宜保愛子(ぎぼあいこ)でも かもめ荘(島根)の除霊はできなかった!

宜保愛子 かもめ荘

今夜、宜保愛子さんが久しぶりにメディアに登場します。

宜保愛子さんは2003年5月6日に胃がんで亡くなっている故人ですが、人気・実力ともに優れた屈指の霊能者として名を馳せた方なので ご存知の方も多いでしょう。

そんな宜保愛子さんが、あまりの霊の多さに除霊を断念して引き上げてきたという心霊スポットが島根県にあります。


【かもめ荘】〒699-0763 島根県出雲市大社町日御碕

かもめ荘・・・今は廃墟ですが、元は保養施設だったそうで、地下室が一番やばいといわれています。

地下室に入って帰ったら高熱が出たとか、帰り道に事故に遭ったとか、写真を撮ったら影が映りこんでいたとか、おかしな音が聞こえたとか・・・
 


 

宜保愛子さんがテレビに引っ張りだこで活躍していたのは1980~1990年代にかけてです。

数多くの著書も残していて、今でもブックオフの108円本コーナーで著書を見かけたりします。


 

 

相談者の背後にいる守護霊や、肉親や近しい人の霊から情報を聞き取り(?) その人にとってのベストアドバイスを与える宜保愛子さんの姿が一世を風靡しました。

その人にしか知りえない情報が宜保愛子さんの口をついて出るので、恐山のイタコみたいな感じもしましたし、今だと 江原啓之さんのような感じですかね。

1995年にオウム真理教事件が複数発生し、世間の風潮がオカルト的なものを避けるようになり、そういうことから宜保愛子さんのメディア露出も減って行ったのではないかと思います。

今夜テレ東で放送される「最恐映像ノンストップ5」(夜7時54分~)では そんな宜保愛子さんの秘蔵映像が公開されます。

なつかしいなあ…宜保愛子さん大好きで、彼女の番組はほとんど見てましたよ。

16年秋に港区・虎ノ門から六本木へ本社を移転した同社。

その際に大量に整理された映像資料の中から1本のテープを発見。

そこには89年の夏に放送された特別番組の映像が残されており、今は亡き宜保氏の姿があった。

人の守護霊や亡くなった肉親と対話できるという霊能力を持ち、数々のスペシャル番組に出演するなど80年代後半に一世を風靡した宜保氏。

今回発見されたテープには、不可解現象が絶えない香港の“お化け屋敷”を訪れた際の様子が残されていた。

霊の存在を感じ、苦悶の表情を浮かべる宜保氏の額には無数の脂汗。28年の時を経て戦慄の恐怖映像がよみがえる。

また、番組では宜保氏の元に集められた未公開心霊写真も紹介する。

via:ヤフーニュース

スポンサーリンク


[via]   戦後ニッポン犯罪史   日本凶悪犯罪大全   戦後事件史データファイル   現代殺人事件史   昭和・平成 日本の凶悪犯罪100   殺しの手帖   日本殺人巡礼      



宜保愛子 かもめ荘