広島県警が偽装事故で保険金詐取容疑の男女ら6人を逮捕

交通事故 保険金詐欺

広島県警が偽装事故で保険金詐取容疑の男女ら6人を逮捕

広島県警は9月21日、交通事故を偽装して保険金をだまし取ったとして、詐欺の疑いで辻岡高義容疑者(65歳・住所不定・自動車販売業)と、内縁関係の檜和田エミ容疑者(45歳・広島県呉市下山田町・無職)らの計6人を逮捕ししました。

6人のうち5人はすでに起訴されています。

辻岡高義容疑者らの逮捕・送検容疑は 2016年3月16日から12月25日までの間に、岡山、広島、山口、佐賀、鹿児島県で、辻岡高義容疑者が用意した車にレンタカーをわざと接触させて、12回にわたり保険金を請求し 保険会社やレンタカー会社から計588万円をだまし取った疑い。

請求のうち1回は未遂に終わっています。

県警によると、辻岡高義容疑者が指導的立場で計画し、ほか5人はレンタカーを借り、虚偽の事故報告をしていました。

辻岡高義容疑者は「檜和田エミ容疑者の借金返済のためにやった」と話しています。

大阪府門真市の女(29)が容疑を否認していますが、他5人は容疑を認めているということです。
 
 
スポンサーリンク



 
 

[via]朝日新聞 読売新聞 毎日新聞 産経新聞 週刊新潮 週刊文春   戦後ニッポン犯罪史   日本凶悪犯罪大全   戦後事件史データファイル   現代殺人事件史   昭和・平成 日本の凶悪犯罪100   殺しの手帖   日本殺人巡礼