本サイトには広告が含まれます
PR

インコのおもちゃを100均で買うな!命にかかわる「べからず」集

インコのおもちゃを100均で買うな!命にかかわる「べからず」集

愛鳥のおもちゃに「何を選ぶか」は インコの寿命の明暗を分ける大問題です。おもちゃは基本的に消耗品ですから高価なものである必要はありませんが、「まとも」で「安全」なものを選んでください。

これはあなたの愛鳥の長寿に直結している由々しき問題です。100均のテキトーなものを選ぶとインコが急死します。

インコのおもちゃに100均御用達…という人が多いようですが、今すぐやめましょう。

100均ものはインコの亜鉛中毒のリスクが高い

インコのおもちゃは「種類」だけでなく「素材」に注意して「安全」なものを選ぶことが先決です。

インコはおもちゃを口に入れるので、100均の小物をおもちゃにすると亜鉛中毒をおこすリスクが高いです。

金属中毒は命に関わる見えない脅威

インコのおもちゃの金属パーツには鉛や銅など、インコの体内に入ると中毒症状を起こす物質が含まれていることがあります。

口に入れたりかじって遊ぶことで体内に亜鉛が取り込まれて金属中毒を起こします。

注意すべきは金属製品だけに限った話ではありません。金属だけでなく、塗料の中にもインコに有害な鉛・亜鉛が含まれているものがあります。

100均で売ってるペット用品はカラフルなものも多いですよね。見た目がかわいくても中身は…(怖)

市販のインコ用のおもちゃは金属部分が総ステンレス製でない限り、金属中毒に配慮されているとは言えません。

小さな金属製のチャームや塗装された鈴や金属製のおもちゃには、鉛・亜鉛などの有害金属が含まれている可能性があります。

特に100均で売っている鈴やキーホルダー、ストラップ小物類の金属部分や塗装では、インコが金属中毒を起こす確率が非常に高いです。

「100均でちょうどいいインコのおもちゃを見つけた!」という人をSNSでよく見かけますが、

「ちょうどいい」のはサイズだけ。それ、ほとんどがレッドカードでやばいよ。

インコのおもちゃは少なくともペットメーカーが製造し「小鳥用」と表示して販売しているものを選んでください。たとえ「小鳥用」とあっても、100均では買わない方が無難です。

金属中毒を起こして処置が遅れたら、インコがお星さまになってしまいます。「そんなの知らなかった」ではすまないのです。

何とか命が助かったとしても、両足が麻痺して動けなくなるなどの重篤な後遺症が残る場合もあります。

ちなみに、すべての金属部分を総ステンレス製にしている小鳥用のおもちゃメーカーでおすすめはアロハヘブンです。

100均の器で水を飲んだインコが金属中毒!?

これはおもちゃではありませんが、某100均の陶磁器に入れた水を飲んだインコが金属中毒を起こした例もあります。器から鉛が溶けだしたのです。

陶磁器に使う釉薬はで溶かしやすいのです。釉薬が溶けやすければ、その分の光熱費を節約できるので、中国製は鉛を多用しているようです。

これが100円で売っても赤字にならないからくりのひとつです。

陶磁器の焼成温度が低ければ(=光熱費を削減していれば)器から鉛が溶けだす危険性が高くなります。そのせいでインコの飲み水で金属中毒が起きたのだと思われます。

これはインコどころか、人間にも相当ヤバいレベルですが、知らない人が多いです。

中国製は想像以上にヤバいのです

こんな情報は目新しいものではないので、すでに知っている人には今さらジローな提言ですが、安さだけで100均商品を選ぶのはやめましょう。

人もインコも寿命が縮みますよ。

インコが舐めるもの・かじるものは全ておもちゃと捉えるべし

おもちゃではないですが、5円玉や500円玉硬貨には亜鉛が含まれていますし、10円玉硬貨は銅が含まれています。

お金はきれいなものではないのでおもちゃにさせる人はいないでしょうが、目を離したすきにインコは何でもおもちゃにしてしまうので注意が必要です。

亜鉛も銅も鳥には有害で金属中毒を起こします。硬貨で遊ばないようにしてください。

ナスカンだってインコは舐めたりかじったりしますけれど  こんなこともあるのです。

インコの金属中毒症に対する2つのリスクヘッジ

金属中毒予防のためには、インコ用品にステンレス製を選ぶ
放鳥中にインコから目を離さない

これらは言うまでもなく徹底すべきことですが(でも意外とできてない)

インコのおもちゃの金属部分をステンレスに変える。
インコの鳥かごを銀メッキケージからステンレスケージに変える。

これらの対策を徹底することが 現実的かつ賢明な金属中毒の予防になります。

▶ステンレス製のインコ用品
「▶ステンレス製のインコ用品」の記事一覧です。

 

インコが鈴をかぶる!?ベルのおもちゃのおすすめと注意点

鈴(ベル)の音を喜ぶインコも、インコがベルをつつく姿もほほえましく思う飼い主さんが多いです。

鈴やベル、マラカスなどの音が鳴るおもちゃのメリットはインコをノリノリにして気分上げるだけではありません。

音が鳴るおもちゃは「おもちゃで遊んでいるな」が音だけでわかる…つまり今日もインコが元気なのか?ご機嫌で過ごしているのか?などの確認のめやすになり、飼い主さんの安心感にもつながる便利なアイテムでもあるのです。

ベルは音を楽しむアイテムなのですが、鈴をインコにかぶってほしくて、わざわざベル付きおもちゃを購入する飼い主さんもいたりします。

インコ的には、頭がかゆかった時にベルが当たったら掻いてるみたいで気持ちよかったとか、カキカキしてくれる相手がいないからその代わりのセルフカキカキ…と考えているのだと思います。

でもまるで帽子をかぶっているように見えるその姿は、やっぱりかわいくてウケますよね。

インコのおもちゃに鈴を使う時の注意点!鈴はケガをしやすいので要注意

金属製の鈴はインコが怪我をする可能性がありますから、鈴を使うならプラスチック製を選んだ方がいいです。

ラッパ型のベルを選ぶべし!鈴の細長い孔に舌や足指が挟まるのが危険!

ベル

鈴は英語ではベル(bell)の他に「鈴」に該当する表現がないため英語圏では 鈴=ベル です。

日本人にはラッパ型のベルのことも「鈴」と呼ぶ人が多いですが、この記事では「鈴」と「ベル」は別物扱いしていることを予めご了承ください。

そしてこの記事で紹介するのはカップ(ラッパ)状の形をしたベルのおもちゃであり、鈴を使ったものではありません。

細長い孔があって内部に小さな球を入れて鳴らす金属製の「鈴」を使ったおもちゃはおすすめできません。

鈴にはプラスチック製のものもあります。プラスチックであれば金属製の鈴よりはケガをする確率は低いですが、鈴の形状からして、細長い孔にインコの舌や足指が挟まることはよくあることです。

インコは幼児と全く同じで、ちょっとした隙間に体の一部を入れようとしますし、飼い主(大人)が想像しないような行動をとることもしばしばあります。

なのでどんなおもちゃを与えるにしても、気を抜かずに観察を継続することが大切です。

さらに、金属製の鈴は、ステンレス製であろうとなかろうと事故の危険性がありますから、今お持ちのおもちゃに鈴がついているなら外しておくか、ベル(できればステンレス製の)に交換した方が良いです。

鈴にあいている細長い孔のふちを舐めたインコの舌が切れる事故は珍しくありません。想像しただけで痛くて怖くなるでしょう?

 

インコのおもちゃのステンレスパーツは別売で入手可能

インコのおもちゃとして販売されているものはおおむね安全性が高いと考えられますが、金属中毒の予防を徹底したい方はステンレス製のベルを選んでください。

ステンレス製のベルは別売パーツで入手できます。鳥の金属中毒を心配しているくらいなら、ステンレスベルに付け替えることをおすすめします。

ALOHA HEAVEN ( アロハヘブン ) / ステンレスベル & ステンレスリング

うちのセキセイインコちゃんブランコに付いたベルが大好きです。金属中毒になったら怖いなと安心のステンレスに交換しました。とってもきれいな音がします。インコちゃんも気に入ってくれて、頭にかぶったり、お顔を突っ込んでお喋りしたり、頭やお顔をカキカキに使ったりしています。

うちのコザクラインコ用に購入しましたが、元々鈴が好きみたいでよく嘴で揺らして遊んでいるので、亜鉛中毒がこわくてステンレスの鈴を探してました。音が高くてちょっと風鈴みたいでとてもきれいな音色です。
引用元:ALOHA HEAVEN アロハヘブン ステンレスベル & ステンレスリング

ALOHA HEAVEN アロハヘブン / オリジナル ステンレス ベル

オモチャを水洗いしたときに付属のベルに錆が出てしまったので交換用に買いましたが、音がとても良くてビックリしました。もちろん錆びもでないし、うちのコザクラさんも気に入っているようなので、順次交換中です。

今まで使っていたベルはステンレス製ではなかったので、たまにすごく舐めている時がありました。美味しい物を食べるといつも「うまうま」と言うのですが、ベルを舐めている時も「うまうま」言っていたので、ちょっと怖いなと思い、ステンレスに換えました。インコには関係ないかもしれませんが音がすごくいいです。
引用元:ALOHA HEAVEN アロハヘブン/ オリジナル ステンレス ベル

ステンレス ナスカン

ステンレス リングキャッチャー

オモチャをケージにぶら下げるのに便利なステンレス製のリングキャッチャーです。

.

インコのおもちゃ事故にご用心!思いがけない落とし穴がたくさんある

ストレス解消のためにインコのおもちゃは必要ですが、安全性が高いと思われるおもちゃでも気をつけて与えないと命にかかわる事故につながることがあります。

インコの頭や足がヒモやロープに絡まる

紐やロープが輪っか状になっているとインコの頭や足が輪に挟まったり、インコがパニックに陥ってケガをしたり、窒息する危険性があります。

輪っかになっている部分があったら取り除く。
長いロープはほどけて輪っかが出来てしまわないように、結び目をいくつか作っておく。

インコの誤飲事故やケガの発生は多い

おもちゃのビーズなどの小さなパーツが遊んでいる間に取れてしまったりすると、そのパーツを誤飲することがあります。

誤飲が原因で窒息や腸閉塞を起こしたり、壊れたおもちゃの破片でケガをすることもあります。

ロープパーチを噛みちぎって誤飲した死亡事例もあります。そのものには問題がなくても、インコはかじったり破壊したりします。要注意です。

小さなパーツはあらかじめ取り外しておく。
劣化や壊れかけたおもちゃは、早めに新しいものに買い替える。
かじるおもちゃを与える時は丈夫な素材でできている物を選ぶ。

インコが隙間にはまる・挟まる事故も多し

チェーンリングのような少し隙間があるおもちゃは、その少しの隙間にくちばしや舌が挟まってしまう可能性があります。

また、足が挟まる構造をしていたり首がはまってしまう造りのおもちゃもあります。

インコは幼児と同じで飼い主(親)には予想もつかない遊び方をすることがよくあります。

インコは羽毛でおおわれているので体形が分かりにくいですが、飼い主には思いもよらない小さい隙間でもはまってしまいます。

インコが目をつけそうなすきまにも注意を払うようにしましょう。

 

ハッピーインコライフ
▶インコ飼育本のおすすめ

鳥のお医者さんの「発情」の教科書

インコ・オウム、文鳥など、飼い鳥の発情について最新の情報を記載した初の書籍。鳥の専門医によるわかりやすい解説で、産卵や発情に伴う攻撃性上昇など、飼い主さんを悩ませる発情の問題を詳しく・具体的に深掘りします。
 
1章 鳥の体・性の話 
2章 発情期を理解しよう 
3章 発情抑制につながる暮らし方 
4章 ホルモン療法薬による発情抑制 
5章 発情に関連する病気
 
巻末付録:20鳥種別!発情抑制対策・お役立ちシート ご自宅の鳥さんの発情対策の具体的な数字がわかる!目安体重、1日の食事量、日長のタイプ、オス・メス別の発情行動の特徴などを20鳥種ごとに分けて記載。

インコのための最高のお世話

とても奥深く、人を魅了してやまないインコの世界。本書は、インコとはどんな生きものなのか、インコの気持ちを理解し、いっしょに幸せに暮らしてもらうための1冊です。
 
「インコはどんなときに飛びたくなるの?」「何をつぶやいているの?」「どうして高いところからおりてくれないの?」インコの行動には理由があります。インコの気持ちに寄り添い、行動を理解し、幸せに暮らしてもらえるよう最新の情報を踏まえ、最高のお世話を紹介しました。
 

オカメインコとともに

オカメインコと暮らし続ける著者による、オカメインコを知り、ともに生きるための指南書。これから暮らす人からベテラン飼い主さんまで。
 
私はオカメインコと暮らし始めて12年になりますが、オカメインコの魅力や鳥同士、人との関係性や心理についても丁寧に書かれている上、老いや病気についても触れており、自分の飼育についての新たな気づきや振り返りをする事が出来て良かったです。ページ数は多いですがイラストや写真も多く、何度も繰り返し読みたくなる本です。

鳥のお医者さんのためになるつぶやき集

インコ、オウム、文鳥など、愛鳥のことがもっとよくわかる!鳥の飼い主さんなら知っておきたい、お世話のコツや鳥の心・体・病気のことを、鳥医療のパイオニア・横浜小鳥の病院院長の海老沢先生が詳しく解説します。
 
Twitterで発信される著者ならではの鳥の飼育・医学情報を1冊にまとめました。Twitterの文字制限にはおさまらない書き下ろし原稿がぎっしり。
 
鳥さんの健康記録ノート

長生きする鳥の育てかた: 愛鳥と末永く幸せに暮らす方法、教えます

愛鳥に元気で長生きしてもらうために。飼いはじめたときから知っておきたい、体・心のケアと「バード・ライフ・プランニング」のススメ。
 
愛鳥を短命にする要素を一つずつ取り除いていくことで、長生きが見えてきます。また、健康診断や緊急時の対応など、鳥の医療をどう活用するかも、長寿をめざす鳥にとっては大切な要素になります。これらのケアについて、またリスクやそれにどう対応すればよいのかを詳しくまとめました。

 

インコのひみつ

周りから浮かないように空気を読んで振舞ったり、相手を束縛するほど激しい恋に落ちたり、チヤホヤされたくて仮病を使ったり…。飼い鳥として最も身近なインコには、実は驚くほどの「脳力」があり、まるで人間と見紛うような複雑な心理を持っています。知っておきたい健康管理術から気持ちを読み取る方法、インコの本当の幸せまでを科学の目線で解き明かします。
 
「自由にさせてもかまわない部分は、あまり干渉せず、好きにふるまわせる。インコがもつ心と意思を大切にする。ケージから外に出られる放鳥時間はあっても、かなりの時間を安全なかわりに不自由でもあるケージですごしてもらわなくてはいけないインコだからこそ、その心や意思をちゃんと尊重するべきだと、思っています」これこそ、人間とインコが同じ場所で同じ時期を生きる共生の思想なのです。
 

必ず知っておきたいインコのきもち 増補改訂版 幸せな関係を築く58のポイント

インコの素晴らしさは、飼ってみないとわからないでしょう。そして、インコほど「愛にあふれている」素敵な生き物はいないと私は思っています。この本は飼い方よりもインコの気持ちを中心に書かれています。インコではない私たちが、インコの気持ちを正確に書くことはできませんが、愛鳥家の皆様からいただいた素敵な写真から、インコの表情や感情を感じ取りながらお読みいただけたら、とても楽しいのではないかと思います。
 
※ 本書は 2019年2月発行の「必ず知っておきたい インコのきもち 幸せな関係を築く50のポイント」を元に内容を確認し加筆・修正をしたほか、項目の追加および再編集をし、書名・装丁を変更しています。