インコのバンブルフット趾瘤症対策の止まり木とテープのおすすめ8選

インコの足裏が赤くなったり、一部が硬くなったりしていませんか?

もしかするとそれはインコがバンブルフット(趾瘤症しりゅうしょう)になっているのかもしれません。

バンブルフット(趾瘤症)は止まり木に接する部分で起こるので、こじらせてしまうと痛みが強くなったり感染症が起きたりと、鳥にとってとてもつらい状況です。

老鳥だけに起こるのかと思いきや、若い鳥にも頻発するので、予防することと早期発見を心に留めて 愛鳥の観察をする必要があります。

  1. インコのバンブルフット趾瘤症対策の止まり木とテープのおすすめ8選
    1. バンブルフットとは?趾瘤症の原因は?自然治癒できる?
    2. バンブルフットのオカメインコ(閲覧注意)
    3. 若くて健康なインコでも老鳥でもバンブルフット(趾瘤症)になる
    4. つるつるすべすべの止まり木はインコの足にやさしくない!
    5. インコの足のタコや踵の褥瘡じょくそう(床ずれ)…かたい床や肥満もバンブルフット(趾瘤症)を招く
  2. インコのバンブルフット対策!止まり木に保護テープを巻くだけでも予防につながる
    1. 止まり木に巻くおすすめの保護テープは?
    2. 止まり木の保護テープの巻き方のコツ
    3. 保護テープを巻いた止まり木に慣れるまで時間をかけて歩み寄る
    4. 保護テープの色選びのコツ
    5. 保護テープの保管の注意
    6. 止まり木を清潔に使うため予備を用意してローテーションで使い回すのがおすすめ
  3. インコの足にやさしい自然木止まり木のおすすめ7選!kawai ニームパーチがイチオシ!
    1. kawai ニームパーチ(カワイニームパーチ)
    2. コルク枝のとまり木 30cm とりっぴーオリジナル
    3. SANKO スパイラルパーチ
    4. カクタスパーチ(サボテンの止まり木)風 マヌーミネラルパーチ
    5. SANKO ラタンパーチ
    6. マルカン 森の小枝 止まり木
    7. SANKO シェイプパーチ【脚弱対策・握力強化】

インコのバンブルフット趾瘤症対策の止まり木とテープのおすすめ8選

インコの足裏が赤くなったり、硬くなってタコのようなものができている状態をバンブルフットといい、趾瘤症しりゅうしょうとも呼ばれるインコに多い足の病気です。

バンブルフット(趾瘤症)と調べると、インコをはじめ鳥類の足裏にタコがごつっとできている写真がいくつもあります。

バンブルフットとは?趾瘤症の原因は?自然治癒できる?

原因は、肥満や腫瘍そして腹水による体重の増加、片方の足の障害、老化などによる握力の低下、太さや材質の合わない止まり木の使用など、足の裏に負担がかかるような条件が重なる事により発症します。
引用元:さつき台動物病院

バンブルフット(趾瘤症)の症状は、初期のころは足の裏が少し赤くなる程度ですが、悪化すると足裏のタコが邪魔をして止まり木をうまくつかめなくなってきます。

さらに悪化すればインコが足を自由に動かせなくなったり、痛みも生じます。

バンブルフット(趾瘤症)は一度治っても再発しやすく、ひどい場合には敗血症で死亡することもあります。

治療をせずに放置し、止まり木などの足回りの環境をひとつも改善しなければ 自然治癒はまず無理です。

バンブルフットのオカメインコ(閲覧注意)

若くて健康なインコでも老鳥でもバンブルフット(趾瘤症)になる

足の裏だけに発見に時間がかかることが多く、インコの動きがいつもと変わった様子がなければ なかなか飼い主は気づきません。

たまたまケージの側面に掴まったインコの足の裏を見て驚いたり、赤く腫れあがってからはじめて気がつく飼い主も少なくありません。

バンブルフット(趾瘤症)は、不適切な止まり木の使用による足裏への負担や血行不足など、さまざまな理由が原因で発症します。

つるつるすべすべの止まり木はインコの足にやさしくない!

多くの方が使っている止まり木は、元々ケージに付属してくる 表面がつるつるとした凹凸のないシンプルな止まり木ではないでしょうか。

そういう止まり木は一見してインコの足にやさしそうに見えますが、実は鳥の足への負担が大きく、凹凸がない分滑りやすくなっています。

このような止まり木ではインコは止まり木から落下しないようにと余計な力を足に入れることになり、それがバンブルフット(趾瘤症)につながることもあります。

あまり止まり木から動かないインコや老鳥の場合はなおさらつるつるの止まり木では足の血行不足にもなりやすく、バンブルフット(趾瘤症)のリスクが高まります。

足が悪くなったり止まり木に止まれなくなる原因はいろいろありますが、鳥も年齢と共に筋肉量が低下するので、今まで使っていた止まり木からでも落ちてしまうようになる個体が多いのです。

老鳥インコだけでなく若い鳥にも多く発症するバンブルフット(趾瘤症)にさせないためには、止まり木に工夫をすることが有効です。

インコの足のタコや踵の褥瘡じょくそう(床ずれ)…かたい床や肥満もバンブルフット(趾瘤症)を招く

バンブルフット対策

止まり木だけでなく、硬い床での生活や体重増加もバンブルフット(趾瘤症)の原因です。

バンブルフットとか趾瘤症とかの専門用語はわかりづらいですが、わかりやすくいうと足にできたタコや褥瘡(床ずれ)のようなものです。

インコの場合だと足裏だけでなく踵にもこれらの症状が現れます。

生活環境を改善することはもちろん、体重の管理にも気を配る必要があります。

体重増加は単なる肥満だけでなく、腫瘍や腹水などによる場合もあります。

足に現れた障害を甘く見ないで、動物病院に相談することが賢明です。




インコのバンブルフット対策!止まり木に保護テープを巻くだけでも予防につながる

止まり木に保護テープを巻いてあげる方法が バンブルフット(趾瘤症)の予防や改善のために 簡単にすぐにできる対策です。

バンブルフット(趾瘤症)は早期発見・早期治療で改善が見込める疾患ですので、止まり木の改善と、日頃から足を含めた全身のチェックをこまめにすることが大切です。

バンブルフット(趾瘤症)かも?と気になったときには、まずは一度獣医さんに相談することをおすすめします。

止まり木に巻くおすすめの保護テープは?

凹凸のないつるつるした止まり木に止まっているインコは、人間が硬い板の上で正座しているようなものです。

そう考えるとつらいですよね。早急にインコの足のためにクッションをつけてあげたいものです。

人間でいうところの座布団が、インコにとって止まり木に巻く保護テープなのです。

インコは太すぎる止まり木はうまく掴めませんし、クッション性のあるものをまくと中身をつついて出したり、それを誤飲する恐れがありますので、薄い保護テープを巻いてあげるのがいいです。

止まり木に巻く保護テープは自着生テープを使います。

止まり木の保護テープは人間が使うテーピングでも代用可能ですが、医療用に作られているものの中には湿布薬のようなニオイがするものもあります。

この独特なニオイが鳥体にどんな影響を与えるかわかりません。

人間用の鎮痛効果のある湿布に使われているサリチル酸メチル…これは揮発性で「鳥に有害である説」がありますので、自着テープならどれでもいいと考えない方がいいです。

過去にアロマディフューザーが原因でオカメインコが亡くなった事故も起きていますので、

インコに有害な木・植物・香水やアロマの死亡事故!香りも毒になる話
過去に起きたオカメインコのアロマ事故とインコの死因になり得る香りだけでも毒な植物の話。猛毒植物も普通に花屋で売っています。

小さな小鳥に使うものは神経質すぎるくらいでちょうどいいのです。

飼い主にもはっきりとわかるようなニオイはインコにとって刺激が強すぎたり、場合によっては命の危険にも及びます。

よって止まり木用に販売されている保護テープを使用するのが安全です。

止まり木の保護テープの巻き方のコツ

自着性の保護テープは止まり木にくるくる巻いていくだけですので難しいことはないのですが、巻き方にコツがあります。

一か所に巻く量を一定にしない。

この巻き方はバンブルフット(趾瘤症)の予防効果が期待できます。

自然木の止まり木の所々がごつごつしていて一定ではないように、保護テープを巻くときにも厚みに変化をつけてみるのがいいです。

保護テープを多めに巻つけるところ、少なくするところというように変化をつけると、さらにインコの足への負担を軽減できます。

多めに巻くといっても何重にも巻くと太くなりすぎてインコがつかめなくなってしまうので二重もしくは三重程度で大丈夫です。

多少の余裕を持たせながら巻いていく

保護テープはよく伸びる特徴がありますが、引っ張りながら強く巻きつけるとクッション性は減ってしまいます。

保護テープの効果を十分に発揮するためには 多少はゆるく余裕を持たせながら巻くのがおすすめです。

保護テープを巻いた止まり木に慣れるまで時間をかけて歩み寄る

バンブルフット対策

少しずつインコに保護テープに馴らすことから始めていく

インコのなかには保護テープを巻いた止まり木を拒否する個体も少なくありません。

ビビりが多いオカメインコなどは、保護テープを巻いた止まり木に慣れるまで少し時間がかかる子もいます。

保護テープを巻いた止まり木を見せて歩み寄りながら、時間をかけて少しずつ慣れてもらいましょう。

インコの抵抗感を少なくさせるためには、以下の2つの対策が有効です。

保護テープを巻いた止まり木を鳥かごのそばにしばらく置いておく
止まり木の一部だけに保護テープを巻く

警戒心の強いインコには新しいものを使用する前にインコの視界に入るようにしておくと「あれは怖いものではないのだ」と理解して、受け入れるのも早くなるでしょう。

保護テープの色選びのコツ

バンブルフット対策

保護テープの色はブラウン系、ホワイト系といくつか種類はあります。

もともと使っていた止まり木に近いナチュラルな色のほうがインコの抵抗感は少ないのですが…

すでにバンブルフット(趾瘤症)になって足に傷があるインコには 汚れや出血などがすぐにわかるようにホワイト系の保護テープの方が異変に気付きやすいかもしれません。

保護テープの保管の注意

一度に全量の保護テープは使用しないので、保護テープは  水に濡れない  湿度の低い場所…で保管しましょう。

保護テープの多くは使用前に湿ると粘着力が落ちてしまいます。

また、保護テープは直射日光が当たったり、高温になる場所には置かないでください。

熱で保護テープが変色したり接着面がベトベトにくっつく恐れがあります。

止まり木を清潔に使うため予備を用意してローテーションで使い回すのがおすすめ

バンブルフット(趾瘤症)では足裏が負傷しているケースが多いです。

糞や汚れが傷口について菌が侵入しないように気を配る必要があります。

保護テープを巻いたあとの止まり木は水洗いできないので、巻く前に止まり木を消毒してきれいな状態にしておきますが、止まり木の予備を用意しておけば、いつもきれいな状態をキープできます。

止まり木の保護テープの巻き換えの頻度は、衛生面を考えると週に1度がおすすめです。

バンブルフット(趾瘤症)は発症例が多くて再発しやすい病気ですので、発症を未然に防ぐために 今から止まり木に保護テープを巻く予防対策を講じておくことが大切です。
.

最年長のセキセイがカルシウム沈着で趾関節の固着+軽度のバンブルフットです。 今はまだパーチを握ることはできますが、いつ握れなくのかも分からないのでいつかのためにオーダーいたしました。

プラスチック製のブランコが大好きで長時間乗っているせいか 通院時に足の裏が赤く擦れていたのでこちらで購入し 止まり木とブランコに巻きましたら治りました。
引用元:Yahoo!ショッピング

インコの足にやさしい自然木止まり木のおすすめ7選!kawai ニームパーチがイチオシ!

バンブルフット対策

インコの止まり木は自然木のものがおすすめです。

市販のロープパーチでも同様の効果はありますが、劣化によりほつれたロープをインコが誤飲する事故がありましたのでお勧めしません(使っている方は頻繁にほつれをチェックしましょう)

いろいろな止まり木が出回っていますが、ここでは国内メーカーの自然木パーチと、ミネラルブロックでできたカクタスパーチ風止まり木を紹介します。

kawai ニームパーチ(カワイニームパーチ)


化学薬品不使用。「森の医者」と呼ばれるニームの木。虫を寄せ付けないといわれる自然木で作られた止まり木です。

カゴについていたツルツル止まり木でずっと同じ所に体重負担がかかり、1羽が1度バンブルフットになってしまい、止まり木に止まれない状態でしたが治ってから止まれるようになったので、脚の為に太さが違う止まり木を2本カゴに設置した方がよいと言われたのでSとMを購入。他の子の止まり木も一緒にまとめてニームパーチに変更しました♪みんな気に入って止まってくれてます。

セキセイインコ用にSとMを購入しました。健康なセキセイならSサイズが適正かと思います。ゲージに付属されている加工木の止まり木よりも一回り太いくらいで表面がゴツゴツしていて持ちやすそうです。顔を擦り付けたりかじったり楽しそうに使っています。

このSサイズでアキクサインコまで大丈夫です。Lサイズだとかなり太めでオカメインコからかな。インドでは有名なニーム、園芸部でも駆虫で有名なニームなので、どんな小鳥も保菌・保虫しているため、止まり木にニームを使おうと探していて見つけました。セキセイやオカメインコはかじっています。ニーム効能を調べると、かじっては原虫に効果があるでしょうし、止まっては脚の感染症(真菌やカイセンなど)に効果があるでしょう。そんな期待、大!! です。
引用元:CAP!

コルク枝のとまり木 30cm とりっぴーオリジナル

コルク枝の止まり木。コルクはやわらかく、足にも優しい素材です。

大型インコ用に購入。サボテンパーチから色々な木を取り付けてますが、どのケージにいても、とりっぴーさんのコルク枝の止まり木にいます。別サイトも入れてリピート購入三回目。コルク部分が厚く品質が安定してます。
引用元:amazon

SANKO スパイラルパーチ

自然の蔓木を使った止まり木です。その名の通りねじれて面白い形をした唯一無二の止まり木を喜ぶインコは多いです。

家で飼っているセキセイインコと小桜インコの為に購入しました。ケージ内で使う予定で購入しましたが、長くて入らなかったので放鳥時のとまり木として使うことにしました。お店にできるだけクルクルとカーブが多いものを頼んだらその通りのものがきてよかったです。木に所々突起が少しあるのですが我が家のセキセイインコはその部分をかじるのが好きです。ケージが大きくてはいったとしても木の端っこに穴があるだけなので固定は難しいと思います。木に幅があるのでカーブのへこんだ所に餌をいれることができます。ひまわりの種などのおやつをいれておくと喜んでたべています。

オカメインコのゲージに入れています。乗って齧ったりして楽しそうです、脚にも良さそう。天然モノということで、形と太さ、グリグリ度が毎回違います。太さは太めで、まん丸ではなく平べったい感じの部分とかもあります。片方に金属のリングと金具がありそれで付けるのですが、穴自体は上下に付いています。家の子は揺れるのがダメなので…穴にタコ糸を通してケージに固定しています。

最初セキセイインコ達は怖がって近寄らず、でも気になるようでした。放鳥の時に止まって日向ぼっこをしてくれたらいいなと窓際にかけて数日、いきなり登り出して遊ぶようになり、見えないささくれもガジガジするようになりました。楽しそうにしているのが嬉しいです。天然の木ということで安心です。
引用元:CAP!

カクタスパーチ(サボテンの止まり木)風 マヌーミネラルパーチ

一見するとサボテンでできた止まり木と思いきや、カクタスパーチに似せて作ったマヌーミネラル製の止まり木です。

インコ・オウムが土を食べるのはデトックスのため【マヌーミネラルブロック】

元はマヌーミネラルブロックなので天然鉱床と同じ必須ミネラル成分とカルシウムが含まれ、止まり木をかじれば簡単にミネラルの補給ができます。

オカメインコのバンブルフット(趾瘤症)の兆候が見られ、細めのカクタスパーチがいいとのことで急いで購入しました。本物のサボテンは貴重で太さも限られていたため、こちらの商品はとても助かりました。ビビりで有名なオカメインコ、さらに拘りが強く頑固なうちの子が気に入ってくれるか不安でしたが、1ヶ月ほどで慣れ、今ではとても気に入っているようです。

オカメインコ用。見た目は太く感じますが、止まり心地は良いらしく、たいへんお気に入りの場所に。自宅でくちばしや爪のケアをできなくて、かといってその為だけに病院に連れていくのも大変で、このパーチを齧らせてケアしています。使い始めて2年くらいですが、パーチでのケアだけで問題なく過ごしています。齧るのがとても楽しいらしく、とてもしっかりしたパーチですが、年間4~5本は見る影も無いほど齧りつくしています。
引用元:鳥グッズの店 Bird-style 楽天市場店

.

SANKO ラタンパーチ

ラタンでできた天然の止まり木なのででこぼこがあって掴みやすく、爪が自然に研がれます。

太さが違うので、足の裏の負担が軽減できていいと思います。

複雑なかたちをしていて、止まりやすいみたいです。問題なく使えてます。
引用元:SANKO ラタンパーチ30 天然籐を使った自然木止まり木

マルカン 森の小枝 止まり木

鳥が止まりやすい、荒けずりな天然木の止まり木です。

引き取ったセキセイインコが止まり木にとまらず下のほうばかり歩くため、爪がすごく伸びているのが気になって、止まり木をかえてみることにしました。環境を変えたせいか止まり木にもよく止まるようになって、木の太さもほどよく、しっかり脚を使って立っている感じ。見た目もナチュラルでいいです。気に入ってるようでくちばしとかをよく止まり木でかいていたり、かじってたり…。爪もみじかくなり、買ってよかったです。

もともとケージ付属の止まり木を使用していたのですが、こちらを装着したとたん速攻飛び乗り。いつもこの上でくつろいでいます。ガジガジかじったりお気に入りです。やはり自然のものが好きなんだなぁと思いました。
引用元:マルカン 森の小枝 止まり木

SANKO シェイプパーチ【脚弱対策・握力強化】

自然木そのままの止まり木ではありませんが、なめらかな波型形状で、足に刺激を送るパーチです。

お医者さんから、加齢で脚力が弱った文鳥のために細い止まり木を使うようアドバイスを受けています。どの太さを気に入るかわからないから、止まり木をいろんな太さに削って、どこにとまるか様子をみてはと言われ、自分で削りはじめたもののかなり面倒で、こちらの商品を見つけてすぐに購入を決めました。やはり細くなっている部分が掴みやすいようですが、本人(鳥)はあまりこだわりなく使っているようです。

セキセイインコのケージにつけています。均一の太さの止まり木を使用していたら、かかりつけの獣医さんより、同じ太さだと足の裏の同じところに負荷がかかるので、太さは均一じゃない方がよいといわれ、こちらを購入しました。色もナチュラルで、気に入っています。
引用元:三晃商会 シェイプ パーチ

子どもの頃に実家にいたオカメインコとの出会いからすでに40年超。未だ彼らへの愛と興味が尽きず「オカメインコ愛好家」の立ち位置から情報発信するyamaki がこのブログの中の人です。
 
ここには鳥ブログあるあるな「うちの子自慢」や「かわいいでしょ♪アピール」はありません。鳥の飼育本を丸写ししただけの机上の空論解説や、繁殖した雛の販売目的の宣伝PRもありません。鳥と飼い主のQOL向上(健康に楽しく)が目的のコンパニオンバードブログです。
 
フィンチとインコでは飼育に異なる点がありますが 小型~中型インコには共通項が多いことから、オカメインコだけに限らず中型までのインコ・オウム飼育に役立つ内容を更新していきます。