デヴィ夫人の芸能事務所で横領事件!辻村秀一郎 元経理担当逮捕

 
デヴィ夫人芸能事務所 横領事件

2017/10/27 デヴィ夫人の芸能事務所で横領事件!辻村秀一郎 元経理担当逮捕

  
タレントのデヴィ夫人(77歳)が代表を務める芸能事務所の現金を横領したとして、警視庁は事務所の元経理担当の辻村秀一郎容疑者(60歳・無職・東京都新宿区新宿5丁目)業務上横領の疑いで逮捕しました。

辻村秀一郎
詳細は覚えていない。思い出したら話す。
 
デヴィ夫人事務所横領事件

デヴィ夫人事務所横領事件

via:https://youtu.be/Gh0AfNrZRvk

 
渋谷署によると、辻村秀一郎容疑者は芸能事務所「オフィス・デヴィ・スカルノ」(東京都渋谷区)に経理担当者として 2011年2月から2016年9月まで週3日勤務していましたが、会計士の資格も税理士の資格も持っていません。

逮捕容疑は2016年3月、芸能事務所「オフィス・デヴィ・スカルノ」名義の口座から、自分で使う目的で現金60万円を引き出して横領した疑い。

「オフィス・デヴィ・スカルノ」は1999年の設立で、デヴィ夫人のマネジメントなどを行っています。

2016年9月、事務所が内部調査を行ったところ不正が発覚し、デヴィ夫人本人が渋谷署を訪れて相談していました。

署が調べたところ、芸能事務所名義の口座から約300回にわたり約1億7千万円が引き出されていたことが判明したということです。

デヴィ夫人コメント
このような事件が起きたことを大変遺憾に思います。

デヴィ夫人のコメント全文

マスコミ各位

この度の横領事件につきまして、ご報告を申し上げます。

監査法人三優会計社の総括代表であり、世界第5位のBDOインターナショナル会計事務所と提携しているCMC税理士法人、杉田会計アソシエイツの代表、杉田純氏より派遣されてきた辻村秀一郎を信用しており、彼は週に3回、弊社の会計を受け持つため勤務しておりました。

また同じくCMC税理士法人、杉田会計アソシエイツより辻村の監督をする意味で、税理士・阿部俊郎氏も、月に2回弊社に来ておりました。

しかしながら、5年半に渡り、1億7056万2900円にも及ぶ横領が判明しておりませんでした。

故に私が心から信頼、信用していた杉田会計から派遣された阿倍(原文のまま)氏にも監督責任があると思います。

他に、証拠をもって判明できない現金の取り扱いが、3556万3700円、毎年の納税の時期になると、辻村より「お金が足りない」と言われ、銀行からの借入金が、計6200万円(利息別として)、被害が生じております。

被害総額は、計2億6812万6600円にも及びます。

2011年2月から2016年9月までの間、辻村による横領が続けられており、そんな彼を不審に思った私どもが、2016年2月より会計事務所を、税理士法人 望月会計事務所に代え、調べてもらいましたが、彼らでさえ7カ月間判明せず、ようやく9月に偶然の事故により判明致しました。

辻村は、このような大それたことをする人とは思えず、結果的に大変な知能犯ということがわかりました。

このような事件が起きたことを、大変遺憾に思います。

デヴィ・スカルノ(署名)

デヴィ夫人は東京都内で取材に応じ、別に計約1億円の被害があるとして、被害総額は約2億7000万円に上ると主張しました。

デヴィ夫人
お家が一軒買えたと思うと残念。
横領した金を「女性」に使っていた。
罪を償っていただきたい。
 
 

11/16 辻村秀一郎容疑者を業務上横領罪で起訴

東京地検は11月15日、業務上横領罪で、元経理担当・辻村秀一郎容疑者(60・無職・東京都新宿区)を起訴しました。

起訴状などによると、辻村秀一郎被告は2016年3月中旬、芸能事務所「オフィス・デヴィ・スカルノ」(渋谷区)名義の口座から現金60万円を引き出して着服したとしています。

捜査関係者によると、辻村被告は300回ほど着服を繰り返しており、被害総額は約1億7千万円に上るとみられています。

2016年9月、打ち合わせの際にデヴィ夫人が着服に気づき、契約を解除されていました。
 
 




 
 

「オフィス・デヴィ・スカルノ」事務所運営費横領事件

2018/1/11 初公判

タレントのデヴィ夫人(77歳)が代表を務める芸能事務所「オフィス・デヴィ・スカルノ」の運営費を着服したとして、業務上横領罪に問われた事務所の元経理担当、辻村秀一郎被告(60歳)は1月11日、東京地裁(大川隆男裁判官)の初公判で起訴内容を認めました。

元経理担当の辻村秀一郎被告は2015年から翌年にかけ、デヴィ夫人が社長を務める芸能事務所「オフィス・デヴィ・スカルノ」の運営費あわせて416万円を着服した罪に問われています。

検察側
事務所の口座から60万円を引き出したあと、59万円を辻村被告の口座を介して交際相手の口座に移した。

辻村被告は2011年2月、税理士事務所から派遣され経理を担当しており、デヴィ夫人が2016年9月、税理士に資産運用の相談をした際に不正が発覚していました。
 
 
デヴィ夫人は辻村秀一郎被告の初公判を傍聴した後 自宅前で取材に応じ、被告に対して怒りの言葉を投げかけました。

悪びれた様子も反省の様子もない。
盗っ人猛々しいって感じでしたね。

デヴィ夫人は開廷直前に法廷に姿を見せ、傍聴席の最前席に着席し、辻村被告とは目が合ったということです。

すぐ向こうがそらしたんですが、人としての感情がない感じだった。
申し訳ないという気持ちが、もう少しあると思っていた。
 
何か拘置所で三食食べると、とても健康な生活に戻るみたいで。
元気そうでしたね。
 
公判はまだ最初のとっかかりのとこなので…。
『大変なことの始まり』ですね。
 
次回公判も傍聴しに行きますよ。
きょう本人も(罪を)認めたということですが…。
こういうケースではお金が戻ったことないのであきらめています。
via:スポーツ報知

デヴィ夫人によりますと、使途不明金は1億7000万円に上るということです。

検察側は追起訴する予定で、次回の裁判は3月に行われます。
http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180111-OHT1T50121.html
   
 
スポンサーリンク



 
 

 




てるみくらぶ詐欺事件