広島タクシー運転手連続殺人事件 (日高広明 女性4人殺害事件)

広島タクシー運転手連続殺人事件 日高広明

第1事件

日高広明(当時34歳)は5ヶ月間に夜の街で出会った女性4人を絞殺した殺人鬼である。

最初の犠牲者は宮地里枝(16歳)さんだった。

1996年4月18日午後8時頃、タクシー運転手の日高広明は、薬研堀(やげんぼり)で営業中に、新天地公園にたたずむ少女に声をかけた。

新天地公園は援助交際のメッカとして知られる公園だった。

「遊ぶ?」の問いかけに、宮地さんはうなづく。

二人はホテルに入ったが、そこで日高広明は 宮地さんの涙ながらの身の上話に聞き入ることになった。

「父親の借金の返済のために 大阪から働きに来ているの」

そして宮地さんは、あと10万円返せれば借金を完済するといい、今10万円持っていて これから呉市まで返しに行くと言う。

同情した日高広明は何もしないで宮地さんに2万円渡した。

ところが後になって日高広明は「やられた!」と気づき、いい格好しようとして女子高生に手玉に取られた自分が情けないと思った。

日高は宮地さんに「呉まで送っていくよ」と最後までお人よしのタクシー運転手を装いながら言うと、少女は承諾した。

タクシーを走らせながら日高広明は考えた。

「自分が渡した2万円に10万円で、この少女は今12万円持っている。それがあればサラ金の返済が賄える…。」

当時の日高広明には酒と女で作った350万円の借金があり、月々の返済が15万円だった。

宮路さんは大阪に祖母がいるだけの身寄りのないよそ者だと言った・・・日高広明はタクシーをひと気のない道に乗り入れて停めた。

午後10時50分、日高広明はネクタイを緩めるとそれを宮地さんの首にまきつけ、一気に縛り上げて絞殺した。

そして宮地さんの持ち物から現金を探したが、彼女が持っていたのは自分が渡した2万円を含めた5万円だけだった。

嵌められた!

日高広明はタクシーに宮地さんの遺体を乗せたまま引き返し、遺体を広島市安佐南区の田んぼ脇水路の土管に遺棄した。
 
 
5月6日、宮地里枝さんの遺体が発見された。

報道で宮地里枝さんは呉市の県立高校定時制1年生とわかり、日高広明は焦った。

「大阪の身寄りのない女じゃなかったのか!」

しばらくは自分の身辺に捜査の手が迫ってくるのではないかと思い、生きた心地がしなかったが、6月になり7月になっても、周囲に警察の動きはなく、日高は安堵と同時に自信を深めた。

「行きずりの女なら自分との接点はない。警察の捜査にも限界があるんだな」
 

第2事件

8月13日夜、日高広明は繁華街を流しながら、次の獲物を物色していた。

「ホテルを出てから殺せば、金が戻ってくる」

そして狙いを定めたのが 古月理江さん(23歳・スナックホステス)だった。

1人目の被害者と同じように新天地公園で古月さんをタクシーに誘い、日高は車中で彼女に3万円渡し、ホテルに入った。

古月さんは素行が悪い男をけん制するつもりがあったのか、自分の父親はヤクザで怒ると何をするかわからないと話した。

そして、ホテルを出たのが午前0時50分。

タクシーを走らせ、山道に入ると、日高広明は急にタクシーを停めて 古月さんの首にネクタイを巻いて絞め上げた。

ぐったりした女性のバッグから 日高広明は所持金52000円を奪い、女性の遺体は広島市安佐北区の山林に捨て置いた。

古月さんの遺体は8月下旬になったも発見されず、日高広明はますます自信を深めた。
 
 
スポンサーリンク



  
 

第3事件

9月7日深夜、3人目の犠牲者が出た。

藤山万里子さん(45歳・ホステス)は、日高広明とは以前からの顔見知りだったので、誘うとあっさりとタクシーに乗り込んできた。

日高はそのまま真っ暗な山道に向かいタクシーを停め、女性の首をネクタイで絞めて絶命させると、彼女から82000円を奪った。

藤山さんの遺体は広島県加計町(元・安芸太田町)の町道脇に投げ捨てた。

 

第4事件

日高広明は4人目の犠牲者を物色していた。

いちばん初めの少女の遺体は発見されたものの、2人目・3人目についての報道はないと思うと、日高にとって殺人は快楽に変わっていった。

日高広明が獲物に選ぶのは、金さえ渡せば関係を持てる堕落した夜の女と決めていた。

そして9月13日、以前日高が何度か遊んだことがある、通称「アイちゃん」(32歳)に声をかけた。

アイちゃんの本名はロマンス洋子といった。

結婚し、二人の娘をもうけているが離婚し、アイちゃんは娘を連れて広島市に移り住んだ。

その後 1994年にナイジェリア人の男性と結婚し、夫の姓のロマンスを名乗った。

しかし事件当時は夫と別居しており、経済的な援助を受けることもなかったので、母子3人の生活はアイちゃんの収入だけが頼りだった。

そのためにはアイちゃんは夜になると出かけ、繁華街で客をとり、明け方に変える生活を送っていた。

そのなじみの客の一人が日高広明だった。

ホテルを出た日高はアイちゃんを乗せて廿日市市方面にタクシーを走らせた。

午前2時過ぎにタクシーをひと気のない田舎道に停めると、ふと身の危険を感じたアイちゃんは車外に出て逃げ出した。

アイちゃんに追いつき、携帯していたナイフをのど元に突きつけて彼女を後部座席に連れ込むと 日高は握り締めた拳で彼女の顔面を殴り、失神したアイちゃんをネクタイで絞殺した。

日高広明はそのまま十分ほど離れた広島県湯来町(元・広島市佐伯区)の山林の斜面にアイちゃんを投げ捨てた。
 
 

逮捕と自供

アイちゃんの遺体を遺棄してから5時間後、9月14日午前7時、近隣女性が犬の散歩で通りかかり、草むらに横たわる女性の死体を発見して警察に通報した。

前夜にタクシーに乗り込むアイちゃんの姿が通行人に目撃されていたので、犯人が割り出されるまでに それほど時間がかからなかった。

9月18日には警察はこれを日高広明の犯行と断定し、9月21日に逃亡先の山口県防府市で、日高広明を逮捕した。

日高広明
刑事さんの「ほかに隠していることはないか?」という問いに、警察は死体のありかを知っていて、私の情状のために自分から自供するのを待っているのだろう、と思った。

こう思い込み勘違いした日高広明は一気に一連の犯行を自供した。

公判と判決

4件の強盗殺人・死体遺棄の罪で逮捕・起訴された日高広明に対して、1999年10月6日に検察側は死刑を求刑している。

そして2000年2月9日、日高広明に対する一審判決で死刑判決が下された。

裁判長の言葉を起立したまま聴いていた日高広明は控訴の手続きを取らず、そのまま女性4人連続殺人犯の死刑が確定した。
 
 
スポンサーリンク



 
 

日高広明の生い立ち

 


 
日高広明は昭和37年(1962年) 宮崎県宮崎市生まれ。

農家の三人兄弟の末っ子で、航行は地元の進学校に進み、将来の夢は教師になることだった。

成績優秀で構内マラソン大会では一位になるなど文武両道、友人も多く、彼女もおり、自他共に認める優等生だったという。

しかし大学入試を機に、日高広明の性格がねじれていった。

成績優秀な日高広明は、高3になると担任教師から「筑波大学に推薦で入れるかもしれないぞ。受けてみないか」と薦められ、日高は希望に胸を膨らませたが、結果は不合格だった。

絶対合格確実だろうと踏んでいた国立福岡教育大学も失敗し、結局日高広明は私立の福岡大学法学部へ進んだ。

国立大学を尊び、教師の学歴を何かと口にする土地柄だったため、日高は「私立の福岡大学では、たとえ教師になっても尊敬されない」と落胆した。

日高自身が、高校の教師が無名の私立大学出身ということでバカにしていたから、自分の将来を一気に閉ざされたような心持ちになった。

日高広明は通っている大学では同級生を見下し、授業にはほとんど出席せず、酒とギャンブルにのめりこんだ。

「おれは筑波大学を推薦で受けたほどの人間なんだ。お前らとは違うんだよ」とバカにしていた同級生には国家公務員や県の職員になる者も複数いた。

そんな中「このままでは自分は市役所の職員にもなれない」と強い挫折感に苛まれた日高広明は大学を中退し、宮崎市の実家に帰った。

周囲には「司法試験に失敗した」と嘘をつくことでプライドを保ち、市役所の臨時職員として働きつつ、酒と女に溺れる日々を過ごした。

その後、バイクの酒気帯び運転で逮捕され、遊ぶ金ほしさにひったくりを繰り返し、ついに強盗事件まで引き起こした。

1986年1月25日午後0時過ぎ、日高広明は会社員宅に侵入し、妻に包丁を突きつけて現金2万円と預金通帳を奪ったのだった。

強盗容疑で逮捕された当時24歳の日高広明は2年の実刑判決を受けて服役した。
 
 

出所後、日高は故郷の宮崎を離れて、1989年に叔父を頼って広島に移り住んだ。

そこで得た仕事がタクシー運転手だった。

大企業のエリート社員を乗せ、その自信に満ちた姿を見るにつけ、コンプレックスを募らせ、わが身を呪う日々だった。

「おれはタクシー運転手なんかやってる人間じゃない。筑波大学に受かっていたら、今頃は国家公務員として地位も名誉も約束された生活を送っていたはずなのに…」

日高広明はタクシー運転手の手取りで30万円ほどあった給料の大半を酒と女に費やしていたが、それでも足りずにサラ金から金を借りた。
 
 

1992年、29歳の日高広明は叔父の紹介で、30歳の女性と結婚した。

当時の日高広明のサラ金の借金は500万円に達していたが、建売住宅を購入し、このローンを実際の金額より400万円上乗せして組み、妻の預金100万円と加えて500万円を作って、借金をきれいに返済するというずるいやり方で完済した。

日高広明の新居は広島市安佐南区の新興住宅地で、妻に弁当を作ってもらい、車で30分ほどのタクシー会社に通っていた。

1993年には長女が誕生し、この頃の日高は希望が開けたような気持ちで過ごしていたが、長女が誕生して2日後に、妻の様子がおかしくなった。

ぶつぶつと意味不明なことをつぶやき、時々奇声を上げるようになったのだ。

精神を病んだ妻は入院し、生まれたばかりの赤ん坊は妻の実家に預けることになった。

「おれはどこまでついていないんだろう」と嘆いた日高は、再び酒と女とギャンブルに溺れるようになった。

サラ金から借金を繰り返すようになり、1994年末には借金が200万円まで膨れ上がり、日高広明は実家の兄に泣きついて返済してもらった。
 
 

その後の妻の病状は一進一退を繰り返し、一時退院はしたものの 1995年からはまた長期入院となった。

日高広明の生活はすさみ、暴走は止まらず、再び酒と女に金をつぎ込み始めた。

妻には回復の兆しが見えず、実家に預けた娘とは疎遠になるばかりで、借金で首が回らないタクシー運転手の自分が惨めだった。

膨らみ続けるサラ金の返済は、自分の命を断って生命保険で払えばいいとも思ったが、実際には自殺する度胸もない。

日高広明は自己愛ばかりが大きくて、いつも不運は全て周囲のせいにした。

そんな頃に、いちばん初めに殺害した呉市の16歳少女の遺体が発見され、刻一刻と自分の身辺に捜査の手が迫っている気がして生きた心地がしなかったが、いつまでたっても自分に警察の手が及ばないことで、日高広明は殺しに対して自信を深めていった。

「金目当てで何でもやる女なら、捜索願も出ないだろう」と勝手な思い込みをし、日高広明はわずか5ヶ月の間に、夜の街で拾った女4人を殺し、逮捕され、死刑判決が下された。

そして2006年12月25日、広島拘置所にて、日高広明の死刑が執行された。

44歳没。
 
 
スポンサーリンク


        [via]   戦後ニッポン犯罪史   日本凶悪犯罪大全   戦後事件史データファイル   現代殺人事件史   昭和・平成 日本の凶悪犯罪100   殺しの手帖   日本殺人巡礼     



広島タクシー運転手連続殺人事件 日高広明