当サイトにはアフィリエイト広告が含まれます
PR

悪霊退散護符で憑きもの祓い!うつ病は霊障だったのか?

30代男性 私は元々霊感が強く、幼いころから不思議な体験をたくさんしてきましたが、それを「霊感」と自覚したのは知人のお坊さん(Aさん)からの指摘がきっかけでした。

Aさん:あなたは視える霊感をお持ちだ。そしてとても憑かれやすい体質ですね。

悪霊退散護符で憑きもの祓い!うつ病は霊障だったのか?

悪霊退散護符

これは私が仕事で転勤になった30歳の時の出来事です。

それは期間限定の転勤でしたが、その職場のいじめがひどく、私は精神的にまいっていました。不眠症から心療内科に通い始め、精神安定剤を飲みながら仕事をする日々を送っていました。

悪霊退散護符

どれだけ努力しても職場でのひどい扱いはエスカレートするばかり。精神的に追い込まれた時にたまたま会社に来た部長がひと目で私の異変に気づき、そこから休職の手続きを取っていただくことになりました。

うつ病の診断が下されたことと職場のパワハラが明るみに出て、3か月間の給料が保証された後に私は退職するに至りました。

ストレス原因がなくなったので症状が緩解していくと思いましたが、どういうわけか心の病はまったく治る気配がありませんでした。




私の霊感を指摘したお坊さんから突然連絡が来て…

悪霊退散護符

そんなときに何の前触れもなく、その昔 私の霊感を指摘したお坊さんのAさんから連絡が来ました。Aさんは虫の知らせで、私のことが気になったとのことでした。

電話で簡単に当時の状況を伝えたところ、Aさんは知り合いのお坊さん(Bさん)を紹介してくれるという話になり、さすがに私もそこで気が付きました。

悪霊退散護符

もしかして…憑いてますか?

うつ病とストレスの苦痛が先走っていて、周囲に思いを巡らせるほどの心の余裕がなく、そういうことだとは全く考えていませんでした。

そのときのAさんは私の問いに何も答えることなく、

Aさん:すぐにBさんと連絡を取ってください。こちらからも伝えておきますから。

Bさんは 私の家から車で1時間ほどの所に住んでいました。

すぐにBさんに会いに行きたいのですが。

…と連絡したところ

Bさん:こちらに来てもらうよりも、あなたの自宅で会った方がいいと思います。

悪霊退散護符

約束当日、玄関でBさんを出迎えたときから、彼は怪訝な顔をしていました。私の部屋を見回しながら

Bさん:そりゃあ、ここにいたら病気になりますよ。特にあなたはねえ…

この家は霊が集まりやすい立地にあるとのことでした。

そう言われてみれば…

ここに住み始めたときから、少し異常に思うくらいの湿気を感じていたのです。

 

悪霊退散護符

Bさんはその場で除霊をしてくれました。どんな除霊かはわかりませんでしたが、それはお経ではなくて真言のような呪文を唱えていました。

私は茫然と聞いていただけなのですが、次第に石の入ったリュックを背負ったようにからだが重く、苦しくなってきました。

悪霊退散護符

その状態がしばらく続いていましたが、その重さが突然フッと消えたと思ったら、次は涙が勝手にドーッと流れ続けました。

え?え?なんで涙が!?何で無感情なのに泣いてるんだ?

自分に起こっている状況が何がなにやらわからない私に

Bさん:よし。とりあえず憑いているものは祓いましたよ。

そう言い残してBさんは帰っていきました。




除霊後にうつ病が寛解したが…一難去ってまた一難

悪霊退散護符

Bさんによる除霊後はあんなに悪かった体調は嘘のように回復していき、不眠症ももうつ病の初症状も順調に寛解に向かいました。

除霊のおかげで楽になったようだ!…と思ったのも束の間。しばらくすると再び異変がある日突然やってきました。

悪霊退散護符

昼寝をしている時、私は下半身の鈍痛で目覚めました。

そっと目を開けると恐ろしい目つきでこちらを睨む女性が私の足の上に乗っています。逃げようとしましたが、下半身だけ全く動きません。

枕元に置いてあった携帯電話で、あわててBさんに電話したところ、電話口でも事の次第が飲み込めたようで、電話越しで短い真言を教えてくれて、それを繰り返して呟いているうちに、その女の霊はふっと消えていきました。

悪霊退散護符

そのすぐ後に駆けつけてくれたBさんから「すぐこの部屋から離れた方がいい」…と言われたのですが、今すぐには無理だと伝えると、彼は4枚の護符を渡してくれました。

Bさん:これらを部屋の東西南北に貼ってください。当面はこれで何とかなります。

護符が結界を張ってくれたおかげなのか、その日から引っ越しの日まで心霊現象などは何も起こらず、私はなんとか無事に過ごすことが出来ました。

Bさん:この家から引っ越すときには 護符をすべて剥がして 必ずお焚き上げしてください。

悪霊退散護符
部屋を去る直前に護符を剥がしました。剥がした護符に何気なく目をやった時、私は腰が抜けるほど驚きました。

護符の裏が真っ黒に黒ずんでいたのです。

悪霊退散護符

これだけすさまじい邪気があるところに住んでいたら、確かにただで済むはずがない。うつ病になったのもこの霊障が関係していたのではないか?

今でもそのアパートはあるのですが、入居者の出入りが激しい物件だと、風の噂で聞きました。

私の身に起きたあの霊障がそれに関係しているのかもしれません。

「除霊」「霊障害」対応の鑑定師

美鈴(みれい)先生

霊視・透視を用いて貴方の守護霊との対話により、未来透視や貴方の今の悩みをお答えします。霊視を特に得意分野としており、霊障や軌道修正等を行います。基本的に霊感・霊視・透視が占術のスタイルになりますので生年月日やお相手の名前は特に必要は無く、私に浮かんでくる言葉をお伝えします。
 
御先祖の因果関係がある大掛かりな除霊は電話占いでは致しかねますので御了承下さい。
 

美鈴(みれい)先生に幼少期から感じていた霊障について相談しました。母の実家の風景まで見てくださり、今まで感じていた疑問が少しずつ、そういうことだったんだとスッキリしました(家の作りや、伝えていない過去の出来事、今わたしが感じていた体調不良などまでみてくださり驚きでした)自分自身のガードの張り方を先生に教えていただいたので実践していきたいと思います。

娘の体調不良は霊障によるものなのか聞きましたが、そうは見えない、とはっきりと簡潔に答えて下さいました。確信が持ちたくて、そのあと2人の先生にみてもらいましたが、やはり、霊障ではないと言われました。美鈴先生が仰っていた自律神経のこと、思い当たることだらけです。

不思議な事が2日立て続けにあり鑑定お願いしました。祖母を心配させないように感謝して過ごして行こうと思うと同時にメンタルが落ちていた私にはとても活力剤になりました。霊的な事でどう伝えたら良いかと悩んでいましたが、祖母からのメッセージを伝えて下さり感謝しています。

霊障、除霊、霊感について電話で相談させていただきました。藁にも縋る思いで人生で初めてこのような所を利用させていただきましたが、美鈴先生に相談して良かったです。本物の方っていらっしゃるんですね…夜中にどったんばったんする見えない不審者をどう追っ払うかと来訪された原因も分からず困っていたんですが、先生に教えてもらった特徴で後で家系を調べたらぴったり該当する人がいてびっくり。家で騒ぎ立てている霊に対する対処は勿論、少し霊感があるけど全くそんな物には関わりたくない私が今後すべき事や対応についてなど具体的にアドバイスいただきました。実行したその夜から家は静かです。

先日、徐霊していただいたTです。自分でコントロールするにはまだまだかかりそうですが、今まで得体が知れず恐ろしかったものが、不思議なほど怖くなくなり、より色々な事がクリアに分かるようになりました。過信せず、冷静に対処していけるよう、心掛けていきたいです。又、自分の手に負えないときは、力を貸して下さい!

先程体調不良の件で鑑定して頂きました。霊障との事でしたがこちらが言わない状況も話の途中で視えていらして話半ばで鑑定結果を聞く事が出来ました。先生の鑑定は2回目ですが、変わらす短時間の素早い鑑定で、しかもここまで視えるの?と本当にビックリするくらいお力は本物の先生です。言葉を濁さずハッキリとてきぱき鑑定して頂ける鑑定はこちらも気持ちよく、お財布にも優しいので実力、鑑定内容、金銭的な部分でも非常に納得出ます。

早速、お風呂に入りました。まさかアドバイスで「汚い」って言われるとは思わず、ゆっくり湯船につかり、自分で自分を苦しめている体をきれいにしました。自分の生き霊が自分を苦しめていたなんて思いもしませんでした。でも、言われてみたらその通りだと思います。

美鈴先生の数々の透視、霊視で驚かされることばかりでしたが、中でもスゴイと思ったのが、好きな彼と大バトルを展開している時に腰に痛みを感じ動けなくなっていた時のことです。先生に助けを求めると『彼の生き霊が憑いてるから除霊してあげる』とおっしゃられ、待つこと数分…。それまで、這って歩いていたのが嘘のように、腰の痛みがとれ、普通に歩けるようになりました。それと同時に気持ちもすごくすっきりしました。
引用元:美鈴(みれい)先生の口コミ