本サイトには広告が含まれます
PR

【親の家の片づけ】千葉の倉庫片づけに遺品整理業者を依頼してみた

【親の家の片づけ】千葉の倉庫片づけに遺品整理業者を依頼してみた

千葉の遺品整理

40代男性 私の父は突然死だったことから、終活する時間はありませんでした。

母は父の死で憔悴しきっていましたので、私が父親の遺品整理や自営業をしていた仕事関連の道具を処分することにしました。

母が常日頃からきちんと片付ける人なので家はきれいに整理されていましたが、職人気質の父は片付けられない人で、仕事道具は庭の倉庫に大量に放り込まれていました。

千葉の遺品整理

倉庫を開けると中はひっちゃかめっちゃか。父は外構工事の職人で、仕事道具やセメント、砂利などの材料が倉庫に詰め込まれていました。

自宅にある父親の遺品は片付けられましたが、

倉庫の整理は無理!さすがにこれらは自分には処分することができないなあ。

…と思い、遺品整理業者を頼もうと考えました。

電動工具等を買取してもらい費用から13000円相殺された

千葉の遺品整理

作業当日、遺品整理業者の作業員は3人やってきました。

事前の見積もり通り、倉庫に入っている電動工具などの機材とセメントや砂利等の材料などを整理してもらいました。

自分にはこういったものの廃棄方法が分からなかったので、全部処分してもらうつもりで業者に依頼したら、倉庫の中身を全て搬出してもらえることになりました。

千葉の遺品整理

この日、遺品整理業者に支払った金額は67000円でした。

見積もりでは80000円でしたが、インパクトドライバーや電動ノコギリなどの電動工具、セメントや砂利などの材料をまとめて13000円ほどで買取りとなり、請求金額から相殺してもらえたのです。

私は電動工具を使うことがないので、買取ってもらえると聞いた時はラッキー♪と思いました。

作業時間は2時間半ほど。業者任せでスムーズに父親の遺品整理ができて助かりました。

倉庫片付けは遺品整理業者に依頼OK!うまくすれば買取も

千葉の遺品整理

最初に倉庫の中をのぞいた時にはギョッとして「うわっ、どうするこれ?」としばし悩みましたが「やはり餅は餅屋だろう」ということで、片付け業者を依頼したのが正解でした。

確かに費用は掛かりますが、短時間に一度で全部片付けられるのですから、費用対効果を鑑みれば相応の出費だと、業者を利用して改めて思いました。

千葉の遺品整理

今回、私が依頼したのは倉庫片付け業者ではなく一般的な遺品整理業者です。

遺品整理業者では遺品の仕分け以外にも家屋の解体やリフォームなどを請け負うところが多いので、このような倉庫の片付けも引き受けてくれることが多いです。

不用品回収業者の中には廃棄専門で買取をしていない業者がありますが、ほとんどの遺品整理業者は買取を請け負うので、遺品整理業者に依頼した方が片付け費用を節約できるのもメリットです。

よし、片付けよう!と決めたときに「でも大掛かりで自分では無理そう!」と思ったら、数社で相見積もりを取ってみるといいでしょう。

「遺品整理業者」が扱うのは遺品整理だけではありません。生前整理ゴミ屋敷清掃まで対応します。モノを丁寧に扱ってほしい方、不用品(遺品)買取をお願いしたい場合は、不用品回収業者に問い合わせる前に、一度 遺品整理業者で無料見積もりを取ることをおすすめします。数社を比較すれば、納得した上でかたづけを依頼できます。