかけて楽に持ち運べるタイプがおすすめです。

落ち着いた見た目 インコが落ち着けるような明るい色や、安心感を与える派手さのない柄がいいです。

インコの通院バッグの中身はキャリーかプラケースか?

インコの通院バッグに入れる鳥の収容ケースはミニキャリーかプラケースが使われることが多いですが、それぞれの特性からキャリーのケージタイプは夏向き、プラケースは冬向き…といえるため、シーズンで使い分けるのが理想的です。

キャリーケースのメリット・デメリット

インコのキャリーケースには【バッグ型】【リュック型】【ケージ型】がありますが、ここでは【ケージ型】の特徴について紹介します。

キャリーケージのメリットは普段過ごしているケージと似た環境で移動ができる点です。

インコ用のミニキャリーの中には普段のケージをコンパクトに再現したものが多いため、通気性が良く、
夏場の通院に向いています。

また、キャリーケージには止まり木がついているものがほとんどで、鳥の足にやさしい仕様になっています。

しかし冬場での単体使用や、インコの体調が悪くて止まり木に止まれない時は、キャリーケージは不向きです。

またケージタイプは通気性に優れている分 保温性が低く、体調の優れないインコを運ぶ時は工夫や配慮が必要となります。

インコのキャリーケースのおすすめ19選!バッグ・リュック・ケージ
この記事を読むと、インコのキャリーケース(バードキャリー)選びの失敗しないポイントとおすすめキャリーとバッグ19種がわかります。「これ選んで失敗したわ」が起こらないようシーン別の選び方のヒントと、キャリーが苦手なインコの克服方法も紹介します。

プラケース(虫かご)のメリット・デメリット

プラケースのメリットは、保温性に優れている点です。プラケースのほとんどは上部にしか空気の通り道がないため、急激な温度の変化を避けることができます。

また、サイズも豊富でインコの体格に合わせたものが比較的安価で手に入りやすく、蓋もしっかりと閉まるものが多いため、インコの飛び出しにも安心です。

しかし、プラケースは保温性が高い分、夏場の使用には注意が必要です。プラケースはプラスチックで側面を覆われているため、蒸れやすいです。

プラケースは従来のカブトムシ育成用から爬虫類用まで様々なタイプが入手できますが、どれも鳥用に使ってOK

プラケースでも止まり木は使えます。据え置き型の止まり木もありますし、プラケースに穴をあけてねじで固定できる止まり木を設置する等カスタマイズを施して使っている人もたくさんいます。

アイリスオーヤマ飼育ランド

透明窓が大きく、日常のお手入れがしやすい。中の観察が楽しくしやすいようにワイドな曲面フォルムのデザインはいかにも「プラケース!」といった感じがせず、おしゃれな見ためで人気があり、サイズはS~3Lまで幅広い。

SANKOクリーンケース

視界が開けていてケース内が明るく、容易に観察できる。持ち運び用の取っ手がついていないが、蓋の上部に積み重ねやすいように枠が付いていてずれないようになっている。

SANKOパノラマ

クリアーで大きな天窓。開放感があり観察しやすくお世話も楽々できる。

ジービー AMC-N 万能ケース

インコの雛や小動物の飼育など何にでも使い勝手の良い万能ケース。掃除の間のペットの一時待機場所などにも。半透明なので
中の様子が見えやすくなっている。

Rainbow プラケース用キャリーバッグ

インコの通院キャリーやプラケースは大きすぎないサイズを選ぶ

体調が優れないインコを病院に連れて行く時には、なるべく小さめのキャリーやプラケースを選ぶのがおすすめです。

外出自体にストレスを感じるインコは多いです。体調の良し悪しに関わらず、移動手段によっては移動中に止まり木から落下したり、ケージが広すぎるゆえに中でパニックを起こして負傷する可能性があります。

キャリーやプラケースを入れる鞄はどんなものがいい?

キャリーやプラケースはそれらがすっぽり入る鞄に入れて移動しましょう。二重にすることで夏は直射日光や病院内の冷房からインコを守り、冬は保温の効果があります。

保温保冷トートバッグを使用すると、夏場の保冷や冬場の保温性を高めることができ、季節問わずインコが快適に過ごすことができます。

大きく口が開くレジカゴバッグならどのキャリーにも対応しやすく便利です。

バッグの開口部が巾着になっているものはインコの目隠しになるため、インコが外の野鳥などを見てパニックを起こすことを予防できます。

内側がアルミになっている保冷バッグは保温にも使えるすぐれものです。

景色が変わることや環境の変化でストレスを感じやすいインコにとっては、鞄でケースを目隠しをすることはストレス緩和に効果的です。

インコは物音や車のライトなどにも敏感で、パニックを起こすと恐怖から逃れるために飛び立とうとして
ケースに体をぶつけて怪我をします。

ケースを鞄に入れれば、予期せぬ出来事からインコを守れます。

インコの通院時のロスト(逃げ出し)対策は万全に!

インコの通院時には、しっかりとロスト対策を行わなければいけません。

キャリーの底外れ対策には、荷締めバンドの使用が効果的です。

ロスト対策に使うバンドはキャリーケース専用のものでなくても、スーツケース用のバンドや一般的な荷締めベルトなどでも代用可能です。

扉開き対策には、ナスカンの使用が便利ですがステンレス製がおすすめです。

インコの通院にプラケースを使用する場合はナスカンをかける箇所がないため、プラケースを洗濯ネットに入れてから鞄に入れると手軽にロスト対策を行えます。

洗濯ネットは大小さまざまなサイズが販売されているので、プラケースに合ったサイズのものをひとつ持っておきましょう。

キャリーでもプラケースでも通院する時に中に水を入れないで【地味に重要】

インコ用キャリーのケージタイプにはエサ入れが付属しているものが多いですが、通院の時は内部に水を入れることは控えましょう。

いちばん問題なのは、こぼれたときです。こぼれた水でインコの体が濡れてしまうと、体を冷やして病状が悪化する危険性があります。

キャリーに揺れのある移動中にインコが食べたり飲んだりすることはほとんどありませんから、よほどの長距離・長時間移動でない限り、移動中のインコの飲食については心配することはありません。

暑い季節の高温や脱水が心配な方は、小松菜などの野菜を入れておけば、水分補給の代わりになります。

インコの病院の連れて行き方!虫かご(プラケース)の保温・保冷法

インコの病院受診といっても単なる健康診断なのか?インコが怪我をしているのか?体調を崩しているのか?それぞれの状況によって注意点が異なります。

インコを病院に連れて行くときの注意点

幼鳥・病鳥・老鳥は移動中のケース内でも28℃~30℃程度の高い温度を保つのが理想的です。

健康な成鳥の健康診断のための通院(体調良好時)であっても、外気温の寒暖差でインコが体調を
崩すことがありますので、25℃程度に温度を調整するのが理想的です。

外出前にプラケースと収納バッグ内の空気を温めておく【必須】

プラケースは鳥を中に入れる30分程前から温めておくことをおすすめします。

またインコの通院バッグ(プラケースを収納する鞄)は風を通しにくい厚手の生地を使用したものが良いです。

車内で暖房が利いていても保温が十分とは限らない!

車移動の際、車内の暖房を利かせていてもインコにとっての保温は十分ではないことがあります。

しっかりとバッグ内の保温を行いましょう。

プラケース内の温度を常に把握する

通院時には センサーコードを使用して室内外の温度をはかることができる温度計を用意しておくと便利です。

dretec(ドリテック) 温度計 O-215WT →温度計のみですが通院時の使用におすすめ!


 

 
センサーコードを使用して、室内外の温度をはかることができます 
室外センサーコードの長さ:3m 
湿度計はありません 
通院などの移動時にキャリー内部の温度を確認するのに重宝します。 
カスタマーレビューより…ケージ内の温度がわかるので、温度調整がしやすい。手持ちの温度計と比べても+-1℃程度なので問題なく使用できています。 
カスタマーレビューより…小鳥さん用に購入しました。病気がちだった小鳥も、今では元気になりました。動物は温度管理が大変ですが、おかげでいちいちケージのなかを確認せずに(特に夜中)済んで重宝してます。
 

インコの通院時の保温・保冷の注意点

幼鳥・病鳥・老鳥の通院では基本的に保温に重点を置きますが、夏場のワンシーズンだけは猛暑時に保冷が必要になる場合があります。

夏場の保冷も温度管理を忘れずに

夏は冬場の保温同様に保冷バッグを使用し、保冷剤を入れることで手軽に冷やすことができます。

ただしこの時も温度計を設置し、冷えすぎていないか?保冷材の冷たい箇所がインコの足に直接触れていないか?など注意して温度管理を行いましょう。

インコの低温やけどに要注意!

冬場の保温はどんな方法を取るかによって注意点が異なります。

保温材をプラケースの下に敷く、または置くタイプのヒーターを使うときは、ケースの床全面が温まらないように、半分くらいスペースを開けておきます。

呼吸で温かい空気を取り入れることが鳥の「保温」です。鳥は足から放熱する生き物なので、人間のように「下から直接あたためる」床暖房的保温は向きません。

特に「足に直接触れて温かい」状況は、低温やけどの恐れがあり、危険です。

ただ現実問題としては…

外出時にはこういうタイプの保温用品しか使えませんので、飼い主さんがインコの様子と温度を確認しながら臨機応変に対応するしかありません。

ケース内に止まり木がなく、インコが床に直におりている場合は、特に床全面を温めないように配慮します。

これは温まらない場所(鳥が暑いと感じたときに逃げられる場所)を設けることで、長時間の同一箇所の過熱による低温やけどを予防するためにも重要です。

使い方を厳重注意すれば使い捨てカイロも使える

使い捨てカイロは便利ですが、インコの通院バッグに使用する場合は注意が必要です。

使い捨てカイロは平均温度が約60℃ですが、最高温度は70℃~80℃近い高温になり、近づけすぎるとインコが火傷をする恐れがあります。

また、使い捨てカイロは空気中の酸素と水分を化学反応させて熱を発する原理により、密閉したバッグの中では酸欠になるおそれがあります。

使い捨てカイロは使い方を誤るとインコの命の危険がありますので、飼い主さんは自己責任で注意しながら臨機応変に利用してください。

インコの通院でおすすめの保温アイテムと使い方の注意点

インコの通院時に常に気を遣うのは温度管理。とりわけ冬季の温度調整で、インコを安全・快適に移動させるにはコツが要ります。

ここではインコの通院時の保温と便利な保温アイテムを中心に紹介します。

通院の移動中も温度管理と確認は必要!温度計は必携アイテム

温度計は100均でも購入可能ですが、キャリーやプラケース内の温度の確認にはケース内外の温度が確認できる温度計が便利です。

センサーをキャリーバッグやプラケース内に設置し、親機で温度を確認することができる仕組みのものがおすすめです。

これならバッグを開け締めしなくても中の温度が確認できるため、バッグの中に冷気が入り込むことを防止できます。

インコケージの温度計おすすめランキング!選び方と設置点のポイント
インコの健康維持には温度管理と寒暖の差の把握が欠かせません。ここではインコケージに設置するのにおすすめの温度計と、温度計設置のポイントを紹介します。

 

お湯を入れたペットボトル

ペットボトルにお湯を入れて使用する際は温度に注意が必要です。湯温が高すぎると普通のペットボトルでは変形します。

必ずホット用のペットボトルに60℃程度のお湯を入れ、タオル等でくるんで使用しましょう。

途中のコンビニで温かい飲み物を買って、タオルに包んでインコの通院バッグに入れるという手もあります。

もちろんこの場合もバッグやケース内の温度確認やインコの様子のチェックを怠らないでください。

玄米カイロ(玄米ホットパック)

電子レンジで繰り返し温めて使える玄米入りのカイロもあります。

やはりこちらも低温やけどの予防のため、鳥が直接触らない範囲での利用に限ります。

湯たんぽ

お湯を入れるタイプの湯たんぽは金属製、樹脂製などで保温時間が異なります。金属製や樹脂製は保温時間が4時間程度と言われています。

また、ゴム製のものは2時間程度と短いですが、ゴム製は氷枕としても使用できるものがあり、夏場の暑さ対策にも使用できる利点があります。

樹脂製の湯たんぽには70℃前後のお湯、その他の湯たんぽには90℃程度のお湯を入れることができますが、高温ですので使用時は厳重な注意が必要です。

ゆたぽん

ゆたぽんは電子レンジで加熱することで心地よい温かさになるジェルタイプの湯たんぽです。ゆたぽんの商品説明には「布団の中で使用した場合その温かさは約7時間持続する」とあります。

ゆたぽんの本体温度は45℃程度と低めですが、付属の専用カバーに入れて使用しましょう。

比較的低温ではありますが過信せず、常にインコに対して注意を払いながら使ってください。

充電式湯たんぽ

これは袋状のやわらかい湯たんぽで、食塩水が入っており、お湯の交換は不要です。15分程度の充電後はコードレスで4時間程度温かい状態を維持します。

充電式湯たんぽの本体表面温度は60℃程度になるため専用カバーなどを使用して注意して使ってください。

USB接続ヒーティングマット

極寒期にはUSB電源に接続し使用できるヒーティングマットも便利です。モバイルバッテリーを持参し、接続することでいつでも使用が可能です。

薄手のマットのため折りたたむことも可能で、バッグ内でも場所を取りません。

こちらの表面温度は40℃程度ですが、長時間直接インコが触れることは避けましょう。

プラケースの底面に設置する場合は、ヒーティングマットが当たるのは半分くらいのスペースに留め、インコ自身が暑いと感じた時に逃げられる場所を作ることが絶対条件となります。

ハッピーインコライフ
▶インコ飼育本のおすすめ

鳥のお医者さんの「発情」の教科書

インコ・オウム、文鳥など、飼い鳥の発情について最新の情報を記載した初の書籍。鳥の専門医によるわかりやすい解説で、産卵や発情に伴う攻撃性上昇など、飼い主さんを悩ませる発情の問題を詳しく・具体的に深掘りします。
 
1章 鳥の体・性の話 
2章 発情期を理解しよう 
3章 発情抑制につながる暮らし方 
4章 ホルモン療法薬による発情抑制 
5章 発情に関連する病気
 
巻末付録:20鳥種別!発情抑制対策・お役立ちシート ご自宅の鳥さんの発情対策の具体的な数字がわかる!目安体重、1日の食事量、日長のタイプ、オス・メス別の発情行動の特徴などを20鳥種ごとに分けて記載。

インコのための最高のお世話

とても奥深く、人を魅了してやまないインコの世界。本書は、インコとはどんな生きものなのか、インコの気持ちを理解し、いっしょに幸せに暮らしてもらうための1冊です。
 
「インコはどんなときに飛びたくなるの?」「何をつぶやいているの?」「どうして高いところからおりてくれないの?」インコの行動には理由があります。インコの気持ちに寄り添い、行動を理解し、幸せに暮らしてもらえるよう最新の情報を踏まえ、最高のお世話を紹介しました。
 

オカメインコとともに

オカメインコと暮らし続ける著者による、オカメインコを知り、ともに生きるための指南書。これから暮らす人からベテラン飼い主さんまで。
 
私はオカメインコと暮らし始めて12年になりますが、オカメインコの魅力や鳥同士、人との関係性や心理についても丁寧に書かれている上、老いや病気についても触れており、自分の飼育についての新たな気づきや振り返りをする事が出来て良かったです。ページ数は多いですがイラストや写真も多く、何度も繰り返し読みたくなる本です。

鳥のお医者さんのためになるつぶやき集

インコ、オウム、文鳥など、愛鳥のことがもっとよくわかる!鳥の飼い主さんなら知っておきたい、お世話のコツや鳥の心・体・病気のことを、鳥医療のパイオニア・横浜小鳥の病院院長の海老沢先生が詳しく解説します。
 
Twitterで発信される著者ならではの鳥の飼育・医学情報を1冊にまとめました。Twitterの文字制限にはおさまらない書き下ろし原稿がぎっしり。
 
鳥さんの健康記録ノート

長生きする鳥の育てかた: 愛鳥と末永く幸せに暮らす方法、教えます

愛鳥に元気で長生きしてもらうために。飼いはじめたときから知っておきたい、体・心のケアと「バード・ライフ・プランニング」のススメ。
 
愛鳥を短命にする要素を一つずつ取り除いていくことで、長生きが見えてきます。また、健康診断や緊急時の対応など、鳥の医療をどう活用するかも、長寿をめざす鳥にとっては大切な要素になります。これらのケアについて、またリスクやそれにどう対応すればよいのかを詳しくまとめました。

 

インコのひみつ

周りから浮かないように空気を読んで振舞ったり、相手を束縛するほど激しい恋に落ちたり、チヤホヤされたくて仮病を使ったり…。飼い鳥として最も身近なインコには、実は驚くほどの「脳力」があり、まるで人間と見紛うような複雑な心理を持っています。知っておきたい健康管理術から気持ちを読み取る方法、インコの本当の幸せまでを科学の目線で解き明かします。
 
「自由にさせてもかまわない部分は、あまり干渉せず、好きにふるまわせる。インコがもつ心と意思を大切にする。ケージから外に出られる放鳥時間はあっても、かなりの時間を安全なかわりに不自由でもあるケージですごしてもらわなくてはいけないインコだからこそ、その心や意思をちゃんと尊重するべきだと、思っています」これこそ、人間とインコが同じ場所で同じ時期を生きる共生の思想なのです。
 

必ず知っておきたいインコのきもち 増補改訂版 幸せな関係を築く58のポイント

インコの素晴らしさは、飼ってみないとわからないでしょう。そして、インコほど「愛にあふれている」素敵な生き物はいないと私は思っています。この本は飼い方よりもインコの気持ちを中心に書かれています。インコではない私たちが、インコの気持ちを正確に書くことはできませんが、愛鳥家の皆様からいただいた素敵な写真から、インコの表情や感情を感じ取りながらお読みいただけたら、とても楽しいのではないかと思います。
 
※ 本書は 2019年2月発行の「必ず知っておきたい インコのきもち 幸せな関係を築く50のポイント」を元に内容を確認し加筆・修正をしたほか、項目の追加および再編集をし、書名・装丁を変更しています。