本サイトには広告が含まれます
PR

【墓じまい費用110万円】親族の同意と心の葛藤に揺れた改葬体験談

【墓じまい費用110万円】親族の同意と心の葛藤に揺れた改葬体験談

墓じまい費用

40代女性 2020年10月、私たちは墓じまいを行いました。移転先を樹木葬霊園(京都市内)にした墓じまいの費用は約 110万円でした。

旧墓地でかかった費用
魂抜きを含む元のお寺へのお布施:10万円
お寺への交通費:5000円
墓地管理者への心づけ:5000円

新しい納骨先でかかった費用
樹木葬:90万円
納骨法要:3万円

行政の事務手続き費用・その他
事務手続き:2万円
旅費交通費その他:4万円

墓じまいを決めた理由はお墓の管理の難しさ

墓じまい費用

夫は弟がいる二人兄弟です。二人ともお墓から遠方に住んでいてお墓の管理が難しいことから墓じまいを検討し始めました。

これからは永代供養が主流だろうと考え、調べていくうちに両親が喜ぶであろう供養をしてもらえることがわかったので、兄弟で話し合って墓じまいを決めました。

その後に親戚に私たちの意向を説明して同意を得られたことから、スムーズに事が運びました。

墓じまいでいちばん大変だったのは心の葛藤だった

墓じまい費用

墓じまいを完了した今、一連の流れの中でいちばん時間がかかったのは墓じまいを選択・決定するまででした。それぞれが時間をかけて検討し、意見を出し合ったので、この段階で半年くらいかかりました。

それ以降の流れは、親戚への説明、それまでお世話になったお寺に相談、墓地管理に連絡を入れるなどです。日程調整も比較的円滑に進みました。

墓じまい当日はお世話になっていたお寺の住職に足を運んでいただき、厳かに改葬を進めました。

お墓を開き、お骨を取り出し、魂抜き、お布施や交通費・お礼をお渡し→お骨をもって新しい納骨先へ移動…です。

新しい納骨先では、納骨と納骨法要をしていただきました。

墓じまい費用

墓じまい費用は両親の遺産から出したので問題ありませんでしたから、満足感の高い墓じまいができたと思っているのですが、強いて「大変」だったことを挙げるとすれば、

墓じまいという大きな決断を自分たちだけで決めてもよいのか?

…という葛藤でした。最終的には

魂はお墓に閉じ込められているわけではない。それに自分達がそうしてもらったらありがたいと思うから、亡き両親もそう思っているであろう。

…と考えて、墓じまいを決断するに至りました。決めてからは非常にスムーズに事が運んだので、おそらく両親も喜んでくれていたのだと思っています。

墓じまいをやってからはお墓の掃除問題がなくなりました。これが長年の懸案でしたので、とても楽になって良かったです。

きちんと永代供養をしていただけることや、アクセスのよい場所にある霊園を選んだので、気軽にお参りに行けることも良かったです。

 

墓じまいのいちばんの難物は「寺との交渉」
ほとんどの代行業者は寺院側とトラブルを起こしたくありません。寺院と関係が深い石材店であればなおさらです。おそらく依頼者と寺院の間を取り持つ「仲介・調停」がメインだと思われます。寺院から離檀料や墓石撤去費用を聞き出して依頼者に提示し、納得してくれれば交渉成立。「もう少し安くならないか」と言われたら、再び寺院側と交渉して多少の減額を引き出します。

その場合の減額率ですが、せいぜい1~2割と推測します。もともと「ふっかけた額」なので、寺院側にとって2割程度の減額は痛くもかゆくもありません。ご家族も当初100万円だった請求が80万円まで減額されれば「まあ、このくらいは仕方がないかな」と妥協しやすくなります。これ以上ゴネるのはみっともないという見栄もあるでしょう。 石材店や仏具屋は、両者の思惑をうまく見極めながら墓じまいの交渉を仲介していくわけです。

散骨業者や葬儀社などの「墓じまい代行」は、一般的にそこまで踏み込んだ仲介はしないようです。ホームページを見ると「(離檀料など)お寺との交渉はお客様ご自身で行ってください」と目立たないように書いてあったりします。「え?」ですよね。いちばんの難物である「寺との交渉」を代行せずして、何を代行するのか?と。要するにどの業者も寺院を敵に回したくないのです。できるだけ穏便に事を済ませ、それで手数料だけはいただきたいと。最初から腰が引けています。
引用元:墓じまい!

【わたしたちの墓じまい:高木敏郎社長】
「高額な離檀料やお布施を請求された場合は、弊社提携の弁護士のサポートを受けられます。離檀代行(13.2万円)として委任状をいただければ、お客様はお寺側と話すことなく、余計なお金も払わずスムーズに離檀を完了させられます。 墓じまいで困るのはお寺との交渉ですが、そこまで対応できる代行業者は少なく、弊社【わたしたちの墓じまい】に注目していただいています。20年前に墓じまい代行を始めた頃は相談が月1件あるかないかでしたが、今は彼岸やお盆のあとに集中的にご依頼いただいています」

離檀代行を含めて40万円台までで完了するケースが多いという。 100万円超の離檀料を求められるトラブルもあることを考えると、【墓じまい代行】は有効な選択肢となるのかもしれない。
引用元:マネーポストWEB 2023.11.15

【わたしたちの墓じまい】全国対応!お寺とのトラブル・離檀もお任せください
【わたしたちの墓じまい】は創業18年、日本全国で施工実績があります。永代供養、離檀代行・行政手続き、魂抜き・閉眼供養など終活支援全般を承ります。

離檀料の相場は5〜20万円程度とされていますが、これをはるかに超えた法外な言い値を要求する寺院は意外にたくさんあります。「長い付き合いだったのにこの仕打ちはひどい!」とショックを受けるかもしれませんが、そんな時は「払えません」ときっぱり断って「離檀代行」を相談できる墓じまい代行業者に依頼するのが お寺に搾取されない方法です。
 
大きな寺院では顧問弁護士がついていることがあります。その場合は弁護士に直接交渉することになるので 素人では腰が引けてしまいますが諦めないで。墓じまい代行業者に依頼すれば、交渉・状況次第では「離檀料ゼロ・円満解決」になるケースもあるのです。【わたしたちの墓じまい】では離檀サポートも承ります。困っている方は相談してみてください。
【のうこつぼ】近くのお寺で永代供養【お墓のサブスクあり】

のうこつぼは、納骨堂とお墓が融合したマンションのような集合型のお墓で、一室に4~5名の受け入れが可能です。のうこつぼでは一般的なお墓のような大掛かりな墓じまいがないので お墓の引越しも簡単にできます。つまり転勤族やお引越しされる方転居先に簡単にお骨を持っていけますし、転居先周辺でのうこつぼの寺院を見つけられます。

のうこつぼにはお墓のサブスク サービスもあります。経済的な諸事情から自宅供養を選んでいる方、納骨できずに困っている方にも、低価格で利用できるのうこつぼはおすすめです。ペットの納骨もOK な寺院もたくさんあります。

預骨堂(よこつどう)

預骨堂ではご住職がご遺骨をお預かりし、毎日ご供養しながら大切に個別保管させていただきます。

お墓を建てるまでの一時的な利用でも、永代供養までの利用でも様々なニーズに対応。
海洋散骨、手元供養、宇宙葬で分骨された遺骨も供養OK
個別保管期間終了後 永代供養を選択された場合、一柱ずつ麻袋へ納め丁寧に埋葬いたします。
宗旨宗派を一切問わず全国どなたでもご利用いただけます。
郵送(ゆうパック)にて 北海道から沖縄まで、日本全国どこからでも承ります。

預骨堂をおすすめできる人
墓じまいを検討している方
おひとりさま
墓にお金をかけたくない方
すぐに合祀されるのに抵抗がある方
手元供養として残す方

令和の墓じまい樹木葬