オカメインコオスの発情抑制と肥満対策にフォージングが役立った話

これはオカメインコの飼い主さんの寄稿です コロナが流行し始めた2020年春、我が家のオカメインコのオスが過発情を起こしました。コロナ禍で家族の在宅時間が増えたことも一因でした。これはその時のエピソードです。

オカメインコオスの発情抑制と肥満対策にフォージングが役立った話

インコの発情抑制

我が家のオカメインコはノーマルのオス・13歳、名前はハッチです。このエピソード当時は11歳でした。

当時、過発情を起こしたハッチは常に落ち着かない様子で、おしりをスリスリと擦りつけたり、ケージの下に降りて汚れ防止の新聞紙を破って巣作りをしたりを繰り返していました。そこまでは

またいつもの発情期か…

…とそれほど心配はしていなかったのです。

しかし発情期がいつまで経っても終わる気配を見せません。

それはいつもよりも長い期間続いており、次第にハッチは新聞紙の巣の中に閉じこもることが増えてきました。

そして同居しているもう一羽のオカメインコのオスに対しても人間に対しても 攻撃的な態度を取り続けていたのです。

インコの発情抑制

そんなある日、ハッチの体重を測ってみると10g 増えていることに気づきました。

え!?短期間で1割強も増えてるなんて…

初めて見る数字に驚くとともに、トレードマークであるオレンジ色の頬の羽根が パラパラと散らばるように他の部分にも生えていることに気がつきました。

これはやはり普通ではない!どこかおかしいでしょ!?

私はハッチを連れて 慌ててかかりつけの鳥専門の動物病院に駆け込みました。




オカメインコの体重増加(肥満)から腎臓の異常を指摘されて投薬治療が始まった

インコの発情抑制

かかりつけの鳥専門の動物病院を受診して ハッチの様子を見た先生は一言、

これはもしかしたら腎臓に異常が出ているかもしれませんね。

と言って フンの検査をしました。

その結果、肥満が原因で腎機能が低下していることがわかったのです。

そこからすぐにハッチに薬の投与が始まりました。

先生からは毎朝水に粉薬を溶かして与えるように指示されると同時に

過発情から巣に閉じこもることが増えてたために運動不足になり、そこから肥満が引き起こされているので、毎日少しずつ運動をさせてください。

…とアドバイスを受けました。

オカメインコのフォージングダイエットをビー玉を使って開始!

インコの発情抑制

先生はこのようにも仰っていました。

この子は高齢ですし、急に運動をすると心臓に負担がかかります。放鳥の際に歩かせたり 短い距離を飛ばせたりと、気長に地道にダイエットをしていきましょう。

ダイエットの第一歩として、餌の見直しから始めました。

ハッチの餌はシード食ですが、カロリーを抑えるために麻の実やひまわりのタネなどを除いて シンプルで低カロリーな配合にして与えることにしました。

インコの発情抑制

先生からはフォージングについても教えてもらいました。

フォージングはダイエットはもちろん、発情抑制、毛引きや自咬の防止にも役立ちます。ダイエット目的にするなら 餌を一気に食べてしまうことを防止するために 少し食べづらい状況をあえて作るんです。
例えば餌入れの中にビー玉を入れて すぐに食べきらないようにしてみてください。フォージングは食べ過ぎの防止やストレス解消にも効果がありますし、簡単ですからやってみてください。

…とアドバイスされました。

インコの発情抑制

さらに放鳥の際にはハッチをよく観察していることを心がけました。

おしりをスリスリし始めたら飼い主が介入して別の遊びを提案して気をそらしたり、同じ遊びばかりで飽きないように 新しいおもちゃを与えたりしてみました。

人間が鳥の体に頻繁に触れることも発情のきっかけになるので(これが今回の過発情の原因です)その点にもに気をつけながら、ハッチに対していろいろと外的なアプローチをしてみることにしました。

ハッチが新聞紙の巣を作る場所もだいたい決まっていたので、掃除の際には新聞紙をテープでしっかりと留めて めくって潜れないようにセットして「巣を作れない」ようにしておきました。




オカメインコの過発情の抑制とダイエットに半年がかりで成功!

インコの発情抑制

それから半年後。

ダイエット・投薬治療・発情を抑える飼い主側からの努力を3本柱とした過発情対策の成果は…努力の甲斐あって、増えたハッチの体重を元に戻すことに成功しました。

羽根は秋の頃に始まった換羽により、少しずつですがパラパラと顔中に散らばっていたオレンジ色の羽根が消えていきました。

元の綺麗な黄色い顔とふつうのオレンジ色のかわいい頬に戻っていったので 本当にほっとしました。

新聞紙の巣が作れなくなり閉じこもれなくなったこと、放鳥しても新しいおもちゃで気を紛らわしたり、部屋を飛び回ったりと忙しく移動して遊ぶことで、過発情も通常通りの状態におさまっていきました。

インコの発情抑制

病院での腎臓の再検査でも徐々に数値が回復し、ちょうど一年後に元通りの健康な状態に戻ることができました。

現在では投薬もせず、以前と同じような生活をしています。

また同居のインコに対しても人間に対しても攻撃的になることは激減し、以前のように頭を寄せて「撫でて」と甘えてくるようになりました。

病気前より性格が穏やかで甘えん坊になった気がしますし、同居のインコとも近づくことが増え、仲良く暮らせています。

ピンチはチャンス!一緒にダイエットに励んで愛鳥との絆がますます深まった!

インコの発情抑制

とはいうものの、やはり油断すると餌を一気に食べてしまったり、食べた分を吐き戻してしまったりするので、フォージングは現在でも続けています。

放鳥時にはいろいろなフォージングトイを使って遊ぶようになりましたが、これはストレス解消と共に「知育」にも役立つので、シニアインコにもプラス効果が高いと感じています。

ケージの中にいる時には ビー玉の数を増減したり、おはじきに入れ替えてみたりして、自分のテリトリーで静かに過ごす時間も飽きないように気をつけています。

インコの発情抑制

それにしても、まさかコロナ禍のステイホームによる家族の在宅時間の増加が インコの健康にも影響を及ぼすなんて思いもしませんでした。

飼い主側は、最初の頃はハッチと触れ合う時間が増えたので喜んでいたのです。

それが裏目に出てしまっていた…と気づいた時には 正直 ショックを受けました。

でも、それがきっかけになり一緒に運動をしたりダイエットに励んだりと、これまで以上にハッチのことを考えて行動ができたことはいい思い出になりました。

この先も愛鳥が健康で長生きできるように 私たち飼い主が努力していかなければと思います。

愛鳥を長生きさせられる飼い主を目指しましょう♪

今回の経験を通してペットの健康維持の大切さと難しさを学びました。

ペットが幸せで健康に過ごせる時間が増えるか減るかは私たち飼い主の働きかけ次第。

これからも鳥たちの健康を第一に考えていきたいです。

信頼できるかかりつけ医を持つのが大切なのはもちろん、日常にフォージングを取り入れることがインコの健康維持には欠かせないものであることがよく分かった出来事でした。

子どもの頃に実家にいたオカメインコとの出会いからすでに40年超。未だ彼らへの愛と興味が尽きず「オカメインコ愛好家」の立ち位置から情報発信するyamaki がこのブログの中の人です。
 
ここには鳥ブログあるあるな「うちの子自慢」や「かわいいでしょ♪アピール」はありません。鳥の飼育本を丸写ししただけの机上の空論解説や、繁殖した雛の販売目的の宣伝PRもありません。鳥と飼い主のQOL向上(健康に楽しく)が目的のコンパニオンバードブログです。
 
フィンチとインコでは飼育に異なる点がありますが 小型~中型インコには共通項が多いことから、オカメインコだけに限らず中型までのインコ・オウム飼育に役立つ内容を更新していきます。