千葉銚子漁港 小野拓也さん 死体損壊 遺棄事件で容疑者3人逮捕!

銚子漁港 死体切断 遺棄

8/10 千葉銚子漁港 小野拓也さん 死体損壊 遺棄事件の容疑者逮捕


 
2016年9月、千葉県銚子市の港で男性の胴体が見つかった事件がありました。

この男性の遺体を切断して遺棄したとして男3人が逮捕されています。

逮捕されたのは、麻崎康秀容疑者(まさきやすひで・37歳・我孫子市台田・建築作業員)と柳沼光一郎容疑者(やぎぬまこういちろう・30歳・千葉県柏市緑台・自称会社員)、副島蓮容疑者(そえじまれん・24歳・東京都中野区沼袋・警備員)の3人。

この事件は 千葉県の銚子漁港で小野拓也さん(おのたくや・33歳・茨城県牛久市・職業不詳)の胴体が見つかったというものです。

警察によると、2016年8月26日頃から9月22日頃に 容疑者3人が小野さんの遺体を刃物で切断し、銚子漁港周辺に遺棄した 死体損壊・遺棄容疑が持たれています。

胴体以外の部位はこれまで発見されておらず、胴体に致命傷はありませんでした。

3人とも小野拓也さんと面識があり、3容疑者と小野さんは金銭トラブルになっていたとみられています。

麻崎康秀容疑者と柳沼光一郎容疑者は容疑を否認していますが、副島蓮容疑者は容疑を認めています。

警察は3人の殺人容疑での立件も視野に捜査しています。
 
 
スポンサーリンク