インコ用アクリルケースは保温重視がおすすめ!看護病棟に使うが正解

インコ用アクリルケースは保温重視がおすすめ!看護病棟に使うが正解

インコのアクリルケース保温

オカメインコが羽を膨らませてあまり動かない。どう見ても餌をあまり食べてないようだ…。

こんなときにまずやるべきことは病院を受診する前に保温です。

どんな症状であれ、まずは鳥を空気が温まっている住環境に移動させなければいけません。

この場合は鳥かごの横にパネルヒーターなどを設置するだけでは不十分です。

鳥がいる空間(つまり鳥かごの空間のみ)の空気を温めなければ意味がありません。

つまり まず手始めに 鳥の居住空間を丸ごと密閉する必要があります。

そこでいちばん手っ取り早いのが、雛時代に保育ケースとして使っていた水槽やプラケースがあるなら、そこにひよこ電球などの保温装置を設置して、急いで内部の空気を温めること。

そして温かい空間に鳥を移動させて様子を見ます。

インコのアクリルケース保温

インコのいる限られた小スペースの空気を28~30℃に温めて、鳥の体調が良くなるまでずっとそれをキープしなければなりません。

ペットヒーターを使うときにはサーモスタットは必須です。

なぜなら、気温が32度を超えると鳥が脱水症状を起こすからです。

脱水すれば、また別の命の危険にさらされますから 注意が必要です。

看護病棟は水槽でもプラケースでも 空間の保温状態を常に一定にキープできるならどちらでもOKなのですが・・・

成鳥になると雛時代に使っていた育雛ケースではサイズが小さすぎたりしますし、実はプラケースはヒーターとの併用をメーカーが推奨していない…という事実もあります(ヒーターの扱いを誤るとプラケースが変形することから)

さらに ケージからいきなり狭い空間に閉じ込められることで 体長の悪い鳥が強いショックやストレスを受けてしまうこともあります。

看護ケースに移動させても大人しくしてるけど?何ら鳥に「変化がない」のなら それでいいんじゃない?

…と思いきや、それは別の見方をすれば

「変化がない」のではなくて、鳥自身にそんなことを気にしている余裕がないほど体調が悪い。

つまり重篤である可能性もあるわけです。

鳥は自分の病気を隠す生き物ですから、傍目から見て「病気」とわかった時にはかなり症状が悪化していることを意味します。

いずれにしても体調が悪いときには、できる限りのストレスを排除して、静養させることがベストであることは言うまでもありません。

そんなときに重宝するのが アクリルケースです。

いつも過ごしているケージを丸ごとそっくりそのままアクリルケースに入れて保温するのです。

これなら病鳥がいつものスペースでそのまま過ごせるので、鳥に与えるストレスが最小限ですむということです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アクリルバードケージ[マグネット両開き・スリムタイプ]W670×H650×D48…
価格:49680円(税込、送料無料) (2018/11/8時点)

 

楽天で購入

 

オカメインコなどはほとんどが繊細なガラスのハートの持ち主なので、できる限りのストレスを排除してあげたいですよね。

体調不良の原因がわからないと断言はできないですが・・・季節の変わりめの寒暖差にやられたとか、軽い風邪程度の体調不良であれば、自宅で保温するだけでも回復することもあります。

オカメインコの病院受診体験談!病気のサイン・症状・病院代の話
オカメインコ(パール)のミロちゃん14歳(男の子なので成鳥になるとパールが消えてしまいました)が急に体調を崩し動かなくなったため、病院に連れて行った時の体験談です。

保温を続けてみてあまり様子が変わらない場合は、早急に鳥を診てくれる病院を受診しましょう。

アクリルケースも一長一短!デメリットを押さえた正しい使い方をすべし

インコのアクリルケース保温

鳥の脂粉対策にアクリルケースを使用する人が多いかと思います。

アクリルケースは粉塵対策のためだけではなく、保温・防音の効果もありますので、確かにひとつ持っていると役立ちます。

ですが、やはり鳥自身の健康のために、アクリルケースを使う時間や頻度は ほどほどにするべきです。

どうしても防音したい場合や、体調不良時の看護ケースに使うのはおすすめですが、アクリルケースの中に入れっぱなしにしてしまうのはおすすめできません。

オカメインコは意外と呼吸器が弱い子が多いからです。

「部屋が汚れるのが嫌だから」という飼い主の都合でアクリルケースの中に入れっぱなしにするのでは 鳥がかわいそうだと 私は個人的には思っています。

あまりにも潔癖すぎる方は ペットを飼おうとはあまり考えない人が多いかもしれませんが・・・

「オカメインコのせいで部屋が汚れて・・・」と愚痴る可能性がある人は、特にインコは飼うべきではないです。

脂粉を嫌がる気持ちはわかりますが、それは鳥に非があるわけではありません。

また、防音対策についても「オカメインコがうるさい!」と怒る前に、オカメが大声で鳴いたり騒いだりする原因を考えるなり探るなりしてみてください。

オカメインコの鳴き声対策と鳴き声の意味・鳥の気持ち・鳴く理由の話
オカメインコの鳴き声がうるさい場合の鳴き声防音対策と、オカメの鳴き声の意味・理由・鳥の気持ちを解説します。

鳴き声対策については、オカメインコの心理を理解した飼い主が工夫すれば改善できる場合が結構あるものです。

常用よりも「転ばぬ先の杖」としてアクリルケースを使うのが正しい使い方

インコのアクリルケース保温

オカメインコの立場で考えたときに アクリルケースのいちばんのメリットは「保温」です。

季節の変わり目や冬場、梅雨寒など、四季がある日本は気温の変化が著しいことが年間を通して多々あります。

そういう時は人間でさえ体調を崩しがちですが、それはオカメインコもまったく同じことです。

人は「具合が悪い」を訴えて病院に行くなり薬を飲むなりできますが、鳥という生き物は基本的に自分の具合の悪さを隠して絶対に見せない・悟られないようにする習性をそもそも備えています。

429 Too Many Requests

それは飼い主が鳥の具合の悪さに気づいたときには、病気がかなり進行している・・・ということを意味します。

初めは単なる風邪だったとしても、それが肺炎に進んでしまったら、慌てて鳥の病院に駆け込んでも 助からないことが多いでしょう。

受診した鳥の病院は鳥の状態が重篤と判断すれば そのまま入院を勧めると思います。

インコのアクリルケース保温

2011年のことですが、うちの子の1羽が鳥の病院に入院したことがありました。

医師の診断は肺炎で、その当時で1泊入院で5000円かかったと記憶していますが、残念ながらその子は2日ほどでお星様になってしまいました。

病院によっても診療費や入院費用が違いますし、この話はかなり前のことですから、今ならもっと高額の医療費がかかるかもしれません。

こういう話をすると、中には「たかだか鳥1羽にそんなに金を掛けるのは馬鹿だ」という人もいるでしょう。

でも飼い主なら「多額の費用が掛かっても なんとかうちの子を助けたい!」と思う人が大多数ではないでしょうか。

大切な我が子のようにかわいがっている愛鳥の一大事はお金の問題どころの話で片付けられる単純なことではないはずですし、この心理は愛情が深い飼い主さんならたやすく理解できると思います。

いずれにしても、ペットの体調管理は飼い主の義務と責任です。

そんな「転ばぬ先の杖」としても、看護ケージとしてアクリルケースをひとつ持っておくと いざというときにかなり重宝します。

オカメインコの平均寿命は18年以上。楽しい人生をまっとうさせてあげたい!

インコのアクリルケース保温

オカメインコの平均寿命はおおむね18年前後と言われています。

犬猫並み?いやいや、鳥は品種によっては犬猫より長寿ですよね。

昨今はオカメインコでさえ、20年以上、30年以上のご長寿さんが珍しくありません。

大切にお世話をしていたらここまで長生きするオカメインコですから、家族の一員としてどのくらい長く楽しい時間を共有できるかは、飼い主であるあなたの管理次第です。

日ごろからよく愛鳥を観察して、病気を隠す鳥の演技に騙されないでくださいね。

そして鳥の健康をキープできるように飼い主がきちんと管理し、うちの子に本来の寿命をまっとうさせてあげましょう。

インコの保温アクリルケースのおすすめはアクリル工房のバードケージ
『インコ飼いなら一家にひとつ必要』と思えるほど優れたアイテムであるアクリルバードケージの選び方と注意点を紹介します。