横綱 日馬富士が貴ノ岩に暴行疑惑で謝罪!九州場所3日目から休場

 
日馬冨士暴行疑惑

最初はビール瓶。素手で30発。更にマイクや灰皿。白鵬は突き飛ばされ照ノ富士も殴られる

鳥取巡業を翌日に控えた10月25日夜に“事件”は起こった。

宴席には日馬富士と貴ノ岩のほか 白鵬、鶴竜のモンゴル出身3横綱や鳥取城北高相撲部出身の関脇・照ノ富士、日本人力士や関係者ら10人前後が参加。

1次会から酒が進み、2次会へ移ると雰囲気が一変した。

貴ノ岩は日馬富士から 兄弟子に対するあいさつが足りないなどと注意されていた。

その時、着物の帯に差していた貴ノ岩のスマートフォンが鳴った。

操作しようとした瞬間に暴行が始まった。

日馬富士がテーブルのビール瓶で、近くに座っていた貴ノ岩の頭部を殴打。

「人が話をしている時に…」と激怒し、血を流して倒れた相手にのし掛かるようにしながら、素手で殴打を繰り返した。

カラオケのマイクや曲を入れる端末機、灰皿まで振り上げたという情報もある。

同席者は「周りが気付かないほどの速さでゴーン!という大きな音が聞こえた。そのまま20~30発は手で殴っていた。貴ノ岩は両手で防ぎながら、殴られ続けていた」と証言。

日馬富士の同部屋の後輩、照ノ富士も数発食らったという。

荒れた日馬富士は止めに入った白鵬を突き飛ばし、後輩横綱の鶴竜に「お前がしっかり指導しないからだ」とかみついた。

宴は重苦しいムードで終わった。

酒癖の悪さは何年も前から指摘されていた。

感情の起伏が激しく、いったんキレると元に戻れない性格。

ある40代の親方は「あの横綱は酔うと手が付けられなくなると聞いていた。でもまさかこんなことになるとは…」と驚いていた。

貴ノ岩は「脳振とう、左前頭部裂傷、右外耳道炎、右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑い」の診断を受けて 初日から休場している。

日馬富士は事件の詳細などを語らず、伊勢ケ浜親方も「もう(協会に)話したから。今は場所中で相撲のことに…」と言葉を濁した。

品格を問われる現役の横綱が、事実を伏せたまま 初日から2日間、土俵に上がった。

相撲人気に水を差した。

◆日馬富士 公平(はるまふじ・こうへい)本名・ダワーニャミーン・ビャンバドルジ。

1984年4月14日、モンゴル・ゴビアルタイ出身。33歳。伊勢ケ浜部屋。

2001年初、安馬(あま)のしこ名で初土俵。

2004年春、新十両。同年九州、新入幕。

2008年九州場所後に大関に昇進し、日馬富士に改名。

2012年秋場所後に第70代横綱に昇進。

優勝9回。得意は右四つ、寄り。186センチ、137キロ。

家族は夫人と1男2女。


 

 

11/14 横綱 日馬富士が貴ノ岩に暴行疑惑で謝罪!九州場所3日目から休場

 


 
大相撲の横綱・日馬富士に平幕の貴ノ岩を暴行した疑いがあることがわかりました。

そして日馬富士は、九州場所3日目の11月14日から休場します。

貴ノ岩は九州場所を初日から休場し11月13日に相撲協会に頭の骨を折るなどのけがで2週間の治療が必要という診断書を提出しています。

このけがについて、相撲協会の関係者が「秋巡業中の先月26日に行われたモンゴル出身力士の親睦会で、日馬富士がビール瓶で貴ノ岩を殴った」と話していることがわかりました。

日本相撲協会は八角理事長など幹部が九州場所が行われている福岡国際センターに集まって対応を協議し、貴ノ岩の師匠の貴乃花親方などから、直接事情を聞くなど事実関係の把握を急いでいます。

日馬冨士暴行疑惑

via:ANN

日馬富士は、福岡県太宰府市の伊勢ヶ濱部屋の宿舎で稽古を行い、14日の相撲に備えていましたが、急きょ、休場することになりました。

日馬富士
貴ノ岩のケガについては貴乃花親方、貴乃花部屋後援会の関係者、相撲協会などに大変迷惑をかけたことを深くおわび申し上げます。

日馬富士と師匠の伊勢ヶ濱親方は午前11時50分ごろ、福岡県田川市の貴乃花部屋を訪れましたが、2人が到着したとき、貴乃花親方は部屋の前に止めていた車に乗り込んで出発しようとしていたところで、伊勢ヶ濱親方が車を呼び止めようと右腕を上げましたが、貴乃花親方が乗った車は止まらずに そのまま出発しました。

大相撲の横綱審議委員会の北村正任委員長は「全力士の模範となる高い品格を持つはずの横綱が暴力沙汰を起こしたのであれば、大相撲全体に対する評価にも大きく影響する。協会の厳しい処置を求めることになるだろう」というコメントを出しています。
 
 

11/14 貴乃花親方が被害届を提出


 
日馬富士の暴行疑惑を巡り、けがをした貴ノ岩の被害届について、貴乃花親方がすでに警察に提出して「取り下げるつもりはない」と話していることが分かりました。

11/15 懇親会には白鵬らも同席


 
暴行の現場となった鳥取県内での宴会の現場には、横綱の白鵬も同席していました。

白鵬は場所中を理由にこれまでのところ、取材に応じていません。
 
日馬冨士暴行事件

via:ANN

 
貴ノ岩の師匠の貴乃花親方が鳥取県警に被害届を出しています。

日馬富士の師匠の伊勢ケ浜親方は取材に対し「私からは何も言えない」と話しています。

 

11/15 鳥取県警が日馬冨士を事情聴取へ

被害届を受理した鳥取県警が捜査を始めたことがわかりました。

今後、傷害容疑などで日馬富士関から事情を聞く方針です。

鳥取県警は伊勢ヶ浜部屋などがある東京と九州場所が開催されている福岡へ捜査員を派遣し、日馬富士関・本人のほか、現場にいた複数の力士からも事情を聞くとみられています。

11/16 横綱白鵬「ビール瓶では殴っていない」

同じ酒席に参加していた横綱白鵬が11月16日、朝稽古後の取材で謝罪しました。

横綱白鵬
私はその場にいたわけですし、相撲界、世間に本当に申し訳ない思いでいっぱいです。
土俵の上でいい相撲を取って頑張っていくしかない。

10月下旬に鳥取市内の飲食店で起きた問題発生時の状況については

横綱白鵬
報道されているような、ビール瓶では殴ってはおりません。
馬乗りの事実はない。

素手で殴ったことは認めていますが、ビール瓶で暴行したと話す同席者もおり、証言が食い違う形となっているのが、一体どうなっているのか!?

白鵬によると、日馬富士はビール瓶を持ったものの、手から滑り落ちたから「ビール瓶では殴っていない」「すぐに止めに入って、日馬富士を部屋から連れ出した」と。

11/17 日馬富士が暴行問題で任意聴取

警察は17日午後から、東京・両国の国技館で横綱本人に任意で事情を聴いたということです。

この問題で、警察が横綱本人から事情を聴くのは初めてです。

複数の相撲関係者によると、2人は当時ほかの横綱・白鵬や鶴竜など複数の力士らと酒を飲みながら食事をともにしていて、この中で、日馬富士が貴ノ岩の日頃の言動について注意していたところ、貴ノ岩がスマートフォンの操作を続けたことに腹を立てて繰り返し殴った・・・ということになっています。

一方、同席していた白鵬は、暴行があったことは認めていますが、ビール瓶で殴ったことは否定しています。

暴行の状況について出席した人の間で一部異なる証言が出ていることから、警察は、日馬富士本人から詳しく事情を聴き、暴行に至ったいきさつや当時の状況について調べることにしています。

11/17 異なる2通の診断書


 
貴ノ岩側は、鳥取県警と相撲協会に異なる2通の診断書を提出しています。
 
日馬冨士暴行
via:ANN

 
相撲協会への診断書には、「脳振盪(のうしんとう)、左前頭部裂傷、右外耳道炎、右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑い」と記載されており、日本相撲協会の危機管理委員会は17日午後、診断書を作成した病院に委員会メンバーの弁護士を派遣し、診断書の内容について説明を受けました。

病院側では「頭蓋底骨折などの疑いで受診したが、診察の結果、骨折や髄液漏などはなかった」と説明しており、誤解を生む表現だった点を謝罪したということです。

貴ノ岩側が提出した2通の診断書のうち、鳥取県警に提出した診断書には骨折などは含まれていません。
 

11/18 「ビール瓶では殴っていない」日馬富士関が証言否定

横綱・日馬富士が平幕の貴ノ岩に暴行してけがをさせた問題で、日馬富士関は警察の任意の事情聴取に対して「素手などで殴った。ビール瓶では殴っていない」と説明していることがわかりました。

鳥取県警は11月17日午後、東京の両国国技館で、横綱・日馬富士から任意で事情を聴きました。

そこで日馬富士は、10月26日に鳥取市内の飲食店で貴ノ岩関の頭を殴ってけがをさせたことを認めたということです。
 
日馬冨士暴行

via:ANN

 
日馬富士関は「素手などで殴った」と説明し、「ビール瓶で殴った」という関係者の証言について「ビール瓶は使っていない」と否定しています。

鳥取県警は今後、同席していた横綱・白鵬らからも事情を聴くなど 暴行の内容や経緯を詳しく調べる方針です。
 
   
スポンサーリンク



 
 

 



日馬冨士暴行疑惑