当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

インコの毛引きが薬なしで治った!寂しさが原因だった体験談

コガネメキシコインコの飼い主の寄稿です

あるペットショップにコガネメキシコインコがいるのを見かけていて 行くたびに気になって見ていたのですが、お腹の羽根がボロボロになって 皮膚が見えるほどはげてしまっていることに気づきました。

その症状はその後もどんどんひどくなっていくのが 傍からも見て取れるほどでした。

インコの毛引きが薬なしで治った!寂しさが原因だった体験談

インコの毛引きが治った

コガネメキシコインコは
とても人なつこくて
いつでも人間と一緒にいたい
寂しがりやなインコのため、

きっとあまり遊んでもらえていなくて毛引きをしているのだろう。

…と思いました。

ペットショップを訪れるたびに
そのコガネメキシコインコの毛引きが
ひどくなっていく姿を見るにつけ
こちらが辛くなってきたので、
その子をお迎えることを決めました。

ペットショップの店員の話でも
「やはり寂しくて毛引きしているのだと思う」
とのことでした。

インコの毛引きが治った

私はそのコガネメキシコインコ(メス・1歳)に
「せとか」と名前を付け、
お迎えしてすぐに動物病院に連れて行って
健康診断を受けさせました。

羽が抜けているのは毛引きではなく、
PBFDという感染症が原因かもしれないと
思ったからです。

動物病院で血液検査と触診をしてもらい、
約3万円かかりました。

その結果は1週間後に出て、
すべて陰性でした。

ビタミン不足や肝臓の異常でも羽根が抜けることはありますが、検査での異常は見られなかったので、これはやはり毛引きでしょう。環境が変わったことで一時的に さらにひどくなる可能性もあるので、慎重に様子をみていてください。もしひどくなるようだったら、またすぐに受診してください。

…と獣医から説明を受けて帰宅しました。

インコの毛引きが治った

私はせとかの毛引きの原因が
寂しさだと思っていたので、

彼女と一緒に遊ぶ時間を
できるだけ設けるよう心がけて、
1日に数回放鳥するようにしました。

ケージに入っているときにも
少しでも寂しさが紛れるようにと
いろいろとおもちゃを入れて
様子をみてみることにしました。

元々せとかには
少し神経質なところがありました。

ペットショップにいた期間が
8ヶ月と長かったため、
最初の頃は室内で放鳥しても
家族と触れ合ったり
遊んだりすることもしませんでした。

だからどうコミュニケーションを
取っていったらいいのかで悩みました。




インコの負担にならない静かな歩み寄りと長時間放鳥を続けた結果…

インコの毛引きが治った

せとかの負担にならないように、ストレスにならないように遊ぶにはどうしたらいいか?

ネットで調べただけではわからなかったため、
Twitterでインコのアカウントを作り、
飼い主さんたちに相談してみたところ

やはり迎えてすぐにはなつかない子も多い。無理にコミュニケーションを取ろうとせず、インコが人間の行動をよく観察できるようにしてあげるといい。

…とのアドバイスをいただきました。

インコの毛引きが治った

そして実践したことは

鳥の生活リズムをしっかり作り、できるだけ毎日同じ場所にケージを置き、ケージ越しに声をかけるだけにして様子をみる。

インコは1人ひとりの人間の見分けがつくらしく、

家族それぞれが1日の中でどんな生活をしていて、自分にどう接してくるのか?信頼しても大丈夫な人間なのか?

…をよく見ているのだとか。

私たち家族はそれぞれが
せとかとつかず離れずの
ちょうどいい距離感を考えながら、

声をかけながらのコミュニケーションを
こまめにとるようにしました。

インコの毛引きが治った

すると2週間を過ぎた頃から
せとかの方が家族に興味を持ち出したような
雰囲気を見せ始めました。

ケージ越しに擦り寄ってきて
甘えるような仕草をみせるようになったのです。

そこで少しずつケージを開けて
せとかに触ってみることにしました。

せとかは最初はおっかなびっくりに
近づいてきていましたが、

その日のうちに体に触れさせるようになり、
次の日からは1日に何度も
ケージから出しても大丈夫なくらい
触れ合えるようになりました。

インコの毛引きが治った

朝起こしたら放鳥。

ごはんと水をあげて、
食べ終わったらまた放鳥。

とにかく暇さえあれば
放鳥していました。

次第に 掃除や洗い物をしているときも
せとかを肩に乗せていられるようになり、
1日の放鳥時間が7時間くらいに
なることもありました。

その間は、抜けている羽根を見る限りでは
毛引きをしているようには見えず、

現行犯で羽根を抜いていることろを
見たこともありませんでした。




インコの毛引き行為がおさまると同時に換羽で一気に毛引きが治った!

インコの毛引きが治った

せとかがうちに来て3ヶ月が過ぎた頃、
換羽で羽毛が一気に抜けて、
すぐに新しい羽根が生え変わりました

すると皮膚が見えていたお腹にも
きれいなオレンジ色の羽根がびっしりと生え、

毛引きしていたことなど忘れてしまうくらい
全身の羽根が美しく生え揃ったのです。

爪切りで元いたペットショップを訪ねると、
雛の頃から育てていた店員に
「すっかりきれいになったね」
と言っていただき、
とても嬉しく思いました。

ペットショップにいた頃は
1日の放鳥時間が
1時間にも満たなかったそうですが、

それが今では日中の大半を
家族の肩の上で過ごしています。

せとかはやはり寂しかったんだ。

寝かせるときでさえ、
「もっと一緒にいる!」
と言っているかのように
せとかは鳴いて甘えてくるのです。




インコの長時間放鳥にプレッシャーはあるが、できる努力を続けていきたい

インコの毛引きが治った

せとかの羽根が抜ける原因が
感染症や内臓疾患ではなくて
本当によかったです。

毛引きは私が予想したとおり
メンタルが原因だったから
早々に解決できたわけで、

もし別の理由があったのなら
原因探しにもっと時間が
かかっていたでしょう。

インコの毛引きが治った

毎日長時間の放鳥を続けていくことは、
正直プレッシャーでもありますし、

あまりの人間依存に、私たち家族は今後旅行にも行けないのでは!?

…という心配もちらりと浮かんだりしますが、

せとかにはこれからも元気に
楽しく過ごしてもらいたいので、
できる限りの努力をしていくつもりです。

毎日元気に過ごして、
いつでも甘えてくる姿を見ていると、
こちらも元気になります。

食事や生活リズムにも気を配って、
ずっと元気でいてもらいたいです。




インコ本のおすすめ 
インコのための最高のお世話

とても奥深く、人を魅了してやまないインコの世界。本書は、インコとはどんな生きものなのか、インコの気持ちを理解し、いっしょに幸せに暮らしてもらうための1冊です。
 
「インコはどんなときに飛びたくなるの?」「何をつぶやいているの?」「どうして高いところからおりてくれないの?」インコの行動には理由があります。インコの気持ちに寄り添い、行動を理解し、幸せに暮らしてもらえるよう最新の情報を踏まえ、最高のお世話を紹介しました。
 

鳥のお医者さんのためになるつぶやき集

インコ、オウム、文鳥など、愛鳥のことがもっとよくわかる!鳥の飼い主さんなら知っておきたい、お世話のコツや鳥の心・体・病気のことを、鳥医療のパイオニア・横浜小鳥の病院院長の海老沢先生が詳しく解説します。
 
Twitterで発信される著者ならではの鳥の飼育・医学情報を1冊にまとめました。Twitterの文字制限にはおさまらない書き下ろし原稿がぎっしり。
 
鳥さんの健康記録ノート

オカメインコとともに

オカメインコと暮らし続ける著者による、オカメインコを知り、ともに生きるための指南書。これから暮らす人からベテラン飼い主さんまで。
 
私はオカメインコと暮らし始めて12年になりますが、オカメインコの魅力や鳥同士、人との関係性や心理についても丁寧に書かれている上、老いや病気についても触れており、自分の飼育についての新たな気づきや振り返りをする事が出来て良かったです。ページ数は多いですがイラストや写真も多く、何度も繰り返し読みたくなる本です。

長生きする鳥の育てかた: 愛鳥と末永く幸せに暮らす方法、教えます

愛鳥に元気で長生きしてもらうために。飼いはじめたときから知っておきたい、体・心のケアと「バード・ライフ・プランニング」のススメ。
 
愛鳥を短命にする要素を一つずつ取り除いていくことで、長生きが見えてきます。また、健康診断や緊急時の対応など、鳥の医療をどう活用するかも、長寿をめざす鳥にとっては大切な要素になります。これらのケアについて、またリスクやそれにどう対応すればよいのかを詳しくまとめました。

 

インコのひみつ

周りから浮かないように空気を読んで振舞ったり、相手を束縛するほど激しい恋に落ちたり、チヤホヤされたくて仮病を使ったり…。飼い鳥として最も身近なインコには、実は驚くほどの「脳力」があり、まるで人間と見紛うような複雑な心理を持っています。知っておきたい健康管理術から気持ちを読み取る方法、インコの本当の幸せまでを科学の目線で解き明かします。
 
「自由にさせてもかまわない部分は、あまり干渉せず、好きにふるまわせる。インコがもつ心と意思を大切にする。ケージから外に出られる放鳥時間はあっても、かなりの時間を安全なかわりに不自由でもあるケージですごしてもらわなくてはいけないインコだからこそ、その心や意思をちゃんと尊重するべきだと、思っています」これこそ、人間とインコが同じ場所で同じ時期を生きる共生の思想なのです。
 

インコの毛引き・自咬
オレンジログ
error:このコンテンツのコピーは禁止されています。