愛知県大府市で2歳児に多量の睡眠導入剤!母親を殺人未遂で逮捕

 
2歳児に多量の睡眠導入剤
 

2017/12/7 愛知県大府市で2歳児に多量の睡眠導入剤!母親を殺人未遂で逮捕

2歳の長男に睡眠導入剤などを多量に飲ませて殺害しようとしたとして、母親が殺人未遂の疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは、立石映里容疑者(たていしえり・37歳・無職・愛知県大府市米田町4丁目)です。

立石映里容疑者は12月4日ごろ 自宅で2歳の長男に睡眠導入剤などを多量に飲ませて殺害しようとしたとして、殺人未遂の疑いが持たれています。

近くに住む立石容疑者の母親が自宅を訪ねた際、長男が眠気を催しているなどの異変に気付きました。

「何か飲ませたの?」と問いただしたところ「睡眠薬などを大量に飲ませた」と話したため、祖父母が病院へ搬送しました。

病院で治療を受けさせたところ、急性薬物中毒だとわかり、病院が児童相談所に連絡していました。

長男は命に別状はないということで、12月6日になって児童相談所から「長男を保護した」と警察に通報があり、事件が発覚。

立石映里容疑者は最近引っ越してきたばかりで 会社員の夫と長男との3人暮らしですが、当時、夫は自宅にいませんでした。

立石容疑者は調べに対し「間違いありません」と容疑を認めているということです。

立石容疑者
長男に複数の薬を飲ませた

警察が立石容疑者の自宅を調べたところ、室内から複数の薬が見つかっており、薬の入手先や動機などを調べています。
 
 




 

2017/12/7 児童相談所が虐待を通報せず2日経過!しかも先月には相談を受けていた!

県知多福祉センターが事件発生当日の12月4日に事案を把握しながら、県警に通報していなかったことが7日わかりました。

12月6日にセンターと別件の打ち合わせをしていた東海署員が事案に気付き、センターから情報提供を受けていました。

入院中の長男が親元に戻される可能性など問題があったため、警察は緊急逮捕に踏み切ったということです。
 
 

大府市や児童相談所が、11月、立石容疑者と長男に関する相談を受けていたこともわかっています。

11月には重要性を感じなかったから事件を未然に防ぐのは難しかったかもしれませんが、12月4日の事案はすぐに対応すべきものだったのでは!?

2017/12/8 「首を絞めたけど、苦しそうだったので、睡眠剤で殺そうとした」

立石容疑者
首を絞めたけど、苦しそうだったので、睡眠剤で殺そうとした

大府市や児童相談所が、11月、立石容疑者について「虐待があるかもしれない」との通報を受け、その後、担当者が立石容疑者と会って話を聞いていたことがわかりました。

知多福祉相談センターの担当者
児童相談所と連携して話を聞いたりしていた。
しっかり対応していたと思っている。
 
その当時、一時保護は実施していませんので、だからといってかかわりを持たないということでなく、重要性を感じなかったということではない
 
 
スポンサーリンク





2歳児に多量の睡眠導入剤