福島県下郷町で死体遺棄事件!星久宏・星賢二 両容疑者を逮捕

2017/11/8 別件逮捕の男が死体遺棄をほのめかし河川敷を捜索!

 
福島県警が別件逮捕の男が 行方不明になっている男性の遺体を福島県会津若松市に埋めたと供述したことから捜索を始めました。

捜索が行われているのは会津若松市の河川敷です。
 


 
捜査関係者によると、恐喝未遂などの疑いで逮捕した40歳くらいの男が 取り調べに対して「会津若松市の河川敷に男性の遺体を埋めた」といった趣旨の供述をしたということです。

その男性は現在、行方が分からなくなっていて、供述した男は以前、この男性に対する傷害事件で逮捕されたこともあります。
 
会津若松市死体遺棄事件
 
警察は11月8日、重機などを使った大掛かりな捜索を行っています。

警察は死体遺棄事件の可能性があるとして調べています。

2017/11/10 遺体発見!星久宏・星賢二 両容疑者を死体遺棄容疑で逮捕

 


 
11月9日、福島県下郷町の空き地で行方が分からなくなっている男性とみられる遺体が見つかり、警察は死体遺棄の疑いで男2人を逮捕しました。

「会津若松市の河川敷に遺体を埋めた」との供述のほかにも「下郷町に埋めた」との情報があり、2ヶ所で捜索を進めていました。

星久宏容疑者(39歳・国見町藤田・無職)と弟の星賢二容疑者(35歳・さいたま市桜区・大工)の2人は2016年6月上旬ごろ、福島県下郷町の空き地に遺体を遺棄した疑いが持たれています。

昨年6月ごろに宇都宮市に住む40代の男性の行方が分からなくなっていて、家族が捜索願を出していました。

この男性への傷害事件で逮捕されていた星久宏容疑者が「男性の遺体を埋めた」などと供述したため、警察が捜索していました。
 
福島県遺体遺棄事件
 
捜査本部によると、10日午後1時50分ごろ、捜索していた捜査員が地中1~2メートルの地点で遺体のほぼ全身を発見しました。

遺体は傷みが進んでいたということです。

警察は捜査本部を設置し、遺体が行方不明の男性とみて身元の確認を進めています。

2017/11/10 司法解剖の結果

司法解剖の結果、遺体は男性で、死後1年数か月が過ぎていることがわかりました。

兄の星久宏容疑者の仕事仲間で、宇都宮市に住む40代の男性と連絡が取れなくなっていて、遺体はこの男性の可能性が高いとみられています。

星久宏容疑者は、かつてこの男性の顔にやけどをさせる傷害事件を起こしていました。

こうしたトラブルなどが事件の引き金になった可能性もあるとみて、捜査本部は遺体の身元の確認を急ぐとともに、事件の全容解明を進める方針です。
 

2017/11/11 「遺体の遺棄を弟に手伝ってもらった」

容疑者兄弟は別の場所から遺体を現場に運び込み、地中に遺棄したとみられることがわかりました。

捜査本部によると、遺体の発見現場から衣類や遺留品が見つかっておらず、遺体は裸の状態で埋められた可能性が高いということです。

星久宏容疑者は「(遺体の遺棄を)弟に手伝ってもらった」などと話しており、兄が死体遺棄を主導したとみて調べています。

2017/11/13 遺体は松田昭浩さんと判明

11月13日、遺体は福島県二本松市出身で松田昭浩さん(当時42歳・住所・職業不詳)と判明しました。

県警によると、松田さんは除染作業員として働いたことがあり、死体遺棄容疑で逮捕された星久宏容疑者は当時の上司だったということです。

現在、県警が死因を詳しく調べています。
 
 
スポンサーリンク



 
 

2017/11/20 下郷町の山中で新たに1人の遺体を発見!


 
下郷町死体遺棄事件
via:ANN

死体遺棄容疑で逮捕した星久宏容疑者・星賢二容疑者 いずれかの「約10年前に別の男性の遺体も埋めた」という供述に基づき新たに捜索したところ、下郷町湯野上地区の山林で新たに1人の遺体を発見しました。

遺体は地中約50センチの地点でほぼ全身が白骨化していました。

遺体の発見現場は、二本松市出身の男性の遺体が遺棄されていた現場から直線距離で500メートル南西の地点。
 


 
捜査関係者によると、この日見つかった遺体は10年ほど前に行方不明になった男性の可能性があり、県警が遺体の身元特定を急いでいます。

両容疑者が「10年前に埋めた」「スコップを使って埋めた」などとと話したのは当時、星久宏容疑者が勤めていた会社の同僚の男性で、当時30代後半、2007年8月に行方不明になり、2008年3月、福島署に家族から行方不明者届が出されていました。

県警は遺体の身元の確認を進めていますが、死体遺棄容疑は時効を迎えている可能性が高いため、殺人容疑や傷害致死容疑での立件も視野に捜査する方針です。

2017/11/22 「10年前に福島から車で運び、夜中に埋めた」

11月20日に発見された身元不明の遺体について星久宏・星賢二 両容疑者は「10年前、福島市から車で運び、夜中に埋めた」と供述していることがわかりました。

捜査本部は両容疑者が遺体の男性が死亡した経緯についても何らかの事情を知っているとみて調べています。

司法解剖の結果、身元不明の遺体は死後数年以上経過した30代後半の男性と判明しました。

捜査本部は、遺体は星久宏容疑者の元同僚で2007年8月から行方不明となっている福島市出身の男性の可能性が高いとみて、DNA鑑定で身元の特定を急いでいます。

行方不明の男性は、星久宏容疑者と福島市の製造業など複数の職場で一緒に働き、私生活でも行動を共にしていたということです。
  

2017/11/23 星久宏容疑者は松田昭浩さんに2000万円要求か!?

星久宏容疑者は、遺体で見つかった二本松市出身の松田昭浩さんに対して職業紹介料などうその名目で現金を要求し、男性から受け取った金額は約2000万円に上るとみられることがわかりました。

さらに星久宏容疑者は宇都宮市で松田さんと同居していた2016年ごろ、松田さんに日常的に暴行を加えるなどしていたとみられています。

捜査本部は星久宏容疑者・星賢二容疑者の兄弟が 松田さんが死亡した経緯を知っているとみて、殺人などの容疑での立件も視野に調べています。

また、11月20日に見つかった遺体は10年前から行方不明となっている福島市の30代後半男性の可能性が高いとみて、身元の特定を進めています。

2017/11/27 2人目遺体は半沢拓也さんと判明

県警は11月27日、新たに発見された遺体は半沢拓也さん(当時37歳・福島市出身・住所職業不詳)と判明したと発表しました。

半沢さんは2006年2月ごろから、星久宏容疑者(39)とともに製造関係の会社で働き始めました。

同じ人材派遣会社から派遣され、複数の職場で一緒に働いていました。

その後、半沢さんは2007年8月に行方不明になり、家族が行方不明届を提出していました。

家族は半沢さんと星容疑者との関係について 警察に相談していたということです。

下郷町の空き地からは二本松市出身の松田昭浩さん(当時42歳)の遺体も見つかり、兄・星久宏容疑者と弟・星賢二容疑者(35)が逮捕されています。

県警は、両容疑者が半沢さんらが死亡した経緯を知っているとみて調べています。
 
 




 

2017/12/3 星久宏容疑者を松田昭浩さんへの殺人容疑で再逮捕

福島北署捜査本部は星久宏容疑者(39歳)を 1人目の遺体で見つかった松田昭浩さん(当時42歳・福島県二本松市出身)の殺人容疑で再逮捕しました。

再逮捕容疑は2016年6月7日ごろ、松田さんと一緒に住んでいた宇都宮市下岡本町の自宅アパートで、松田さんの頭部を複数回殴るなどの暴行を加え、殺害した疑い。

捜査本部によると、星容疑者は暴行を加えたことは認めていますが、殺意については否認しています。

2017/12/23 1人目の殺人罪で星久宏容疑者を追起訴。弟は関与せず単独犯行か!?

福島県下郷町の2カ所に計2人の遺体が埋められていた事件で、福島地検は12月22日、松田昭浩さん(当時42歳)に対する殺人罪などで、星久宏容疑者(39歳・死体遺棄罪で起訴)を追起訴しました。

松田さんの死因は喉を殴られたことによる窒息死と判明しています。

起訴状などによると、星久宏被告は2016年1月下旬~5月下旬ごろ、宇都宮市のアパートで、同居していた松田さんの両耳を殴ったり、頭にオイルをかけてライターで火を付けるなどしてけがを負わせ、2016年6月7日ごろ、喉を殴って窒息死させたとされています。

福島北署捜査本部は、松田さん殺害は星久宏被告(兄)の単独の犯行で、死体遺棄罪で共に起訴された星賢二被告(弟)は関与しなかったとみています。

捜査本部などによると、星久宏被告と松田さんは2015年2月ごろ、東京電力福島第1原発事故に伴う二本松市の除染関係の仕事を通じて知り合っており、星被告が上司の立場だったということです。

兄弟2人は出身地の下郷町の阿賀川沿いの空き地に2016年6月、松田さんの遺体を埋めたとして2017年11月に逮捕、起訴されていました。

2人の供述で11月20日には空き地から約1キロ離れた町道脇の地中で、10年前から行方不明の半沢拓也さん(当時37歳)の遺体が見つかったことから、捜査本部は半沢さん死亡の経緯も知っているとみて捜査しています。

2017/12/27 星久宏容疑者は被害男性の両親から3000万円詐取していた

星久宏容疑者(39歳・殺人、死体遺棄、傷害罪で起訴)は、喉を数回殴って窒息させて殺害したとされる松田昭浩さん(当時42歳・二本松市出身)の両親に「借金の肩代わりをした」などとうそを言い、約3000万円をだまし取っていたとみられることがわかりました。

日常的に暴行を加えられ、家族も金銭をだまし取られていた松田さんが警察に相談しようとしたところ、星容疑者が発覚を免れるために暴行し殺害したとみられています。

捜査本部は詐欺での立件も視野に捜査しています。

2018/1/17 星久宏容疑者を2人目の殺害容疑で再逮捕

2人目の遺体で見つかった福島市出身の半沢拓也さん(当時37歳)を殺害したとして、殺人の疑いで星久宏容疑者(39歳)が再逮捕されました。

星容疑者は下郷町出身で、1人目に遺体で見つかった松田昭浩さん(当時42歳・福島県二本松市出身)を殺害したとして 殺人の罪などで起訴されています。

再逮捕容疑は2007年8月ごろ、福島市内のアパートで半沢さんの胸などを複数回殴り殺害した疑い。

星容疑者は容疑を否認しています。

弟・星賢二被告の裁判

2018/1/23 初公判

下郷町で温泉跡地に穴を掘り、当時42歳の男性の遺体を埋めたとして起訴された、星賢二被告(36)の初公判が開かれ、賢二被告は、死体遺棄の罪について「間違いない」と起訴内容を認めました。
 
 
 
スポンサーリンク