福岡一家4人殺人事件 (魏巍・王亮・楊寧ら中国人留学生3人の凶行)

福岡一家4人殺人事件 魏巍

2003年6月20日、福岡県博多港の箱崎埠頭付近から一家4人の遺体が次々と発見された。

被害者は福岡市東区の松本真二郎さん(当時41歳) 千加さん(40) 海くん(11) ひなちゃん(8) の4人。

間もなく元中国人留学生の王亮(おう・りょう 21歳) 楊寧(よう・ねい 23歳) の2人が中国で、魏巍(ぎ・ぎ 23歳)が日本国内で 実行犯として逮捕された。

後にわずかな金銭のために、一家4人が殺害されたことが判明した。

中国では、王亮が無期懲役、楊寧は2005年に死刑が執行された。

日本では、魏巍の死刑が確定している。
 
 


 
 
魏巍(ぎぎ・23歳)が知人女性を殴った傷害容疑で、日本を出国する直前の8月6日に福岡県福岡市で逮捕された。

しかしその身柄拘束の真の目的は、6月20日に福岡市内で、他の中国人2人と共に、一家4人を殺害して金品を奪った強盗殺人事件への関与の追及だった。

取調べの末、魏巍は「中国に帰国した二人に誘われて、三人で強盗殺人をやった」と犯行の関与を自供した。

被害に遭ったのは、福岡市東区に住む衣料品販売業の松本真二郎さん(当時41歳)と妻・千加さん(40) 長男の海くん(11) 長女のひなちゃん(8)の4人。

実行犯は、元日本語学校生の王亮(21) 元私立大学留学生の楊寧(23) 元専門学校留学生の魏巍(23)の3人で、全員が中国国籍である。

松本家の4人とこの中国人3人は面識がない。

楊寧がアルバイトに向かう際に松本家の前を通り「ベンツが停まり、裕福そうだったので狙った」というのが松本家を狙った理由だった。
 
 
福岡一家4人殺人事件 魏巍

【福岡一家4人殺人事件:魏巍】via:事件現場(大島てる)

 
6月19日午後11時半頃、松本家の様子を王亮が偵察に向かっている。

王亮
チャンスだ。車がない。今から行こう。

・・・と待機していた楊寧と魏巍に知らせた。

6月20日午前0時過ぎ、魏巍が松本家の外側にあった花壇に立って敷地内を覗き込むと、1階仏間のサッシ窓が開き、網戸になっていることに気づいた。

そこで3人は塀を乗り越えて敷地内から家屋に侵入した。

当時の松本家では2階の子供部屋の二段ベッドで海くんとひなちゃんが寝ており、千加さんは1階で入浴中だった。

それを確認した3人は、楊寧の「直接浴室に入って、中の人を殺ってしまおう」の言葉に従い、王亮が2階で子供たちを見張り、楊寧と魏巍の二人が浴室に押し入ることに決めた。

楊寧と魏巍は抵抗する千加さんを押さえ込み、彼女を浴槽で溺死させた。

その後彼女が蘇生することを恐れて、千加さんの遺体に後ろ手錠をかけて、うつ伏せにして浴槽に放置した。
 
 

※中国人3人がやったことがあまりにひどすぎて、
ここには全てを具体的には書けません。

詳細は下記リンク↓が参考になります。


 

福岡一家4人殺人事件 魏巍

via:naverまとめ

 
 

福岡一家4人殺人事件 魏巍

via:http://akiraaa.blogspot.jp/2012/01/came-in-through-bathroom-window.html

 
 
浴室を出た二人は台所と居間を物色し、千加さんのかばんにあった財布から現金約15000円とキャッシュカード数枚を抜き取った。

三人は合流し今後のことを相談し、ベッドの下段で眠っていた長男を殺害し、上段の長女を人質にして、ベンツで帰ってくる人物を待つことにした。

午前1時39分に仕事から帰ってきた真二郎さんは屋内に入ると、見知らぬ男二人と鉢合わせ、首にナイフを突きつけられている娘の姿を目の当たりにする。

「娘を殺さないでくれ」と命乞いする真二郎さんに、楊寧は真二郎さんの足首に手錠をかけ、手首は後ろ手錠をかけて抵抗できないようにした。

楊寧は真二郎さんのバッグから現金約22000円とキャッシュカードを抜き取ると、暗証番号を尋ねた。

その後、中国人3人は日本人一家4人を連れて箱崎埠頭に行き、彼らに重石をつけて海に沈めた。

司法解剖によると、千加さんと真二郎さんの死因は溺死、海くんとひなちゃんの死因は窒息死。

真二郎さんの死因は 絞頸後の死亡する前に 箱崎埠頭の海中に投げ込まれたことによる溺死である。

犯行後、三人は箱崎埠頭からやや離れた場所に放置されていた廃車の中に、玄関マットや遺体をくるんでいた毛布などを捨てた。

さらに約40キロ離れた久留米市の工場敷地内の駐車場にベンツを停めて放置した。

楊寧は「(真二郎さんが)銀行にも金は少ししか入っていないと話していたから、金を下ろしにはいかない」と言い、結局中国人3人が奪い、山分けした現金は約37000円だった。
 
 
スポンサーリンク



 
 
一家の遺体は、遺棄された2003年6月20日の午後2時25分頃に発見された。

貯木場の作業員から「人の足のようなものが浮いている」と通報があったのだ。

岸壁から約5メートルのところで、千加さんの足が頭を下にした状態で水面から出ていた。

真二郎さん、海くん、ひなちゃんの3人は、その近くの水深約2メートルのところに沈んでいた。
 
 

いつも子供二人を学校まで送るために 千加さんの父親が毎朝 松本家に足を運んでした。

6月20日にも午前6時頃に松本家に行ったのだが、誰もいない…それを不審に思った千加さんの父親は、午前8時半頃に警察に捜索願が出していた。

そういう経緯から、箱崎埠頭の遺体の身元はその日のうちに判明した。

遺体の首に絞められた痕があることや、手錠に重しがつけられてしずめられていたことから、県警はすぐに殺人事件と断定し、捜査本部が設置された。

この事件は真二郎さんと千加さんの交友関係を中心に捜査は進められた。

それは通常、物盗りの犯行であればここまでのことはやらないだろうという推測で、怨恨の線を視野に入れて捜査を開始したからである。
 
 

松本真二郎さんは1988年に福岡市中央区で韓国料理店を開き、1999年に東区にも焼肉店を出店するなど かつてはビジネスで順風満帆だったのだが、2001年のBSE(狂牛病)騒動のあおりを受けて2店舗とも廃業に追い込まれていた。

その後、千加さんの親族がやっていた婦人服販売会社を手伝うなどしており、2003年に独立し、千加さんを社長に据えた衣料品販売業を始めていた。

事件はその矢先のことだった。

そんな事情だったから 犯人たちが考えたほど松本家は富裕ではなかったが、結果としてベンツが仇となって狙われてしまったのである。

事件後の家宅捜索では、真二郎さんがかつてヤミ金融に出資していたことや、真二郎さんが借りていたマンションで販売用の大麻を栽培していたことなどが発覚したため 裏社会との接点が見え隠れし、そういう経緯からも捜査は多方面に目を向ける必要があったと思われた。

しかし、暴力団担当刑事はきっぱりとこう言っていたという。

刑事
これは絶対にマルB(=暴力団)が実行犯じゃない。あいつらは幼い子供には手をかけない。
 
 
しばらくして、遺体の遺棄に使われたのと同じダンベルや手錠を 6月18日に量販店で購入していた男が捜査線上に浮上した。

県警が防犯ビデオに写った男の似顔絵を公開したところ、寄せられた情報から、それが福岡市東区に住む王亮であると特定された。

7月に王亮の自宅アパートを家宅捜索したところ、室内に残された微物のDNAが、ベンツ車内から検出されたものと合致した。

ところが、このアパートに同居していた王亮と楊寧の二人は 事件4日後の6月24日にはすでに中国・上海に向けて出国していた。

しかし、楊寧の携帯電話の履歴から魏巍の存在が浮上し、魏巍が日本から出国する直前の8月6日に 警察は魏巍を別件逮捕して身柄を拘束した。
 
 
王亮と楊寧は早々に出国したのに、なぜ魏巍はそうしなかったのか。

その理由のひとつは、口封じのために王亮と楊寧から殺されることを魏巍が恐れたためだった。

魏巍は取り調べの中で「二人の態度がおかしく、一緒にいたら殺されるかもしれないと思った」と供述している。

もうひとつの理由は金銭的な事情だった。

留学2年目だった魏巍は日本での生活の中で次第に遊興費が増えていき、2003年度の学費の支払いにも窮するほど金に困っていた。

そのため金を貸してくれた知人の誘いを断りきれずに、一家4人殺害事件の直前にも窃盗を繰り返す日々を送っていたが、思ったほどは稼げなかったという。

そんな時、王亮と楊寧から「少なくとも百万円、それ以上の数百万円の分け前を与える」との甘言をささやかれ、魏巍は犯行に加わることを決意した。

しかし実際には、一家4人を殺害して手にした取り分は わずか1万円にすぎなかった。
 
 
スポンサーリンク



 
 
日本で魏巍が逮捕され、中国で王亮と楊寧が身柄を拘束されたことが明らかになると、この事件が本当に中国人3人だけの犯行なのかということが取りざたされた。

中国人マフィアはどんなことがあっても仲間について自白することはない…という言い伝えがあり、彼ら三人が親兄弟への報復を怖れて、あえて自分たちだけで罪をかぶっているのでは!?などという憶測も飛んだ。

三人は松本家に侵入してすぐに千加さんと海くんを殺害し、ひなちゃんを人質とり、帰ってきた真二郎さんからカードの暗証番号などを聞きだすと早々にひなちゃんを殺し、さらに海中に遺棄することで真二郎さんの命を奪っていた。

しかも遺体を遺棄するための重石や手錠なども全て事前に準備されていた。

・・・ということは、あらかじめ殺害と死体遺棄が織り込み済みの犯行である。

金銭目的だけで、果たしてここまでむごいことをするだろうか?という、警察が最初に推測したことが そのまま疑問として残る。

ここまでのことをするというのは、怨恨や見せしめの意味合いを含む嘱託殺人だったのではないか?という疑惑が持ち上がるのも 当然といえば当然である。

真二郎さんのいとこ
犯人たちは金目当てだったと言っているが、家にはエルメスのバーキンやブルガリの腕時計、貴金属がそのままになっていた。
 
確かに現金は持ち出しているが、家探しは何もしていない。
福岡県警担当記者
遺体を遺棄してから犯人たちは車をわざわざ遠く離れた久留米市で乗り捨てているが、彼らは高速道を使わずに一般道で移動している。
 
そのときにどういうわけか幹線道路のNシステムに引っかかっていない。
 
土地勘のない彼らがなぜそういう経路を辿れたのかは疑問だ。

福岡県警は実際に「嘱託殺人」の線も視野に入れて捜査を進めていたという。

県警担当記者
現場の捜査員は皆「この3人だけのはずがない」と思っていたが、誰も口を割らない。
 
魏巍は当初「王亮に犯行に加わるように依頼されたが、王も誰かに頼まれてるようだった」と供述していた。
 
しかしその話も立ち消えになり、いつしか3容疑者の供述が「金目当てで実行した」「誰にも頼まれていない」という点で共通しているから矛盾はないという流れになった。

2003年11月26日、この事件は「中国人三人による強盗目的の犯行」と断定された。

そして2004年1月8日、魏巍は松本さん一家4人に対する強盗殺人、死体遺棄、住居侵入容疑で再逮捕された。

初公判は3月23日に始まり、控訴審・上告審を経て、2011年10月20日、魏巍に死刑判決が下された。

2017年8月現在37歳の魏巍・死刑囚は福岡拘置所に収監され、死刑の執行を待つ身である。
 
 
スポンサーリンク



 
 

[via]朝日新聞 読売新聞 毎日新聞 産経新聞 週刊新潮 週刊文春   戦後ニッポン犯罪史   日本凶悪犯罪大全   戦後事件史データファイル   現代殺人事件史   昭和・平成 日本の凶悪犯罪100   殺しの手帖   日本殺人巡礼