富士銀行行員顧客殺人事件

富士銀行行員顧客殺害事件 岡藤輝光

1998年、富士銀行(現・みずほ銀行)春日部支店の行員だった岡藤輝光(当時31歳)は マッサージ業を営む福田次郎さん(74)と妻・福田ツネさん(67)の担当をしていた。

老夫婦は担当の岡藤輝光を信頼し、定期預金の運用を岡藤に託していた。

岡藤輝光はその金を使って、裏で浮貸しを行っていた。

それは手元の金を運送業者へ融資するという不正行為である。

浮貸し(うきがし)とは、金融機関の職員がその地位を利用し、自己又は当該金融機関以外の第三者の利益を図るため、金銭の貸し付け、金銭の貸借の媒介又は債務保証をすることをいう。

金融機関の信用を損なったり資金を危険に晒す行為のため、出資法により禁止されている。

この運送業者は融資の基準を満たしていなかったが、岡藤輝光は福田夫妻から預かった千数百万を浮貸しに使い、結果的に2500万円もの債務を負ってしまった。

返済に窮した岡藤はこのままだと福田夫妻に対する資金の返済が滞ってしまうが、とりあえず福田夫妻に7月2日に金を持参すると書いた名刺を渡した。

そんな折、返済期限の7月2日の前日に岡藤輝光は異動の内示を受け さらに万事休す、ことの発覚を恐れ、福田さん夫婦を殺害することにした。
 
 
1998年7月2日の午前11時頃、岡藤輝光は埼玉県南埼玉郡宮代町の福田夫妻宅を訪れて、夫人の肩をもんでやるといって近づき、肩をもむふりをして福田ツネさんを絞殺した。

盲目だが、妻の異変に気付いた福田次郎さんも続けて絞殺された。

岡藤輝光は福田夫妻に渡した返済の意志を裏書きした自分の名刺を奪って逃げた。
 
 
7月4日朝、福田夫妻の遺体が発見された。

警察の捜査線上に浮上した岡藤輝光が犯行を自供し、7月8日に逮捕され、強盗殺人罪で起訴された。

公判で岡藤輝光は殺人容疑は認めたが 強盗容疑については否認している。

一審の浦和地裁は検察の死刑求刑に対し「無抵抗の老夫婦を殺害した残虐非道な犯行だが、富士銀行が遺族に相当高額の金品を支払う調停が成立している」として、岡藤輝光に無期懲役判決を言い渡した。

検察側はこの量刑を不服として控訴したが、二審の東京高等裁判所は2000年12月にこれを棄却。

以降、検察が上告を行わなかったため、ここに岡藤輝光の無期懲役が確定した。
 
 
岡藤輝光の生い立ちは福岡県生まれ、小さな運送会社でトラック運転手として働く父のもとに 輝光は3人兄弟の長男として生まれた。

輝光は進学校の県立筑紫高校に進み、ラグビー部で活躍したため ラグビー枠で福岡県内の私立大学に進学している。

性格は不器用ながらも仲間思いで情に厚く、周りの評判は良かったと同級生は言う。

中卒の父親は息子を大学まで通わせ、岡藤照光は大手都市銀行に就職し、前途洋々のはずだったが…これはバブルが崩壊したしわ寄せが、銀行員(加害者)と老夫婦(被害者)の運命を大きく狂わせた事件だった。
 
 
スポンサーリンク


        [via]   戦後ニッポン犯罪史   日本凶悪犯罪大全   戦後事件史データファイル   現代殺人事件史   昭和・平成 日本の凶悪犯罪100   殺しの手帖   日本殺人巡礼     



富士銀行行員顧客殺害事件 岡藤輝光