日立市で母子6人殺害し自宅に放火!殺人で小松博文容疑者逮捕!

日立市 殺人 小松博文

2017/10/6 茨城県日立市田尻町で火災!父親が火をつけ6人が死亡!

 


 
10月6日午前5時ごろ、日立市田尻町2丁目県営上田沢アパート(3階建て)の1階の1室で火災がありました。

現場はJR常磐線小木津駅の南西約1.5キロの県営アパート。
 


 
日立市 火災 6人死亡
via:火災現場(大島てる)

 

茨城県警によると、妻の小松恵(こまつめぐみ)さん(33)、長女・夢妃(むうあ)ちゃん(11)、長男(6)、次男(4)、双子の三男(3)、四男(3)の計6人と連絡が取れていません。

1階の部屋で男性4人と女性1人の遺体が見つかっていて、夢妃ちゃん(11歳の長女)と見られる女性が搬送先の病院で死亡が確認されました。

日立署に30代の男が「自宅に火を付けた」と出頭しており、事情を聴いています。

県警によると、男は「自宅には妻と5人の子どもがいた」と話していますが、いずれも連絡が取れていません。

出頭した男もやけどを負っているということです。

地元消防によると、消防車など約10台が出動し、午前5時50分ごろ鎮火しています。

10/6 長女殺害容疑で小松博文(こまつひろぶみ)容疑者を逮捕。一家6人全員を殺害した!?

 

第一報では火災で一家が亡くなったのかと思っていましたが、どうやらこれは家族6人を刺し殺して放火した殺人事件のようです。
 
警察は「自宅に火をつけた」と出頭してきた32歳の男が 6人のうち11歳の長女を殺害したとして殺人の疑いで逮捕しました。

小松博文容疑者は日立市の自宅で、小学5年の11歳の長女・夢妃ちゃんの体を複数回、刺したり切ったり殺害したとして逮捕されました。

警察官が駆け付けて夢妃ちゃんは市内の病院に搬送されましたが、搬送先の病院で死亡が確認されています。

警察によると、小松容疑者は午前4時半ごろに長女を刺したとみられ、30分後には近くの日立警察署に「火を付けた」と話して出頭してきました。

小松博文容疑者は長女の殺害容疑を認めているだけでなく、他の5人の殺害もほのめかしているということです。

10/6 小松博文容疑者は7年ほど前にこの県営アパートに入居していた

  


 
近隣住民によると、小松博文容疑者は7~8年ほど前に県営アパートに入居しており、家賃は世帯収入によって、月1万7600~3万4600円と幅があるそうです。

当初は行事に参加していましたが、最近は全くなくなり、近所付き合いは少なかったそうです。

当時は夫婦と子ども2人の4人家族でしたが、その後、子どもが増え、現在は7人暮らしでした。

近隣住民は家族で車で外出したり、近所の公園で遊んだりする姿を見たこともあるといい、「家族の間でトラブルがあるようには見えなかった」

小松容疑者の勤務先の同僚は「6月に入社した。いろんな仕事を転々としていると言っていた」
 

スポンサーリンク



  
 

10/6 小松博文と家族について

現場のアパートは鉄筋コンクリートの3階建てで、和室2室を含む2LDK。

発見時には、寝室として使っていたとみられる和室に 死亡した6人全員がいたということです。

6人の遺体の一部には切り傷や刺し傷があり、血まみれの状態で発見されていて小松容疑者が自首したことなどから、警察は、小松容疑者が家族を殺害したあと、自宅に火をつけたとみて調べています。
 
 
小松博文容疑者は千葉県八街市出身。

両親はすでに他界し、兄弟はいるが疎遠だと周囲に打ち明けていたということです。

そして小松博文容疑者は日立市内の自動車関連会社に勤務していました。

勤務先の日立市内の自動車修理会社によると、小松博文容疑者は約3カ月前に入社し、見習い中で、出張して車の窓ガラスの入れ替え作業などを担当していました。

9月下旬から「身内の者がなくなったのでしばらく会社を休む」とメモ書きを残したまま出社していませんでした。

会社の同僚によると、小松博文容疑者は長女(11)について「再婚した妻の連れ子」であると話していたそうです。

小松博文容疑者は2014年、双子の三男と四男が生まれる少し前に妻の恵さんと結婚しており、それ以前に生まれた長男と次男を含め、恵さんとの間に4人の子供がいました。

知人らによると、血縁のない長女にも「お兄ちゃん」と慕われ、子煩悩だったということです。
 
 
逮捕された小松博文容疑者の様子は、警察署に車を運転して出頭してきた際、玄関前にエンジンもライトもつけたまま車を放置し、駆け込んでいます。

声が大きく震え、ひどく動揺した様子だったということです。

現在までの取り調べに対して、長女を殺害したという逮捕容疑については概ね認めています。
 
 

現在の段階では、まだ動機については詳しくわかっていませんが、近所の人の話では 夫婦げんかが絶えなかったという証言があります。

小松博文容疑者の趣味が車とパチンコで、毎年違う車に買い換えていたという話もあり、そのお金がどこから入ってくるのかも不思議に思われていたようです。

小松博文容疑者は車やバイクが好きで、かつて恵さんが勤務していた茨城県高萩市の病院の職員は「迎えに来たとき、改造車の爆音ですぐに分かった」

小松容疑者の印象は「体格はいいが優しい感じだった」

小松容疑者は肩や足に入れ墨をしており、仕事が長続きせず職を転々としていても車好きで何台も買い替え、昼間から車をいじったりしていたそうですが、駐車場代の月1900円を滞納することもあったという話です。
 
 

小松容疑者は以前知人に「妻から金をもらって暮らしている。パチンコとかして遊び回っている。妻は託児所に子どもを預けて薬剤師として働いている」と話したという話もあります。

妻の小松恵さんの同僚は(恵さんの話では)「生活費が大変だったのと、子どもに買ってあげたおもちゃやゲーム機を(小松容疑者が)知らない間に売りに出して小遣いにしてた」と聞いていたとのことです。

また、知人の話では、小松博文容疑者と妻・恵さんとの間で浮気をめぐみるトラブルがあり、離婚の話が持ち上がっていたことがわかっています。
 
 

10/7 ガソリンをまいて火をつけた!遺体に火災による損傷はほとんど見られず。小松博文を送検

6人の遺体には火災による損傷がほとんどみられないことがわかりました。

燃えたのは室内の一部で、県警は6人全員が小松博文容疑者から刃物で切り付けられるなどして殺害された可能性が高いとみて捜査しています。

県警によると、死亡したのは小松容疑者の妻、さん(めぐみ・33)と、小学6年の長女、夢妃さん(むうあ・11)、小学1年の長男、幸虎君(たから・7)、保育園児の次男、龍煌ちゃん(りゅあ・5)、保育園児で双子の三男、頼瑠ちゃん(らいる・3)と四男、澪瑠ちゃん(れいる・3)

6人の遺体には上半身を中心に複数の刺し傷や切り傷がありました。

小松博文容疑者は「家族6人を刃物で刺し、ガソリンをまいて放火した」との趣旨の供述をしています。

県警は10月7日、夢妃さんへの殺人容疑で小松博文容疑者を送検しました。

10/7 6人全員に刺し傷!妻の腕に抵抗の形跡があり強い殺意感じる犯行

6人のうち1人への殺人容疑で逮捕された父親の小松博文容疑者は、全員の殺害をほのめかしているため、県警は遺体を司法解剖し、死因を調べる方針です。

6人のうち5人は自宅アパートの和室で遺体で見つかり、もう1人の長女は自宅から病院に搬送されましたが、死亡が確認されました。

6人全員に刺し傷があったことがはっきりしています。

このうち小松容疑者の妻・小松恵(こまつめぐみ・33)さんの遺体の腕には抵抗して体を守ろうとしたときにできる「防御創」が確認されています。

また、恵さんの傷の数が多く、腹部などにも深い傷がありました。

子ども5人には防御創は見当たらないことから、抵抗する間もなく襲われた可能性があるということです。

小松容疑者は「妻から別れ話を切り出された」と供述しているということから、県警は小松容疑者が恵さんに強い殺意を抱いていたとみています。

凶器とみられる刃物はまだ見つかっていません。

6人の傷の状態などからみても、小松容疑者が鋭利な刃物を使った可能性が高いとして凶器の特定を進めています。
 
 
スポンサーリンク



 
 

10/8 母子6人が就寝中に刃物で殺害か!?

遺体が見つかった和室には布団が敷かれており、小松博文容疑者は、就寝中の6人を刃物で刺すなどして殺害したとみられることがわかっています。

6人の遺体は寝室として使っていたとみられる同じ和室から見つかり、室内に争ったような形跡はありませんでした。

いずれも上半身を中心に複数の刺し傷や切り傷があり、火災による損傷はほとんどなかったということです。

遺体の中では妻の恵さんの外傷が多く、県警は小松博文容疑者が強い殺意を抱いていた可能性があるとみています。

家族6人のなかで最初に恵さんを襲ったとみて調べを進めるとともに、事件から3日経った10月8日にも約20人態勢で現場検証をしています。
 
 

10/8 小松夫婦は最近になって離婚を決めていた

小松博文容疑者は犯行の動機に関し「妻から別れ話を切り出された」などと供述しています。

小松夫婦を知る知人の話では、恵さんは3~4年前から「夫と別れたい」と周囲に漏らしていたということです。

小松博文容疑者と恵さんは浮気をめぐみり、相手も交えて3人で話し合っており、小松容疑者は最近になって離婚を決めたと知人に話していたということです。

小松容疑者の知人
離婚するって決まって終わったはずなのに、我慢できなかったのか、そのあとに、何か別のことも言われたのか・・・。

離婚を決めたものの、小松博文容疑者は犯行の数日前、子どもと車を恵さんに引き渡すことに、不満を漏らしていたことがわかりました。

小松容疑者の知人
離婚は前日の夜には決まっていたと思うよ。
小松博文は別れたくなかったんだから。子どもがかわいそうだからって。

警察も同様の内容を把握しているということで、小松容疑者への取り調べを進めています。
 
 

10/8 「妻を最初に殺害」と供述

 


 
小松博文容疑者が「恵さんを最初に殺害した」という供述をしていることがわかりました。

6人が見つかった和室には布団が敷かれていましたが、室内で争ったような跡がなかったことなどから、いずれも就寝中に刃物で刺されたとみられています。

6遺体のうち妻の恵さんの外傷が激しく、警察は小松容疑者が強い殺意を抱いていた可能性があるとみて調べています。

10/9 事件前日に「これで私は幸せになれる」

知人によると、事件前日の夕方、妻の恵さんは知人に対して、「離婚が決まって、これでわたしは幸せになれる」と、胸の内を明かしたということです。

10/9 室内から刃物押収

 


 
県警が室内にあった包丁など複数の刃物を押収していたことがわかりました。

警察は遺体の傷口の形状から、包丁が家族6人の殺害に使用された疑いが強いとみて調べています。

警察は10月9日、家族6人すべての遺体の司法解剖を終える予定で、死因の特定を急いでいます。
 
 
スポンサーリンク



 
 

10/10 母子6人の司法解剖の結果。火を放ったとき6人はまだ生きていた!

司法解剖の結果、長女・夢妃(むうあ・11歳)さんの死因は、刃物のようなもので刺されたことによる失血死と発表されました。

妻の恵さんと3~7歳の息子4人の死因は、刺されたり切られたりしたことによる失血死や一酸化炭素中毒(CO中毒)とみられています。

恵さん(33)と長男の幸虎君(7)、四男の澪瑠ちゃん(3)はいずれも刺されたことによる失血死とCO中毒死。

次男の龍煌ちゃん(5)は胸部を刺されたことで血液がたまって圧迫され、心筋が動かなくなる「心タンポナーデ」

三男の頼瑠ちゃん(3)はCO中毒です。

死亡した6人の体にはいずれも、刺し傷や切り傷がありました。

また、小松博文容疑者が部屋に火を放った時点では6人はまだ生きていたことも司法解剖の結果からわかりました。

6人の遺体からは、いずれも煙を吸い込んだ痕跡が確認されています。

県警は小松博文容疑者が6人を包丁などの刃物で刺し、室内にガソリンをまいて放火したとみて 詳しい状況を調べています。

10/11 子供たちが通っていた小学校で全校集会

長女の夢妃さんと長男の幸虎くんが通っていた日立市の田尻小学校で、10月10日に全校集会が行われました。

全校集会は非公開で行われ、中島修校長が児童らに2人が亡くなったことを説明。

校長
つらい気持ちを乗り越えて命を大切にし、みんなで仲よく生活していきましょう。

取材に応じた中島校長は「本当につらい気持ちですが、子どもたちの心のケアに努めていきたい」

今後、田尻小学校では、担任が全校児童564人と面接するほか、亡くなった2人と同じ学年の児童や希望者については、スクールカウンセラーとの面談も行い、心のケアに当たることになっているそうです。

10/11 玄関を施錠して出頭したのは消火を妨害!?

 


 
警察によると、小松博文容疑者が「火を付けてきた」と出頭したことで消防が現場に駆け付けましたが、自宅の玄関ドアには鍵が掛けられていたため、窓ガラスなどを破ったうえでの消火活動となりました。

小松博文容疑者は家族6人全員の殺害をほのめかしていて、警察は小松容疑者が証拠隠滅を図るため玄関ドアに鍵を掛けたうえで出頭し、消火活動を妨害しようとした疑いがあるとみて詳しく調べています。

10/18 離婚に逆上した32歳ヒモ親父

犠牲となったのは妻の恵さん(33)ほか、長女(11)、長男から四男までの、それぞれ7歳、5歳と3歳の双子だった。

「夫婦が知り合ったのは、恵さんがまだ大学の薬学部を出たばかりの頃で、出会い系サイトの掲示板がきっかけだったと聞いている。その後、すぐに長女ができたのですが内縁関係にあり、一緒に住んだり離れたりを繰り返していた。7年ほど前に現在の部屋で同居するようになって、一番下の2人の子が生まれてようやく入籍したようです」(恵さんを知る人物)

しかし恵さんが調剤薬局で勤める一方で、小松容疑者は仕事が長続きせず、ほとんど家に金を入れることがなかったという。

「彼は肩と足に刺青を入れ、薬物中毒にもなったことがある典型的なワルでした。車やバイクを改造して乗り回し、薬が切れると家族に暴力を振るっていた。最近の生活ぶりについても周囲に『女房から金をもらって遊んでいる』と平然と話していたそうで、今年6月から勤め始めた市内の自動車関連会社も、9月末からは休んでいたのです」(小松容疑者を知る人物)

その休みを取り始めたのが9月28日のことで、会社へは「妻の体調が悪いので2~3日休む」と伝えていたという。

さらに事件の4日前には、「1週間休む」と電話で届け出ていたのだが、そこには追い詰められた小松容疑者の状況があった。

「恵さんはヒモ状態の旦那に愛想を尽かし、離婚を決意していたのです。それを決意させたのは、他に新しい男性ができたことでした。9月末には旦那も渋々離婚に同意したそうで、離婚届を用意して詰めの話し合いをする予定だったのが、10月6日の事件当日だったのです。計画的犯行だったのでしょう」(恵さんの知人)

 
 
スポンサーリンク


  
 
 

[via]朝日新聞 読売新聞 毎日新聞 産経新聞 週刊新潮 週刊文春   戦後ニッポン犯罪史   日本凶悪犯罪大全   戦後事件史データファイル   現代殺人事件史   昭和・平成 日本の凶悪犯罪100   殺しの手帖   日本殺人巡礼