福島県会津若松市で死体遺棄事件!星久宏・星賢二 両容疑者を逮捕

  

2017/11/8 別件逮捕の男が死体遺棄をほのめかし河川敷を捜索!


 
福島県警が別件逮捕の男が 行方不明になっている男性の遺体を福島県会津若松市に埋めたと供述したことから捜索を始めました。

捜索が行われているのは会津若松市の河川敷です。
 


 
捜査関係者によると、恐喝未遂などの疑いで逮捕した40歳くらいの男が 取り調べに対して「会津若松市の河川敷に男性の遺体を埋めた」といった趣旨の供述をしたということです。

その男性は現在、行方が分からなくなっていて、供述した男は以前、この男性に対する傷害事件で逮捕されたこともあります。
 
会津若松市死体遺棄事件
 
警察は11月8日、重機などを使った大掛かりな捜索を行っています。

警察は死体遺棄事件の可能性があるとして調べています。

11/10 遺体発見!星久宏・星賢二 両容疑者を死体遺棄容疑で逮捕

 


 
11月9日、福島県下郷町の空き地で行方が分からなくなっている男性とみられる遺体が見つかり、警察は死体遺棄の疑いで男2人を逮捕しました。

「会津若松市の河川敷に遺体を埋めた」との供述のほかにも「下郷町に埋めた」との情報があり、2ヶ所で捜索を進めていました。

星久宏容疑者(39歳・国見町藤田・無職)と弟の星賢二容疑者(35歳・さいたま市桜区・大工)の2人は2016年6月上旬ごろ、福島県下郷町の空き地に遺体を遺棄した疑いが持たれています。

昨年6月ごろに宇都宮市に住む40代の男性の行方が分からなくなっていて、家族が捜索願を出していました。

この男性への傷害事件で逮捕されていた星久宏容疑者が「男性の遺体を埋めた」などと供述したため、警察が捜索していました。
 
福島県遺体遺棄事件
 
捜査本部によると、10日午後1時50分ごろ、捜索していた捜査員が地中1~2メートルの地点で遺体のほぼ全身を発見しました。

遺体は傷みが進んでいたということです。

警察は捜査本部を設置し、遺体が行方不明の男性とみて身元の確認を進めています。

11/10 司法解剖の結果

司法解剖の結果、遺体は男性で、死後1年数か月が過ぎていることがわかりました。

兄の星久宏容疑者の仕事仲間で、宇都宮市に住む40代の男性と連絡が取れなくなっていて、遺体はこの男性の可能性が高いとみられています。

星久宏容疑者は、かつてこの男性の顔にやけどをさせる傷害事件を起こしていました。

こうしたトラブルなどが事件の引き金になった可能性もあるとみて、捜査本部は遺体の身元の確認を急ぐとともに、事件の全容解明を進める方針です。

11/11 「遺体の遺棄を弟に手伝ってもらった」

容疑者兄弟は別の場所から遺体を現場に運び込み、地中に遺棄したとみられることがわかりました。

捜査本部によると、遺体の発見現場から衣類や遺留品が見つかっておらず、遺体は裸の状態で埋められた可能性が高いということです。

星久宏容疑者は「(遺体の遺棄を)弟に手伝ってもらった」などと話しており、兄が死体遺棄を主導したとみて調べています。

11/13 遺体は松田昭浩さんと判明

11月13日、遺体は福島県二本松市出身で松田昭浩さん(当時42歳・住所・職業不詳)と判明しました。

県警によると、松田さんは除染作業員として働いたことがあり、死体遺棄容疑で逮捕された星久宏容疑者は当時の上司だったということです。

現在、県警が死因を詳しく調べています。
  
 
スポンサーリンク



 
 

 



福島県遺体遺棄事件