千葉16歳少女 墓石撲殺事件

少女墓石撲殺事件 石橋広宣

2003年10月1日午前3時過ぎ、千葉市若葉区の貝塚墓地で、石橋広宣(いしばしひろのぶ・当時22歳)は仲間の少年たちと、自分の妻であるYさん(当時16歳)を殺害した。

石橋広宣はYさんを騙して現場まで連れてきて、仲間の少年と激しいリンチを加えた。

用意していたハンマーで順番にYさんを殴りつけ、近くにあった70キロもの墓石用の石材を彼女の顔に何度も叩きつけた。

そして最後にYさんの身元を隠すために、ライターオイル10数本を使って遺体に火をつけて逃亡した。

Yさんの遺体は約4時間後の午前7時10分頃、まだ火のついた状態でジョギングで通りかかった男性に発見された。
 
 
 
スポンサーリンク



 
 
石橋広宣の母親は彼が中学生の頃に再婚したが、広宣は新しい父親とそりが合わなかった。

そして「自分は必要のない人間なんだ」と勝手に思い込むようになり、石橋広宣の生活はすさんでいった。

さらに高校1年のときに仲間に騙されて車の窃盗の罪をかぶせられ、少年鑑別所に送致されている。

これが原因で石橋広宣は人間不信に陥り、一気に彼の人生は転落していった。

18歳の時にはコンビニ強盗をして逮捕され、東北少年院に送られたが、出院後も窃盗などを繰り返して、この事件を起こしたときにも執行猶予中の身だった。

石橋広宣は年下の少年らを率いて、千葉で強盗や窃盗を繰り返し、仲間たちと共同生活していた。
 
 

一方、Yさんは中学3年の頃から不良グループと付き合うようになっていた。

高校に進学するも高校1年生の10月には自主退学し、以後はカラオケ店でアルバイトをしていたが、カラオケ店の待遇に不満を抱き、より高給な水商売で働きたいと考えた。

ところがまだ16歳のため、水商売に就くことはできない。

石橋広宣はそんなYさんの悩みに目をつけ、

石橋広宣
成人である自分と結婚すればYさんも成人として扱われるため、水商売で働くことができる。

・・・と嘘をつき、偽装結婚を持ちかけ、Yさんと形だけの戸籍上の結婚をした。

この場合、民法の上では成人の扱いとされるが、風俗営業法による規制から18歳未満で就職することは禁じられている。

そんなこととは知らず、Yさんは石橋広宣と2003年7月に婚姻届を提出し、その後キャバクラで働き始めた。
 
 
スポンサーリンク



 
 
石橋広宣がこのときにYさんに結婚を持ちかけたのには他にわけがあった。

当時、石橋広宣は複数の消費者金融から300万円もの借金をして首が回らなくなっていた。

偽装結婚して自分の姓をYさんの苗字に変えることで借金を踏み倒し、新たな借金をしようと考えていた。

石橋広宣はこれまでも別の女性との結婚・離婚をし、苗字を変えて多額の借金を踏み倒していたのだった。

しかし、石橋広宣が考えた悪だくみはこれだけではなかった。

キャバクラで働き始めたYさんから、水商売で働けるようにした見返りとして上納金を納めさせたのだ。

さらにYさんがそれを払えなくなると、今度は彼女をデリヘルで働かせた。

Yさんもはじめはこれに応じたが、次第に我慢ならなくなり、偽装結婚を警察に通報すると石橋に言った。

そのため石橋広宣はYさんの口封じをしようと、仲間の少年4人とともに彼女を殺害したのである。

石橋広宣は少年らに「Yが自分たちがやった窃盗事件を警察に通報しようとしている」と騙して犯行に加わらせた。
 
 

事件発覚後、石橋広宣は警察に情報を提供して、自分に疑いが向かないように仕組もうとしていた。

悲しみの中 マスコミのインタビューを受けるなど、被害者を装っていた。

ところが、警察は石橋広宣とYさんの偽装結婚を掴んでいたし、大量にライターオイルを買い込んだり 万引きする石橋広宣と少年らの防犯カメラの映像を入手していた。

そして5人は逮捕された。

石橋広宣は容疑を否認していたが、少年4人が殺害を自供したため、終いには石橋も犯行を認めた。
 
 
2005年2月22日、千葉地裁は石橋広宣に求刑通り無期懲役の判決を下した。

石橋はこの判決を不服として控訴したが、後に取り下げ、無期懲役刑が確定した。

仲間の少年4人は千葉家裁の少年審判の後、千葉地検に逆送された。

千葉地裁で3人に懲役5年以上10年以下、遺体損壊に加わらなかった1人に懲役3年6ヶ月以上7年以下の実刑が言い渡された。
 
 
スポンサーリンク


 



熊本殺人未遂事件 猫が引っ掻いた