インコの卵詰まり対処法からのペレット切り替え2週間チャレンジの話

これはセキセイインコの飼い主さんの寄稿です

事の発端はセキセイインコ(2歳・サクラ)の産卵トラブルでした。

これはその卵詰まりをなんとか乗り越えたときのエピソードです。

  1. インコの卵詰まり対処法からのペレット切り替え2週間チャレンジの話
    1. インコが卵詰まりしてるのに元気!餌を食べるしフンも普通に出るって一体!?
    2. 卵詰まりの対処法としてひまし油を注入してみたが…
    3. 「鳥のビタミン剤を与えてみて」と獣医からアドバイスされて
    4. 栄養不足でインコが卵詰まりに!?
  2. 試行錯誤の15日間!我が家のペレット切り替え大作戦
    1. ペレット切り替え初日…【ペレット5:シード5】「ペレット=食べ物」と認識した
    2. ペレット切り替え2日目…【ペレット2:シード8】ペレットをほとんど食べず
    3. ペレット切り替え3日目…【ペレット6:シード4】空腹で少しだけペレットをついばむ
    4. ペレット切り替え4~5日目…【ペレット7:シード3】3日目と同じ量しかペレットを食べず
    5. ペレット切り替え6~12日目…ペレットをミルで粉状にしてリンゴペーストに混ぜたら完食
    6. ペレット切り替え11日目…ZuPreemのフルーツブレンド Sパラキートを購入
    7. ペレット切り替え13日目…【ペレット6:シード4】フルーツブレンドをぺろりと完食
    8. ペレット切り替え14日目…【ペレット8:シード2】フルーツブレンドを完食
    9. ペレット切り替え15日目…フルーツブレンド100%でも完食!ペレット切り替え作戦成功!
    10. 「ペレット=食べ物」の認識があれば お気に入りの味を探すだけで切り替えできるかも!

インコの卵詰まり対処法からのペレット切り替え2週間チャレンジの話

インコの卵詰まり対処法

ある日、セキセイインコのサクラが 明らかにお腹に卵を持っているのに産み落とせない、いわゆる「卵詰まり」に陥りました。

卵詰まりはよくあるトラブルのひとつなのですが、私はこれを自分で解決できるだろうと、初めは高をくくっていました。

インコが卵詰まりしてるのに元気!餌を食べるしフンも普通に出るって一体!?

インコの卵詰まり対処法

それは以前にもサクラが卵詰まりを起こした時に自分で解決したことがあったからで「今回も大丈夫だろう」と楽観的に考えていたのですが、今回は前回とは少し様子が違っていました。

卵詰まりしているのに サクラは普通に餌を食べていますし、フンも普通にしていたのです。

あれ、今回は大したことはないのだろうか?

…と初めは様子見だったのですが、時間が経過するにつれて次第に不安に駆られてきました。

お腹の中の卵はどうなっているんだろう?サクラはけろっとして餌を食べているが、このままにしておいて大丈夫なのか!?

卵詰まりの対処法としてひまし油を注入してみたが…

インコの卵詰まり対処法

そこで私が解決に向けてやってみたことは、ひまし油をサクラのお尻から注入する方法です。

以前にも卵詰まりを起こした時にはこの方法を試みることで問題なく卵を産み落としたのです。

しかし今回はこれが通用しませんでした。

それで慌てて別の手法を試みようと考えたのですが、インコの本には「インコ自身が食事をしていてかつフンが出ているのであればまだ大丈夫」といった内容の記載がありましたから

そうなのか。じゃあまだ大丈夫だろうな。

…と思い直してもうしばらく様子を見ていたわけですが、時間が経つにつれてまた不安に駆られ始めました。

実はサクラの前にいたセキセイインコを卵詰まりで亡くした経験があって、それがフラッシュバックしてきたのです。

家族で話し合った結果「これはやっぱり獣医に相談したほうがいいだろう」という方向で話が進み、かかりつけの獣医にどんな対処をしたらいいかを 電話でたずねてみることにしました。




「鳥のビタミン剤を与えてみて」と獣医からアドバイスされて

インコの卵詰まり対処法

サクラの状況を詳しく伝えていると、獣医から思いがけない言葉が。

鳥のビタミン剤を持っていますか?
え?ああ、インコ用のマルチビタミン剤はありますけど?
じゃあ、まずはそれをインコに与えてみてください。それでもう少し様子をみてみましょうか。

獣医に言われるままに ビタミン剤を水に溶かした水をサクラに飲ませてみました。

すると1時間後に サクラはけろっとした顔で卵を産み落としました。

たったそれだけのことでサクラが産卵したことにも驚きましたが、その卵の変形したいびつな形にもギョッとしました。

ケージの床に転がっているいびつな卵を 産み落としたサクラ自身が「自分が生んだ認識」がないような顔をしてスルーしてました。

栄養不足でインコが卵詰まりに!?

インコの卵詰まり対処法

この後、サクラとそのいびつな卵を持って動物病院に向かい、サクラを診察してもらうことにしました。

餌を食べていて排せつが普通にできるということだったので ビタミン剤を補うことで自然に排出可能だろうと思ったんですよ。ビタミンやカルシウムが不足すると こういうおかしな卵ができたり、親には産み落とす力が入らなかったりするんです。

その産み落とした卵をサクラ自身が捨ててほしかったのか?

サクラは目の前に置かれた卵を攻撃しはじめたので すぐに取り上げて廃棄しました。

サクラも「この卵は孵らない」とわかっていたのでしょう。

以前に産卵した際、セキセイ夫婦から私が卵を取り上げたことがあったのですが、つがいのセキセイインコのオスに激しくつつかれ攻撃されたことがあったのです。

しかし今回は両者ともに「この卵はアカンやつや」という方向で事の事態を理解していたのでしょうか。

私が目の前で卵を取り上げて廃棄しても シレッとした反応で 何もしてこなかったですね(笑)

インコの卵詰まり対処法

ビタミンDは、カルシウムの働きを調節するビタミンです。カルシウムやリンの腸管吸収を促し、骨形成を促進する働きをします。紫外線を浴びることによりビタミンDは、体内で7‐デヒドロコレステリンから合成することができますが、多くの家庭で日光浴は十分にできていないため、不足しがちになります。

不足すると幼若鳥では、骨の成長障害を起こしクル病を起こします。また不足した状態での過産卵は骨軟化症を引き起こします。過剰になると、血中のカルシウム濃度が高くなるために、腎臓にカルシウム沈着が起こり、腎 症を引き起こします。また動脈にカルシウム沈着が起こり動脈硬化を起こすこともあります。
引用元:横浜小鳥の病院

インコの産卵トラブル(卵詰まり・軟卵・卵管脱 その他)
「インコの産卵トラブル(卵詰まり・軟卵・卵管脱 その他)」の記事一覧です。

卵詰まりは場合によっては命にかかわるトラブルなので、問題なく産卵できてほっとしましたが「栄養不足は怖いものだ」と痛感しました。

うちのセキセイインコの餌はシードなので一応ビタミン剤を持っていましたが、実は普段はあまり使っておらず…それがこの事態を招いた一因でもあります。

これを機にセキセイインコの餌をシードからペレットに変更することを決め、私とセキセイインコの試行錯誤対決が始まったのです。




試行錯誤の15日間!我が家のペレット切り替え大作戦

インコの卵詰まり対処法

私は以前にセキセイインコに関するヴールシュレーガーさんの本を読んだことがあります。

そこには「セキセイインコが好むシードや野菜などでも十分に栄養が摂取できる」とあったので、私はペレットを一切与えていませんでした。

そしてサクラの卵詰まりの一件で獣医から

栄養が偏りぎみだから、餌をペレットに切り変えた方が良いでしょう。

…と言われたことで、私は「ペレット切り替え作戦」の決行を決意したのでした。

サクラの体調が回復したタイミングを見計らって 私はペレット切り替えを実行に移しました。

数あるペレットを調べたところ、動物医薬メーカーと開発したという黒瀬ペットフードの「NEO 超小粒タイプ」というのを見つけました。

ペレット切り替え初日…【ペレット5:シード5】「ペレット=食べ物」と認識した

インコの卵詰まり対処法

国産という安心感も手伝って「NEO 超小粒タイプ」を購入し、早速我が家のセキセイインコに与えてみたのですが、全く食べてくれません。

セキセイインコたちはペレットをじーっと見たり、餌入れに足をいれてみたり、口でつついたりしてみたりはするのですが 食べることはしませんでした。

これはまずいよ…と思い、シードも一緒に入れて混ぜて ペレットとシードの5:5のブレンドを用意してみました。

しかしペレット初日はシードをより分けて食べて、ペレットはほとんど食べないという結果に終わりました。

でも全くペレットを口にしなかったわけではなく、ほんの少しはペレットを食べていたのです。

ということは セキセイインコが「ペレットを食べられるもの」と認識してくれた証拠だ。

…と思った私は ペレット初日としては十分な成果だったと考えることにしました。

ペレット切り替え2日目…【ペレット2:シード8】ペレットをほとんど食べず

もしかしたら 昨日は空腹に耐えかねて「背に腹は代えられぬ」と思ったのかもしれないな。いきなり食べなれないものを沢山与えられたらインコも混乱するだろうな。

…と思い直した私は ペレットとシードの2:8の割合のブレンドを作りました。

すると、ペレットはほとんど食べませんでした。

やっぱり昨日ペレットを少し食べてくれたのは そういうことだったか…。

ペレット切り替え3日目…【ペレット6:シード4】空腹で少しだけペレットをついばむ

そこでペレット3日目には ペレットとシードが6:4のブレンドを作ってみました。

すると残しはしたものの ペレットもある程度は食べてくれました。

ペレット切り替え4~5日目…【ペレット7:シード3】3日目と同じ量しかペレットを食べず

これに安心して4日目には ペレットとシード7:3の割合のブレンドを作りましたが、餌入れのペレットは3日目とほぼ同じ量が残っていました。

あまりお腹が空いていないのかなあ?

…と思って2日間ほど同じ割合のブレンドを用意しましたが、相変わらずペレットを食べる量は増えませんでした。

ペレット切り替え6~12日目…ペレットをミルで粉状にしてリンゴペーストに混ぜたら完食

インコの卵詰まり対処法

このままではまずいな。全然ペレット切り替えが進まないじゃないか。

…と思った私はペレットをミルで粉状にし、ペースト状にしたりんごと混ぜてみました。

すると、セキセイペアはこれをいたく気に入ったのか りんごも混ぜた粉ペレットも両方とも平らげたのです。

ペレット切り替え11日目…ZuPreemのフルーツブレンド Sパラキートを購入

インコの卵詰まり対処法

この方法でペレットを食べてくれるようになってきましたが、飼い主としてはペレットをシードのように主食として食べてほしいところなのに、数日経っても普通のペレットは少ししか食べてくれません。

これは…このペレットの味がよほど気に入らないんじゃないか?

…と考えた私は 別のペレットを探してみることにしました。

そこで目に入ってきたのが ZuPreemのフルーツブレンド Sパラキートです。

ズプリーム フルーツブレンドS

天然フルーツを練り込んだインコ専用ペレット。バナナ、オレンジ、アップル、グレープのフルーツの香りが食欲を増進させます。Sサイズはセキセイインコサイズの鳥にぴったりですが、オカメインコもフルーツブレンドのSサイズを好む子がとても多いです。
 
うちの子は、こちらが一番好きなので、在庫無しにするわけにはいきません。またこちらのミニパックは使い切りやすいので、こちらが販売されている時は絶対ミニパックの方を選びます。
オカメインコを飼っていますが、オカメインコ用のサイズだと粒が大きいようでうまく食べられず散らかるので、こちらを与えています。いろいろなメーカーのペレットを与えてきましたが、一番食いつきが良い気がします。

ペレット切り替え13日目…【ペレット6:シード4】フルーツブレンドをぺろりと完食

インコの卵詰まり対処法

ZuPreemのフルーツブレンド Sパラキートは ペレットには無臭のものが多いなか、あえてフルーツの風味を加えたペレットです。

このペレットをシードと6:4のブレンドで食べさせたところ、驚くことにセキセイ夫婦はぺろりと全部食べてくれました。

ペレット切り替え14日目…【ペレット8:シード2】フルーツブレンドを完食

よほど味が気に入ったのか、翌日は最低目標であったペレットとシード8:2のブレンドにしたところ、こちらもなんなくクリアしました。

ペレット切り替え15日目…フルーツブレンド100%でも完食!ペレット切り替え作戦成功!

そしてその翌日には 思い切ってフルーツブレンドペレットを100%にして出してみたところ、見事に完食してくれました。

お気に入りのペレットを見つけた私のセキセイインコは 2週間強でペレットへの切り変えが完了したのでした。

「ペレット=食べ物」の認識があれば お気に入りの味を探すだけで切り替えできるかも!

インコの卵詰まり対処法

人間の目から見てもペレットはおいしそうなものには見えませんが、これを食べる当の鳥たちはなおさらそのように感じているでしょう。

それまでシードしか食べてこなかった鳥ならなおさらです。

ですがペレットがすべてまずいものとは言い切れません。私のセキセイインコのように味や風味が気に入れば すんなりとペレットに切り替えできることもあります。

私は自分の体験から、ペレット切り替えがうまくいかないからとすぐに諦めてしまうのはとてももったいないことだと思います。

もし少しでもインコがペレットを口にしているのであれば、ペレット切り替えがあと一歩のところまで来ているかもしれないのです。

そういうときには数種類のペレットを試してみることをおすすめします。

うちの子のお気に入りや「これなら食べられる!」が見つかれば、意外とすんなりペレット切り替えできるかもしれませんよ。

子どもの頃に実家にいたオカメインコとの出会いからすでに40年超。未だ彼らへの愛と興味が尽きず「オカメインコ愛好家」の立ち位置から情報発信するyamaki がこのブログの中の人です。
 
ここには鳥ブログあるあるな「うちの子自慢」や「かわいいでしょ♪アピール」はありません。鳥の飼育本を丸写ししただけの机上の空論解説や、繁殖した雛の販売目的の宣伝PRもありません。鳥と飼い主のQOL向上(健康に楽しく)が目的のコンパニオンバードブログです。
 
フィンチとインコでは飼育に異なる点がありますが 小型~中型インコには共通項が多いことから、オカメインコだけに限らず中型までのインコ・オウム飼育に役立つ内容を更新していきます。