エアコンのカビで病気!アスペルギルス フミガータスを毎日吸い込んでいるってホント!?

エアコン カビ

2014年8月。東京都に住む男性は、突然、咳が止まらなくなりました。

病院へ行くとその男性は即入院に。

医師の診断は、急性肺アスペルギルス症

急性肺アスペルギルス症とは、アスペルギルス・フミガータスというカビを吸い込んで起こる感染症です。

症状は咳、発熱、胸痛、呼吸困難など、死に至る可能性もあります。
 
カビ マスク
 
アスペルギルス・フミガータスはカビの一種。

アスペルギルス・フミガータスは家の中、空気中などどこにでも存在し、活動期間は年中無休。

口や鼻から体内に侵入し、最悪の場合は死に至る感染症を引き起こします。

アスペルギルス・フミガータスの居場所はエアコンのフィルターテレビの裏などに多く生息します。

どの一般家庭にもほぼ100%存在する、ほこりの中に潜むカビなのです。

…ということは、ほとんどの人が発症する可能性がありますか?

医師
急性肺アスペルギルス症にかかるのは全員というわけではありません。

免疫力の落ちた患者さんにしか、基本的にはかかりません。

この男性は糖尿病などを患っていて免疫力が落ちていたため、アスペルギルス・フミガータスに感染し、急性肺アスペルギルス症を発症したのです。

では、急性肺アスペルギルス症をどうしたら予防できますか?

医師
アスペルギルス・フミガータスはホコリの中にいるので、まめに掃除をすることが重要です。

アスペルギルス・フミガータスの防衛グッズは マスク。

掃除のときにマスクをつければ、感染のリスクを下げられます

 
 
スポンサーリンク


        [via]   戦後ニッポン犯罪史   日本凶悪犯罪大全   戦後事件史データファイル   現代殺人事件史   昭和・平成 日本の凶悪犯罪100   殺しの手帖   日本殺人巡礼