【群馬一家3人殺害事件】小暮洋史(こぐれひろし) 指名手配中

群馬一家3人殺害事件 小暮洋史

画像はイメージです。

1998年1月14日、群馬県群馬町(現・高崎市)三ツ寺の電気工事業「石井電気」経営の石井武夫さん(当時48歳)宅で、一家4人のうち3人が惨殺される事件が起こった。

犯人は石井さんの長女にしつこくストーカーを繰り返していた男だった。

男が被害社宅に侵入したとき、長女は不在だったが、午後7時頃に家族3人が殺害された。

3人を殺害した後、小暮洋史は石井さん宅で長女を待ち伏せていた。

そして午後9時(2時間後)に長女が帰宅すると、小暮洋史が玄関先に立ち尽くしているところに遭遇した。

興奮した小暮を落ち着かせるために、長女は小暮をいったん家の中に入れており、そこで話をし、しぱらくして落ち着いた小暮洋史は車に乗って立ち去っている。

その後、長女が110番通報し、高崎署員が駆けつけ、石井武夫さんと妻・千津子さん(48) 石井さんの母親・トメさん(85)の3人が死亡している惨状を目の当たりにする。

石井さん夫妻は浴槽で血まみれになっており、祖母は押入れの中で首を絞められて死んでいた。

司法解剖の結果、石井武夫さんと千津子さんは刃物で刺された失血死、トメさんは首を絞められた窒息死と判明した。
 
 
長女の供述により、男はトラック運転手の小暮洋史(こぐれひろし・当時28歳・前橋市)であることがわかった。

小暮洋史は石井さんの長女(当時26歳)に2年ほど前からしつこくつきまとっていたストーカーだった。

小暮洋史 群馬一家3人殺害事件

via:【群馬一家3人殺害事件・小暮洋史】群馬県警hp

 
 
小暮洋史は1993年に前橋市内の運送会社に就職し、1996年頃に石井さんの長女と知り合っている。

長女は小暮洋史が納品業務を行うドラッグストアに勤めており、そこに納品のために出入りするうちに長女と言葉を交わすようになっていた。

小暮洋史は彼女がつけていた名札を見て名前をチェックし、自宅の電話番号を割り出して電話をかけたり、食事に誘うなどをしていたらしい。

しかし、長女が小暮洋史の誘いに応じることはなく、業を煮やした小暮は待ち伏せをしたり車でつけまわすなどのストーカー行為を繰り返していた。

ストーカー行為は半年近く続き、その後は諦めたのかいったん、つけまわしはおさまっていたが、1997年頃から再び小暮洋史はストーカーを始め、悩んでいた長女は両親に小暮のことを相談していた。

事件はそんな矢先に起きていた。
 
 
小暮洋史は事件の直前に勤めていた運送会社を辞めているが、それも突然のことで、仕事始めの1月4日に会社の掲示板にひとこと「辞めます」と書いてあっただけで、退職の理由なども明かされていない。

それから10日後の1998年1月14日、小暮洋史は一家3人を惨殺するという凶行に及んだ。

好きになった女性にしつこく付きまとうなど、常識はずれな行動をとっていた小暮だが、仕事ぶりはまじめで、トラブルなどは一切なかったという。

しかし、いつも無表情で、誰ともほとんど口を利かず、人付き合いが苦手で 後輩の面倒見は悪かった。

事件直前には石井さん宅前に車を停めて、家の中の様子をうかがう姿が頻繁に目撃されていた。
 
 
群馬県警のその後の捜査で、小暮洋史は ナンバーが「群馬33も8670」の黒色の乗用車(日産シルビア)で1998年1月下旬に 水戸市内や埼玉県熊谷市内を走行していたことがわかった。

しかし、その後の足取りは不明のまま。

事件前に友人に「警察に見つからずに死ぬ方法がある」と自殺をほのめかすような発言をしていた小暮洋史は、現在も所在がつかめないまま 指名手配中である。

群馬県警:電話 027-243-0110(代)
 
 
スポンサーリンク


 



福岡3女性連続強盗殺人事件 鈴木泰徳