ベタ慣れインコ養成講座中級編!インコに嫌われた理由は鳥の遊びへの認識不足

インコの遊びはヒトが余暇を楽しむ遊びとはまったく違うもの。

インコの行動は本能や習性から来ているもの多いので、生活のすべてが遊びに通じています。

つまり人とは違って、インコは遊ぶことが生きることそのものです。

ベタ慣れインコ養成講座!インコに嫌われた理由は鳥の遊びの認識不足

インコに嫌われた

インコ・オウムと仲良くなるためには、インコのその遊びが本能からくるものなのか、それとも習性からくるものかを飼い主の方が常に意識しながら、インコの遊びに付き合ってあげる必要があります。

インコとの遊び方がわからない!

…という人は、まずはインコの遊びを理解することから始めてください。

べたなれまで、きっとあと一歩のところまで来ています。

たとえばフォージングトイを使って一緒に遊ぶのも良し。

クリッカーを使って簡単な芸を教えて一緒に楽しんだり、ボールを使った人と鳥との共同遊びなどもおすすめです。

クリッカートレーニングでインコとの遊びと芸と強い絆をゲットした話
手乗りなのに「おさわり禁止」なよそよそしてセキセイインコとの距離を縮めるべくクリッカートレーニングを導入した飼い主の体験談を紹介。
インコのボール遊びの4実例とボールのおもちゃのおすすめ厳選16選
サッカー、バスケットボール、レトリーブ…インコが楽しめるボール遊びのバリエーションとボールを使ったおすすめバードトイを紹介。

 

インコが一人遊びしないから困る!

…という方。

根本的にインコの特性や飼い方を勘違いしているので、インコから好かれないのは ある意味必然です。

確かに一人遊びも必要なのですが、最初から一人遊びができるのはかなり好奇心旺盛な一部のインコだけです。

ひとり遊びができるようになるためには 事前にフォージングを取り入れたり飼い主さんがいっしょの共同遊びから入っていくことが必要で、そうすることで次第に一人でも楽しく遊べるようになっていきます。

インコのフォージングのやり方!毛引きや過発情などの問題行動も解決
フォージングはインコの問題行動解決の糸口になるだけでなく、飼い主との絆を深める便利なアイテムです。フォージングを上手に日常に取り入れるコツとフォージングトイを使ってるみんなの実例を紹介。

ひとり遊びができるようになったら遊び場を充実させてあげるのもおすすめです。

インコアスレチック×IKEAマルチユースハンガーで鳥の遊び場作りのすすめ
放鳥時のインコの遊び場作りにインコアスレチックとインコハンガー(IKEAマルチユースハンガー)の併用をおすすめする話

インコの「本能からくる遊び」は飼い主が取り上げたら大変なことになる

インコに嫌われた

そもそもヒトと鳥では何もかもが違い過ぎます。

だからインコの遊びやインコとの遊び方をきちんと理解するのはなかなか難しいものです。

生活と遊びがリンクしている「かじる」行為

インコに嫌われた

インコの本能で真っ先に挙げられるのがかじること。

フィンチと違って、インコ・オウムはかじることが大好きです。

「かじる」いちばん大きな目的は、それが食べ物かどうかを認識すること。

だから皮付きのシードや粟穂は「おいしい」ももちろんですが それをつついたりかじったりすること自体が楽しいことでもあります。

インコの立派なシンボルのクチバシは食べるために重要な部分なので、常にお手入れを必要としますが、そのお手入れのひとつがかじること。

かじることはクチバシののび過ぎを予防すること。

つまり生活と遊びがリンクしているので、取り上げるわけにはいかない行為です。

インコ・オウムがかじるのはいたずらではない

インコに嫌われた

インコが物をかじることを嘆く飼い主さんは多いですが(気持ちはわかりますよ)これはいたずらではありません。

インコ・オウムの本能を満たすために必要な行為なので、あまり目くじらを立てないでください(というか、あらかじめ予防線を張っておいてください)

「本能」は満たされないと欲求不満になります。

欲求不満を抱えてイライラしているところで さらに飼い主さんから「かじる行為」を頭ごなしに叱られては、インコは立つ瀬がないばかりでなく、ストレスが溜まってメンタルがヤバいことになります。

もはや飼い主との信頼関係もへったくれもあるものか!

…とインコから思われたら、手乗り崩れも必至です。

放鳥中にかじられて困るものを片付けておくことはもちろん、かじってOKなものを用意するなどの工夫を飼い主が凝らしましょう。

インコ・オウムはデストロイヤー!かじるの大好き破壊神はこわせるおもちゃが大好き

壁紙や柱などをかじられないようにするためには、そちらに注意が行かないように、ほかに注意を向けさせる対策が必要です。




インコの「習性からくる遊び」には飼い主の許容と寄り添いが必要になる

インコに嫌われた

習性は鳥種によっても異なります。ここではセキセイインコとオカメインコを例にしていきます。

基本的に彼らは群れで生活する鳥です。

1羽でいることは通常あり得ない…つまり孤独な環境下にいるだけでも、漠然とした不安を抱えてしまうわけです。

インコ・オウムは孤独と分離不安に弱い!だから呼び鳴きが多い

インコに嫌われた

セキセイインコやオカメインコを最初から1羽飼いしていたとしても「孤独への不安」は習性から来ているものなのでどうしようもありません。

孤独の不安につける薬はありません。

また1羽で新しい家庭にお迎えされることが多いので、分離不安も飼い主側の都合上、ある意味仕方がないことです。

インコが抱えてしまうさまざまな不安を少しでも紛らわすためには その子に合うと思われるいくつかの対策を、少しずつ時間をかけながら、インコ目線に準じることを忘れずに講じていくしかありません。

例えば…

孤独を感じさせないタイプのおもちゃを用意することと
飼い主との密なコミュニケーションを日課にすること
「いつも飼い主がそばにいるわけではない」と少しずつ自然に理解させること

インコの孤独解消のために安易に多頭飼育に走るのはおすすめできない

インコに嫌われた

「単羽飼育では寂しかろう」と安易に2羽目をお迎えする方もいますが、それが結果オーライになるかどうかは 実際に飼ってみるまではわかりません。

鳥同士の相性が悪ければ 強者が弱者をいじめて怪我をさせたり、最悪のケースでは死なせてしまうこともありますし、当然、ケージをもうひとつ用意する必要が出てきます。

この場合、2羽を別居させさえすれば 争いや孤独感の排除などについては一応解決できます。飼い主さんがそれで「良し」とするなら問題はないでしょう。

しかし「こんなはずではなかった!」と考える可能性が高い方は 上述のようなトラブルは決して少なくないので、複数飼育の決断は慎重にした方がいいでしょう。

【オカメインコの多頭飼い】複数飼い・2羽目お迎えは慎重に進めよう

セキセイインコの多頭飼いで喧嘩に困った体験談

孤独を感じさせないための鳥のおもちゃを用意するのもひとつの方法

インコに嫌われた

孤独を感じないようにするためにおすすめなのは 鏡がついていたり、ブランコなどの動きのある系の鳥のおもちゃです。

鏡のおもちゃでは、それに映る自分の姿を自分とは思わずにパートナーと思い込むことがありますので、お年頃の鳥には発情を誘発してしまうことがあり 利用はケースバイケースですが…。

寄り添い系の鳥のおもちゃは、ひとりぼっちの不安を紛らわすには便利なアイテムです。

「群れたい!」鳥の習性からくる欲求を満たす毎日のコミュニケーション

インコに嫌われた

おもちゃを使わないのなら 飼い主が毎日 一定時間を決めて、鳥と密なコミュニケーションを取ることが有効です。

つまり飼い主がインコの「群れていたい」欲求を満たしてあげるのです。

短時間でもいいのでコミュニケーションを取ることをルーティーンにするのが、インコのメンタルに寄り添う最良の方法です。

これを繰り返すとインコは賢い生き物なので

そうか。うちの飼い主(パートナー)は同じ群れの仲間だけど、いつも一緒にいられるわけではない。そういうものなんだな。

…が次第にわかってくるもので、それだけでも少しずつインコのメンタルが安定してくることがあります。

セキセイインコの呼び鳴きに4つの対策で「うるさい!」を解決した話

インコに嫌われた

このときにいちばんやってはいけないことは  飼い主の一方的な都合をインコに押し付けること

忙しいから遊べないよ。その分、明日いっぱい遊んであげるからね。今日は我慢してね。

これはインコには通じません。

通用しないだけならまだしも、インコにストレスを与え、下手をすると不信感までも植え付ける結果となります。

短時間でもいいので一度決めたルーティーンは欠かさないことが大切です。

もしできないなら、初めからやらない方がいい。できない約束はするな!ということです。

無責任に中途半端なことをするのは良くないです。

相手に期待させることになるので、やらないことよりもかえって最悪な結果を招きます。




インコの「巣作り行動の習性からくる遊び」をある程度は許容することも必要

インコに嫌われた

オカメインコを飼育している方なら、その子が狭いところや暗がりを探して入って やたらと遊びたがるところを何度か見かけているのではないでしょうか。

そしてそれが何を意味しているかも想像はついていますよね?

そう「巣作り行動」です。

巣作り行動の習性はインコ・オウムによって様々ですが、中には面白い行動をするインコもいます。

インコに嫌われた

たとえば、コザクラインコの場合、紙かじりが一種の巣作り行動です。

野生のコザクラインコは細長く切り取った木の皮を 器用に腰に差して運んで巣を作ります。

飼い鳥では木の皮がないので、紙がその代用として使われます。

この行動は生後3~4か月頃から始まるのですが、成長するごとに巣材づくりに磨きと拍車がかかっていきます。

それを見た飼い主の中には

うちのインコが変ないたずらを始めて困ったもんだな~。

…と思っている人もいるかもしれませんが、いたずらだなんてとんでもない!

鳥たちはいつだって大まじめ。生まれつき備わっている習性に従って行動しているだけの話です。

このことでコザクラインコをたしなめたとしても到底鳥には通じませんし、叱ったからといってなくなる行為でもない。つまり注意すること自体が不毛な行為です。

このツイートのように 毛引きにでも走られたら大変なことになりますよね。

そもそも言葉で叱ってわかる相手ではないので、飼い主の方が愛鳥の特性を学んで、その種に合った対策を施すしかありません。

それが自然にできる人はインコから好かれる飼い主であり、そのように鳥の目線に立てる人は、愛鳥から寄せられる信頼感も厚いものになるはず。

インコをべた慣れにしたい人は、まずはその部分に目を向けてみることをおすすめします。

インコの遊び道具と遊び方!インコが喜ぶおもちゃを鳥の性格で選ぶ話
インコの性格で選ぶおもちゃの選び方と注意点を紹介。インコは器用に足を使うのでおもちゃ遊びを楽しめる子が多く飼い主は遊び道具の与え甲斐があります。
インコアスレチック×IKEAマルチユースハンガーで鳥の遊び場作りのすすめ
放鳥時のインコの遊び場作りにインコアスレチックとインコハンガー(IKEAマルチユースハンガー)の併用をおすすめする話
クリッカートレーニングでインコとの遊びと芸と強い絆をゲットした話
手乗りなのに「おさわり禁止」なよそよそしてセキセイインコとの距離を縮めるべくクリッカートレーニングを導入した飼い主の体験談を紹介。

子どもの頃に実家にいたオカメインコとの出会いからすでに40年超。未だ彼らへの愛と興味が尽きず「オカメインコ愛好家」の立ち位置から情報発信するyamaki がこのブログの中の人です。
 
ここには鳥ブログあるあるな「うちの子自慢」や「かわいいでしょ♪アピール」はありません。鳥の飼育本を丸写ししただけの机上の空論解説や、繁殖した雛の販売目的の宣伝PRもありません。鳥と飼い主のQOL向上(健康に楽しく)が目的のコンパニオンバードブログです。
 
フィンチとインコでは飼育に異なる点がありますが 小型~中型インコには共通項が多いことから、オカメインコだけに限らず中型までのインコ・オウム飼育に役立つ内容を更新していきます。