綾瀬母子強盗殺人事件

綾瀬母子強盗殺人事件

1988年(昭和63年)11月16日、東京都足立区綾瀬のマンションで、銀行員の妻(当時36歳)と長男(当時7歳)の母子が絞殺され、現金6万円が奪われた。

警視庁は綾瀬署に捜査本部を置き、強盗殺人事件として捜査を始めた。

母親の手足の縛り方がゆるかったことなどから少年の犯行の可能性が高いとみて、近隣の非行少年グループをリストアップしたところ、3人の少年グループが捜査線上に浮上した。

工員・A男(当時16歳・足立区綾瀬) 

工員・B男(当時15歳・栃木県足利市・犯行当時は綾瀬に在住)

工員・C男(当時16歳・足立区綾瀬)

1989年4月25日から3人に任意出頭を求めて事情聴取をしたところ、3人とも犯行を全面的に認めたため、A男とB男を強盗殺人容疑で、C男を窃盗容疑で逮捕した。

3人は事件当時、同じ中学の3年生で、A男とC男には自転車窃盗の補導歴があった。

A男とB男には両親がいるが、C男は親が離婚して父子家庭のため、3人はC男の家をたまり場にしていた。

A男は犯行現場のマンションに住む友人のところに時々遊びにきていて、被害者の母子とも顔見知りであり、子どもと遊んだこともあった。

またA男らは事件翌日の午後、犯行現場の様子を見に現れて、捜査員の聞き込みにも協力していた。
 
 
スポンサーリンク


捜査本部の取調べの結果は、次のように公表された。
 
1988年11月16日午後2時頃、A男とB男は母親(殺害された銀行員の妻)が買い物に出かけたのを確かめてから、C男をマンション1階の玄関に見張りに立たせ、5階の被害社者を訪ねた。

A男は遊びにきたふりをして顔見知りの子ども(殺害された長男)にドアを開けさせて室内に侵入した。

子どもの目の前でたんすを開けて金を盗もうとしていたところ、長男が「泥棒だ!」と騒ぎ出したため、A男は室内にあった紐で長男の首を絞めて殺した。

そこへ母親が帰ってきたので、B男が母親を殴りつけてから、電話のコードで首を絞めて殺した。

その後、現金6万円を奪ってC男の家まで逃げ、そこで金を山分けした。
 
 
3人は中学2年になった頃から不登校が目立ち始め、毎日のようにC男のアパートのたむろして喫煙などしていたが、1988年2月頃から、同級生らしい別のグループもこの部屋にやってくるようになった。

近所の人の話によると、彼らは放課後などに2~3人か4~5人で自転車に乗って押しかけてきて、A男ら3人を取り囲んでは脅して、殴る蹴るの暴行を加えていた。

このグループは使い古したラジカセなどを貸してやると言って置いていき、後日、あれは売ったのだから金を払え!と言って、小遣い銭を巻き上げていた。

A男ら3人は彼らを怖れて部屋に閉じこもっていたが、グループは「出て来い!」と怒鳴ってはドアを蹴りつけ、3人を執拗に脅して、中学卒業間際までタカリを続けていた。

父子家庭のC男は父親から自分と弟の分の食事代を預かっていたが それも巻き上げられ、夕食代がなくなったと近所の人に泣き言を言っていた。

そんなタカリを受けていたにもかかわらず、3人は飲食代、煙草代、ゲームセンターの遊興費をどうにかして工面していた。

捜査本部はグループに取られた分を補うために、3人が空き巣やコソ泥を重ねていて、それがエスカレートして今回の強盗殺人につながったと見ていた。

また犯行時にA男はナイフを隠し持っていたことがわかり、捜査本部は当日、彼らが強盗をしてでも金を奪うつもりだったと見ていた。

このように、捜査段階では3人の犯行は明白だと見られ、マスコミも警察発表をなぞるような報道を続けていた。

ところが3人は、警察と検察の調べにはいったんは自白したが、東京家裁の審判に入ると全面否認を始めたのである。
 
 




 
 
 
弁護人はC男の事件当日のアリバイを主張した。

C男は当日、船橋市内の塗装工事現場で働いており、監督の出勤メモや同僚たちの証言により、それが裏付けられている。

またA男宅にあったバッグやブローチは強奪品とされていたが、後にA男の母親のものであることが立証された。

証拠の不一致と無実の証拠

警察官が被疑者の少年を誘導し、自白を強要して供述させた供述調書では、母親は電話機のコードで絞殺し、子は幅が約3cmの表面が粗い素材で粗い織り目のベルトで絞殺したと供述している。

司法鑑定医師の検死報告書によると、被害者の殺害方法は2人とも絞殺である。

母子の遺体から検出された索条痕は表面が粗い素材で粗い織り目のベルト条の索条痕であり、被疑者の供述調書に記載されている電話のコードの索条痕と一致せず、遺体の頚部には皮膚の剥離が検出されたが、供述調書で母親の殺害に使用したと主張する電話機のコードからは、遺体から剥離した皮膚は検出されていない。

供述調書で子の遺体から検出された索条痕と殺害に使用したと主張するベルトの索条痕は一致せず、ベルトからは死体遺体から剥離した皮膚は検出されていない。

被疑者の供述調書で、母子を殺害したと記載されている部屋からは、被害者が殺害されたときに生じる尿の失禁の痕跡は検出されていない。

被疑者の供述調書で、AとBが犯行時に使用したと記載されている手袋、携帯していたと記載されているナイフ、殺害の方法と絞殺に使用したもの、AとBのどちらが母子のどちらを殺害したのか、被害者宅から盗んだ物品、事件当日にCが事件現場にいたのか塗装店の仕事中だったかなど、犯行に関する被疑者の供述は、短期間で何度も変遷し、最初の調書と最後の調書では供述が著しく変化していた。

これは警察官が被疑者による犯行とするために整合性を合わせるためであった。

杜撰な捜査と起訴

前記の諸事実から、被疑者A・B・Cが犯人でないことは物証の不一致とCの勤務記録により証明されていた。

警察が逮捕した3人の被疑者全員に、この事件の犯人であることを証明する物証が無く、誘導と自白強要により上記の事件の犯行を認めた供述調書だけが唯一の証拠であった。

しかし、捜査機関は物証の不一致と勤務記録という、A・B・Cが犯人でない証拠を無視していた。

 
 
後に弁護人は少年の一人が拘留中に手首を切って自殺を図ったことを報告した。

少年は刑事に強引に自白を迫られて でっち上げられたことに絶望して 死にたくなったと告白したという。

家裁は1989年(平成元年)9月12日、弁護人の主張をほぼ認めて、アリバイが成立したC男は事件とは無関係、他の2人は証拠不十分として不起訴処分とした。

少年審判では検察の不服申し立ては認められていないので、A男とB男の不起訴が確定した。

3人の逮捕と家裁送致以降、警察は再捜査を行わず、綾瀬母子強盗殺害事件は2003年11月16日に公訴時効が成立した。

1989年に起こった綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件の主犯格の18歳少年は別件逮捕された際に捜査員から「人を殺しちゃダメじゃないか」とカマをかけられたという。

この捜査員はこの少年が母子殺人の犯人ではないかと疑っていてカマをかけたのだが、これにより少年は「共犯の仲間が女子高生殺しを自白したんだ」と勘違いしてコンクリート詰め殺人を自供し、綾瀬の女子高生殺しが発覚している。
 
 
スポンサーリンク