ビ・ブライトの元職員22歳の男を逮捕!傷害容疑【知的障害者施設暴行事件】

ビ・ブライト 逮捕 傷害容疑

2017.9.12 ビ・ブライトの職員だった佐藤大希容疑者(22歳)を傷害容疑で逮捕!

 


 
宇都宮市の知的障害施設「ビ・ブライト」で入所者の28歳男性が腰の骨を折るなどの大怪我をして一時意識不明となった事件の続報です。

栃木県警は9月11日、当時この施設の職員だった佐藤大希容疑者(22歳)を、傷害容疑で逮捕しました。

捜査関係者によると、佐藤大希容疑者は今年4月15日夕方、施設内で入所者の男性をモップで殴ったり蹴ったりして、腰椎を折るなど6ヶ月以上の重傷を負わせた疑いがもたれています。

被害男性は翌4月16日夜、顔色が悪くなって意識不明となり、救急搬送されていました。

診断の結果は腹腔内に約1.5リットルの出血が確認され、現在も東京都内で療養中です。

この事件は男性の家族からの相談を受けたことがきっかけで、栃木県警が傷害事件とみて捜査に着手しています。

目撃証言などを元に佐藤大希容疑者の事情聴取をして、傷害容疑が固まったため逮捕に至りました。

現在警察は、他の職員の関与についても調べています。

さらに施設を運営する社会福祉法人「瑞宝会」本部や関連施設など5ヵ所を捜索し、防犯カメラの映像やパソコンなどを押収しているということです。

被害男性の母親
犯人は許せない!
施設を運営してきた法人の責任も明らかになることを願っています。
瑞宝会理事長・土屋和夫氏
当初は事件と事故の両面から内部調査していたが、警察から事故ではないと言われたので真摯に受け止め、捜査に協力したい。

佐藤大希容疑者は、この施設に入所しながら、職員を補助する形で働いていたということです。

9/12 施設に勤務していた24歳の女にも逮捕状!

警察は目撃情報から、当時施設に勤務していた職員の24歳の女にも、事件にかかわった疑いがあると見て、逮捕状をとって捜査しています。

女とは連絡が取れておらず、警察は女の行方を追っています。

▼詳しくはこちらから▼

宇都宮市 知的障害者施設「ビ・ブライト」で暴行事件まとめ

 
 
スポンサーリンク


[via]   戦後ニッポン犯罪史   日本凶悪犯罪大全   戦後事件史データファイル   現代殺人事件史   昭和・平成 日本の凶悪犯罪100   殺しの手帖   日本殺人巡礼      



ビ・ブライト 逮捕 傷害容疑