墓じまいとは?費用 手続き 永代供養は?後継者問題が急増中!?

墓じまい

2017/5/25 急増するお墓の後継者問題

近年関心が高まりつつある「墓じまい」が「グサッとアカデミア」で取り上げられました。

お墓の悩みは、ある意味万人共通の悩みですが、ニュースキャスターの吉川美代子さん(バツ2・独身・63歳)の悩みも、先祖代々のお墓のこと。

吉川美代子
私は一人っ子で両親は他界していますし、子供もいません。

なので私が死んだら、ご先祖様も含めて吉川家代々の墓はどうなるのか?

墓じまいのことで悩んでいます。

お墓の後継者問題は、立場によって悩みがまちまちです。

高齢の親の立場からすると『お墓の管理をしてくれる人がいない』

子どもの立場からすると『お墓が遠くて、管理ができない』

独身の立場からすると『入るお墓もないし、買っても管理してくれる家族がいない』

こういった不安や悩みから「墓じまい」を選択する人が急増しているそうです。

あまりなじみがない墓じまいとは どういうもので、一体どんなことをやるのでしょうか?
 
 
スポンサーリンク



 
 

墓じまいとは、事前にきちんと供養したうえで、お墓を撤去したり、遺骨の引越しをすることです。

お墓の後継者不足や管理ができないなどの理由から 現在、墓じまいや墓じまいを検討する人は年々増加傾向にあります。
 

 

 

5.25 「グサッとアカデミア」で「墓じまい」を密着取材

番組では、墓じまいとはどんなことをするのか?密着取材を敢行しました。

墓じまいを業者に依頼したのは奈良県の山あいに住む70代の女性です。

共同墓地にある2基のお墓を、70代の女性が長年管理してきたのですが、墓地の草むしりなどの管理が難しくなってきたそうです。

子どもたちは遠く離れた都市に移り住んでいるため、この先子供たちにお墓を任せるのが大変ということで、思い切って墓じまいを決意したのです。

「墓じまいのことは誰から聞いたんですか?」

墓じまい依頼人
子どもに相談したら、インターネットで探してくれました。

「墓じまいをする方はどれくらいいますか?」

墓じまい業者
墓じまいは年間で300件。相談だけでも年間2000件あります。

その多くは 60代・70代の方が、終活の一環で墓じまいを依頼されます。

墓じまいの流れ一例

■朝9時に読経

僧侶とお墓の関係者が墓前に集まり、読経から墓じまいが始まります。

■最後のお墓参り

大体15分くらいで、上記の儀式が終了します。

■墓じまい業者による墓石の撤去作業開始

通常は骨壺を取り出すところから始まります。

土葬の場合は遺骨が土にかえっているため、骨は掘り返さず、墓石の撤去のみ。

・墓石の名前が刻まれている部分を撤去。大切な部分なので、毛布をまきつけて 丁重に搬出する。

・土台の撤去。120キロもあるので手で持てる大きさにドリルで解体してから撤去する。

■作業開始から4時間後に墓は完全に撤去され、更地になった。

■撤去された墓石は 業者が管理する安置所で永代供養されます。

墓じまいの費用

今回取材したお墓の墓じまいのねだんは、15万円でした。

墓地が山あいの墓地だったため、墓石の搬出にクレーンが使えません。

そのためほとんど人力で墓石を持ち上げ 台車で運びだすという手作業に近いものでした。

さらに墓石は1基ではなく、2基の墓じまいです。

また、この地域は土葬であるため、墓じまいは墓石の撤去のみでした。

番組ゲストの皆さんのお墓事情

榊原郁恵
姑のお墓を作ったときに、「私が死んだら榊原の墓ではなく、渡辺の墓に入るんだ」と思ったら、初めて嫁に行った実感がわきました。
中山秀征
父が亡くなる前に、お墓を直したんです。

お墓が母方の旧姓になっていたので、家族がみんな入れるように名前を「●●家」ではなくて「先祖代々」に作り替えたんです。

高島礼子
実は結婚しているときにお墓を買ってまして。

その時には墓石の名前を決めてなかったので、お墓の名前入れをまだしていないんです。私たちには子供がいなかったので。

お墓の名前入れは「●●家 ■■家」とニ家(両家)までは連名でOKなんです。

藤吉久美子
私は散骨希望なので。でも主人は絶対それは嫌だと。

だからもし私が先に逝った場合、旦那が散骨してくれない可能性があるので、先には逝けないなあ、と。

アンミカ
うちの旦那さんは鳥葬希望なんです。これはチベットだけが合法で。

主人は20年以上鳥を飼ってるので、鳥になら本望だ!と言ってます。

でも、あなたが飼ってる鳥はインコであって、鳥葬はハゲタカで様子が違うよと(笑)

私は散骨希望なんですけどね

9/22 費用は200万円!?突然の「墓じまい」にどうすればいいか


  

10/17 遺骨を捨てる人も・・・


 
 
スポンサーリンク


[via]朝日新聞 読売新聞 毎日新聞 産経新聞 週刊新潮 週刊文春   戦後ニッポン犯罪史   日本凶悪犯罪大全   戦後事件史データファイル   現代殺人事件史   昭和・平成 日本の凶悪犯罪100   殺しの手帖   日本殺人巡礼