妻に男性の影!?中田充容疑者が福岡母子殺害事件を自白しない理由とは?

警察 捜査

中田充容疑者はなぜ自白しない?

事件から10日がたち、捜査が進んでいく中で、犯行動機ではないかと思われる中田夫婦の不仲などがわかって来ています。

中田充の生い立ち 母子3人殺害動機は妻の愚痴!?福岡小郡母子殺害事件

殺害された由紀子さんの指からは中田充容疑者の皮膚痕も発見されており、充容疑者の犯行の可能性が濃厚であると思われるところまで来ているのにもかかわらず、中田充はなぜ自白しないのでしょうか。

考えられる可能性は2つ。

ひとつは本当に家族を殺めていないため。

もうひとつは保身のため。

もし彼が真犯人であるなら。

三人殺害すれば、理由はどうあれ、極刑は免れないでしょう。

間違いなく それはわかっているはずです。

一貫して容疑を否認しているのは、自分の延命のため・・・という気がします。

今の段階では、由紀子さんから出た皮膚痕にしても、仮につかみ合いのけんかになったことは認めたとしても それだけでは殺害の証拠にはなりえないでしょう。

子供たちの殺害や練炭などの偽装工作などに関しては、状況証拠しかない状態です。

証拠が乏しい中で裁判で立件できるのか。

裁判に持ち込めても中田充容疑者を有罪にできるかどうかはわかりません。

もし彼が犯人ならば、そこまでのことを全部わかっているうえで、中田充は容疑を否認しているのでは?

真実は彼の胸中にしかないのでわかりません。

でももし彼が真犯人で 否認を続けて逃げおおそうとしているのであれば、殺害された三人に対する反省はみじんも感じられないということになります。

それはやっぱり許しがたい!

彼が自白する日は来るのか!?それとも中田充容疑者の言ってることは真実で、真犯人は別に存在するのか!?

今のところ、中田充容疑者は限りなくクロに近いイメージがありますが、本当のことは彼にしかわからないのがもどかしいですね。
 
 
スポンサーリンク



 
 

警察の不誠実な対応に不信感が募る遺族たち

それにしても・・・やっぱり警察は身内の犯罪には甘いんでしょうかねえ。

福岡小郡母子三人殺害事件でも容疑者であり夫の警官の口車に乗せられて、初動捜査で大きなミスがありました。

司法解剖の前に行う検視で、首の圧迫痕が見逃されるはずがないです。

由紀子さんの首は骨にひびが入るほど殺意をもって強く絞められていた形跡があるのですから、たぶん素人が見ても絞殺だったのはわかるほどだったのでは。

警官が関わっていてその人が「心中」と言ったら、調べもせずにそれが受け入れられてしまうことを見ても、やっぱり警察は身内には甘いんだ!と言われても仕方がないです。

それに、由紀子さんの姉が「妹が自殺している」と110番通報をしているという話は間違いです。

それについて遺族は 間違った報道を取り消してくれと警察に直談判しているにもかかわらず、「ここでは返答できない」「調べてみないとわからない」とはぐらかされたきり、そのまま放置されているそうです。

初動捜査のミスを認めればいいってものではなくて、間違いをすべて訂正しなければ、意味がないのでは?

妻・由紀子さんに男性の影!?男性と深夜のカラオケ

普通に考えたら、夫・中田充容疑者の犯行の疑いが濃厚な福岡母子殺害事件。

皮膚痕だけでなく、供述もちぐはぐであいまいな点は、やはり中田充が犯人だと考えざるを得ない状況を生み出しています。

でも福岡県警は中田充の取り調べだけでなく、妻・由紀子さんの人間関係もずいぶん洗い出しているようです。

例えば 由紀子さんが男性と深夜にカラオケに何度か行っていた話などが浮上しています。

直近では5月22日の夜10時半に、小郡市内のカラオケボックスに一組の男女が入っていますが、これが由紀子さんであると店員の証言から確認されています。

店員はそのお客を夫婦だと思っていたらしいですが、テレビで被害者の由紀子さんの写真を見たときに

カラオケの店員
あの時の人だ!とすぐに気づきました。

でも、一緒だった男性は、中田充容疑者ではないんです

その男性は由紀子さんと同年代で、身長が175センチ前後、サイドを刈り上げにしたツーブロックの髪型をしていました。

この二人は深夜12時半くらいまでいて、会計は連れの男性が支払ったそうです。

由紀子さん一家が小郡市に引っ越してきたのは2016年1月で、由紀子さん自身のこれまでのこのカラオケボックスへの来店は通算10回。

今年に入ってから6回来店していたといいます。

来店で提示された会員証は由紀子さん名義なので、相手の男性の名前などはわかっていませんが、この男性は由紀子さんとファミレスでも一緒のところを目撃されているので、由紀子さんの携帯の履歴などから、県警は相手の男性を把握している可能性があります。

この二人がどんな関係だったのかはわかりませんが、深夜に二人で出かけるとなれば、やましいことがなくても周囲からは誤解されるでしょうし、それを中田充容疑者が知っていた可能性もあります。

そうなると、それが犯行の動機ということも十分考えられます。

子ども二人の殺害に関しては、中田充容疑者は以前に仲間内に「人生やり直したい」と吐露していたことがあることから、家族関係を白紙に戻すために犯行に及んだとも考えられます。

福岡県警は捜査中でマスコミに公表していない事実をほかにも掴んでいるでしょうし、中田充容疑者自身も完全否認をしていることから、もしかしたら・・・真犯人が別にいる、なんて展開の可能性もゼロとは言い切れないかもしれません。

個人的にはやはり夫が怪しいとは思うけれど…。
 
 
スポンサーリンク


        [via]   戦後ニッポン犯罪史   日本凶悪犯罪大全   戦後事件史データファイル   現代殺人事件史   昭和・平成 日本の凶悪犯罪100   殺しの手帖   日本殺人巡礼