エクオールとは?効果は?その正体と大豆イソフラボンとの関係

エクオール 大豆イソフラボン

エクオールとは何か

大豆イソフラボンの健康効果は広く知られるところです。

心筋梗塞、脳卒中、骨粗しょう症の予防や肌の老化予防。

女性ホルモン様の作用があることから「女性の味方」のように思われている感もあります。

ただ、イソフラボンをたくさん摂りすぎた場合の弊害なども示唆されているため、厚労省は摂取上限量を厳しめに設定しています。

食品に換算すると、豆腐だと1丁、納豆だと2パックくらいを上限にしています。

うん、確かに厳しめだな。この量↑ そんなに大した量じゃないですよね。

厚労省は立場上、かなり上限量を低く設定しているような気がします。
 
大豆の場合、主なイソフラボンは 「ゲニステイン」と「ダイゼイン」です。

このうち、ダイゼインが腸内細菌のはたらきで代謝されてできる物質・・・これがエクオールの正体です。

エクオール産生菌を腸内に持っていない人の場合は、イソフラボンはダイゼインの状態で体に吸収されます。

「エクオールがないとイソフラボンを摂っても無駄?」とググってアクセスしてくる方が多いですが、たとえイソフラボンをエクオールに変えられなくても、ダイゼインの状態で身体に吸収されていますので、まったく無駄ということはありません。

ただし、ダイゼインには女性ホルモン様作用はとても弱いという事実はあります。

エクオールであれば、その作用が数倍に跳ね上がる。

だからぜひともエクオールが欲しい!ということなんです。

皆が期待する作用が倍増することが、エクオールが「スーパーイソフラボン」と呼ばれる所以です。

つまり、大豆イソフラボンを取った時に期待する女性ホルモン様作用の正体こそがエクオールなのです。
 
 
スポンサーリンク



 
 

エクオールは男性には不要!?女性だけに有効なものなのか?

「女性ホルモン様」だからといって エクオールが男性には関係ないということはありません。

なぜなら、エクオールを持っている人は 性ホルモン依存性疾患のリスクが低くなるからです。

男性の場合は前立腺がんの予防効果が期待でき、女性の場合は、乳がん、更年期障害の軽減、骨粗しょう症の予防が期待できるといわれています。

あと、男性の大きな悩みのひとつの薄毛やハゲにも、エクオールには薄毛改善効果も見られることから有効であるともいわれています。

育毛剤ほどの効果はないものの、エクオールは男性型脱毛症の原因であるジヒドロテストステロン(DHT)と結合することから、毛母細胞の働きが活発になると考えられています。
 
近頃は自宅採尿のエクオール測定で、自分がエクオール産生菌を持っているかどうかが 病院に行かなくても簡単に調べられますが、産生菌を持っている日本人は50パーセント未満。二人に一人は、エクオールを作ることができていません。

エクオールがあるかどうかを調べる検査キット「ソイチェック」は これ↓です。

エクオール産生のカギを握る腸内フローラ

腸内フローラに関する研究は未だ不明なことが多く、エクオールについても未知の部分が多いです。

でもエクオール菌が特定されれば ゆくゆくは腸内細菌サプリメントを飲んだり便移植を行うことなどで 誰もが有効な腸内細菌を獲得できる時代が 近い将来にやってくるかもしれません。

あ、便移植というのは、ちょっと「うわ~((((((ノ゚⊿゚)ノ」と思ってしまうんですけど。良い腸内細菌を持つ健康な人の便を100グラム位いただいてきて、それを生理食塩水に溶かして撹拌し、ろか過したものを注射器に入れて大腸内視鏡で注入するというものです。

これが有効なのは 代表的なのは大腸疾患なんですけれど、糖尿病や慢性疲労症候群、不眠症などでも 便移植による臨床試験がすでに始まっているらしいです。

あと、肥満もそうですね。

やせた人と太った人とでは腸内フローラがだいぶ異なっています。

太りづらい人が持つ「やせ菌」を、太った人が持つ「デブ菌」が蔓延する腸内に送り込んでやる便移植を施せば、いずれ肥満が解決される日がやってくるのかもしれません。

でも、もうすでに「やせ菌サプリ」は登場しているから、そちらが主流になるかもしれませんけれど。

エクオールには薄毛の予防効果もありますし、うつ病も、最近の研究では、腸内フローラが大きく関与していることがわかってきています。

だから「腸は第二の脳」と呼ばれるわけですね。

腸内細菌次第で 体質も体型も性格も変わってしまうなんて・・・腸と腸内フローラ おそるべし^^;
 
 
スポンサーリンク



 

[via]朝日新聞 読売新聞 毎日新聞 産経新聞 週刊新潮 週刊文春   戦後ニッポン犯罪史   日本凶悪犯罪大全   戦後事件史データファイル   現代殺人事件史   昭和・平成 日本の凶悪犯罪100   殺しの手帖   日本殺人巡礼