青木克人(あおきかつと)容疑者逮捕!妻を殺害し八王子山林に遺棄

青木克人 妻殺害 死体遺棄

2017.8.22 死体遺棄容疑で青木克人容疑者逮捕

 
東京都八王子市内の山林に妻の遺体を遺棄したとして、8月22日に警視庁は 死体遺棄容疑で青木克人容疑者(51歳・国立市富士見台・業務委託調査員)を逮捕しました。

青木容疑者は「妻を殺害して遺体を捨てた」と容疑を認めており、遺体は妻の万里子さん(43歳)とみて、身元の特定を急いでいます。

逮捕容疑は2017年6月中旬頃に、氏名不詳の遺体を八王子市犬目町の山林に遺棄した疑い。

遺体が見つかった現場は、工学院大学八王子キャンパスに隣接する山林です。

工学院大学職員(41)
山林といっても住宅や大学もすぐ近くの場所でこんなことが起こるなんて。
 

8/22 妻の青木まり子さんは特別支援学校の主任教諭だった

 
青木万里子さんは特別支援学校の主任教諭で、6月16日の出勤を最後に欠勤が続いていました。

その後、青木克人容疑者が学校に「妻は体調が悪いのでしばらく休ませてほしい」などとうその電話をしていました。

万里子さんの携帯メールでの休暇願を不審に感じた副校長が7月25日に自宅を訪れて、万里子さんが行方不明になっていることが発覚しています。

その時は青木容疑者は署に「離婚話でもめて、妻はしばらく帰らない」と話していました。
 


 
その後の調べで 青木克人容疑者の自宅マンションの防犯カメラには、6月17日未明に 青木容疑者が大型バッグを運び出す姿が映っていることが判明。

また、自宅の床からは複数の血痕が見つかっています。

そして取調べで、青木克人容疑者は万里子さんの殺害と死体遺棄をほのめかしました。

青木克人容疑者
6月16日深夜に口論になり、妻の頭をハンマーなどで複数回殴った。
 
遺体はスポーツバッグに詰めて車で運んだ
 
 
スポンサーリンク



 
 

8/22 青木万里子さん殺害の凶器はゴミで捨てた

妻・青木万里子さんの死体遺棄容疑で逮捕された青木克人容疑者が「凶器は自宅マンションのごみ捨て場に捨てた」と供述していることがわかりました。

事件現場である自宅の床には妻・万里子さんのものとみられる血痕が拭き取られたような跡があったことも判明しています。

青木克人 青木万里子殺害遺棄via:犯行現場(大島てる)

捜査本部は青木容疑者が証拠隠滅を図ったとみて調べています。

8/22 青木克人容疑者の自作自演の偽装工作メール

妻の行方不明後、青木克人容疑者の携帯電話に妻を名乗るメールが届いていたことがわかりました。

青木克人容疑者の自作自演の偽装工作とみられています。

青木万里子さんの遺体は5月中旬に山林に遺棄されたとみられていますが、6月下旬、万里子さんの携帯電話から克人容疑者宛てに、「離婚について親に相談する」というメールが入っていました。

青木万里子さんの勤務先にも同様に「休暇が欲しい」というメールが数回、送られています。

青木容疑者は「妻は離婚でもめていてしばらく家に帰らない」と警視庁に説明していて、8月2日には万里子さんの行方不明者届を提出していました。

特別支援学校の校長
子どもの成長を自分の喜びにする熱意のある先生で、このようなことになって非常に残念です。
 
2学期も始まるので子どもたちの心のケアをしっかりしていきたい。
 
 

8/23 青木克人容疑者は愛用の登山グッズを遺体の遺棄に使用していた

青木克人容疑者は、妻・万里子さんを趣味の登山に誘って週末に一緒に山登りを楽しむなど、仲がよい様子だったそうです。

今年の5月にも、夫婦で八王子市内の500メートル級の低山に登っていました。

ところが今回の事件で青木克人容疑者は 愛用していた登山グッズを遺体の遺棄に使用したと見られています。

青木万里子さんの遺体は頭にかぶせられたポリ袋の口を登山用のひもで閉じられ、正座のような恰好で登山グッズの寝袋カバーに入れて遺棄されていました。

青木克人容疑者は犯行直後にも何食わぬ顔で登山に出かけたり、facebookにも投稿を続けていたということです。

8/23 青木克人容疑者を死体遺棄容疑で送検

警視庁は青木容疑者を死体遺棄の疑いで逮捕して23日検察庁に送りました。

8/23 「パソコンの接続が悪いからなんとかしてほしい」と夜中に起こされ口論

青木克人容疑者は「妻と口論になり、離婚をほのめかされたためハンマーで殴った」などと供述していますが、その口論の内容について。

これまでの調べでは 青木万里子さんは自宅で死亡したと見られています。

青木克人容疑者は調べに対してこう供述しています。

青木克人容疑者
妻に「パソコンの接続が悪いからなんとかしてほしい」と夜中に起こされて口論になった。
  
さらに離婚をほのめかされ、頭にきてハンマーで殴った。
 
妻の遺体は翌日に車で運んで遺棄した。
 
 
スポンサーリンク



 
 

8/23 遺体遺棄場所は3月まで住んでいた家の近くだった

  
青木克人容疑者が妻・万里子さんの遺体を遺棄した場所は、今年3月まで青木夫婦が住んでいた場所から約1キロほどの距離だったことがわかりました。

8/23 青木万里子さんの司法解剖の結果…30カ所以上の陥没骨折!

殺害された青木万里子さん(43歳)の司法解剖の結果、遺体の頭部に30カ所以上の陥没骨折があったことがわかりました。

青木克人容疑者は「ハンマーなどで頭を殴った」と供述していますが、万里子さんの頭部を執拗に殴って殺害したとみられます。

陥没骨折の大きさは最大で9センチに達しており、死因は頭部損傷と推定されました。

脳に大きな損傷があったほか、頭蓋骨の中には20個ほどの骨片が残っており、かなりの強い力で殴られたとみられます。

青木克人容疑者は3~4月頃の引っ越し後の片付けなどをめぐり、万里子さんとたびたび口論となっていたそうです。

そして6月16日夜には

青木万里子さん
あなたのせいでパソコンが壊れた。110番通報する!

・・・などと言われ、通報を止めるため万里子さんの体を押さえているうちに頭を殴ったと青木克人容疑者は供述しています。

8/24 青木克人容疑者「妻の携帯捨てた」

青木克人容疑者が「妻の携帯はゴミとして捨てた」と話していることがわかりました。

警視庁は、青木克人容疑者がなりすましメールで妻殺人事件が発覚しないように隠ぺい工作をした上で、証拠隠滅のために携帯を捨てたとみて調べています。

9/11 青木克人容疑者を殺人容疑で再逮捕

 


 
青木克人容疑者が殺人容疑で再逮捕されました。

再逮捕容疑は6月16日ごろ、自宅で妻で特別支援学校教諭の青木万里子さん(43歳)の頭部をハンマーなどで数回殴って殺害した疑い。

8月22日には青木克人容疑者を死体遺棄容疑で逮捕していました。

逮捕直後の調べに対しては「自宅のパソコンの故障を巡って口論になった。口論になりハンマーや工具で殴って殺した。凶器は風呂の残り湯で洗って捨てた」などと供述していましたが、現在の調べに対して黙秘しているということです。

 
 
スポンサーリンク


 



宮代事件 村松誠一郎