元警官 広田雅晴による強盗殺人【警察庁広域重要指定115号事件】

115号事件 神宮雅晴 広田雅晴

1984年9月4日の白昼、京都市洛北の船岡山公園で、警ら中の西陣署・十二坊派出所の巡査(当時30歳)が何者かに刺し殺され、実弾5発が奪われた。

そして3時間後、大阪市都島区の消費者金融に拳銃を持った男が押し入り、従業員を射殺して、現金53万円を奪って逃走した。

発射された弾丸から、使われた拳銃は京都の巡査から奪ったものとわかった。

さらに、犯人とみられる男が船岡山近くの映画館に入り、館内で飲んだドリンクの瓶に付いていた遺留指紋が広田被告の指紋と一致したことから、犯人は元京都府警巡査部長の広田雅晴(当時41歳)と判明した。

警察庁は京都と大阪を舞台にしたこの事件を広域重要115号事件に指定した。
 
 
広田雅晴は1943年千葉県成東町生まれ。

高校卒業後、司法書士事務所に勤めながら 1964年に京都府警察官採用試験に合格した。

広田雅晴の任官後の勤務態度はまじめで、窃盗犯検挙で7回、署長表彰を受けている。

婿養子として結婚したが、子供が3人いて、家庭的にも順調だった。

そんな広田雅晴は1978年3月、外勤の十二坊派出所へ異動を命じられた。

事件後に広田雅晴の元上司は「この異動が左遷だと思ったのではないか」と言っていたが、この頃から広田の生活が荒れ始め、広田はギャンブルに狂って、瞬く間にサラ金から多額の借金をしている。

1978年7月に広田雅晴は、西陣署の保管庫から拳銃を盗み出し、京都市内の郵便局を襲ったが失敗し、逮捕された。

その公判で「事件はでっちあげだ!」と言い張ったが、そんな証拠はどこにもなく、広田は懲役7年の実刑判決を受けて服役した。

広田雅晴は刑務所で同房者に警察組織や勤務所の署長や上司への憎しみをぶちまけていた。

広田雅晴
京都府警のメンツをつぶしてやる!

そして広田雅晴は 新左翼系機関紙「人民日報」にもこんな投書をしていた。

広田雅晴の投書
出所した折は、私は京都府警に対し「ふくしゅう」をしてやるつもりでいます。

そうでなければ、私は死んでも死に切れないのです。

広田雅晴がなぜそこまで府警を憎み、自暴自棄な行動に出るのかは、関係者にもわからなかった。
 
 
スポンサーリンク


1984年8月30日に服役中の態度が良好だった広田雅晴は仮出所を許されたが、その5日後に広田は「ヘタをうたせる」(=メンツを潰す)行動に出た。

1984年9月4日に船岡山公園で殺害された巡査は、広田の元勤務先の西陣署員だった。

その日に大阪で強盗殺人を起こし、翌日の8月5日夕方には新幹線を乗り継いで千葉県成東町の実家の近くまで行ったところを、張り込んでいた捜査員に逮捕され、陣署捜査本部に連行された。

しかし「俺はやってない」と言うと、そのあとは完全黙秘を続けた。

この事件は6年前の事件を担当したのと同じ弁護士が担当することになった。

広田雅晴
(弁護士の前で 涙を浮かべて)前の事件も冤罪だったが、今度もでっちあげだ。

腕や足の傷は裏山から実家に行こうとして、滑り落ちたときにできたものなのに、取調官は巡査と格闘したときの傷だと決めてかかっている。

それが悔しくてたまらない

  
 
この事件が起こった当時は、現職警官や元警官の不祥事が続発していた。

賭博ゲーム機汚職。銀行強盗。連続殺人など、その犯人のほとんどが下積み警察官だった。

元警察庁長官は「警官の犯罪は個人的資質の問題だ」と言ったが、当時のマスコミや識者は警察社会の構造に原因があるからだと指摘した。

日本の警察官はキャリア組とノンキャリア組に分かれる。

一流大学を出て国家公務員Ⅰ種試験に合格した1000人に1人のキャリアは3年で警視になれるが、ほとんどのノンキャリア組は巡査から出発して、特に優秀な者が30年かかってやっと警視になれるという世界。

さらに、中央の重要ポストはキャリア組が独占することが暗黙の了解である。

この絶対的階級制度が一般警察官の勤務意欲をそぐ結果になっていると指摘されたのだ。

刑事ドラマなんかを見ていても、たまにこういう内容のせりふが出てきますよね。

ベテランのおじさん刑事が愚痴ってたりとか^^;

大学出たての 青くて経験もゼロの小僧や小娘上司に、刑事畑うん十年のベテランが頭を下げたり、顎で使われたりするシーンとか。

ドラマでもそういうシーンは普通に目にしてますけど、現実社会でもこれに耐え切れなくなったアウトローが数パーセント 警察組織に存在するってことなんですかねえ、それで犯罪に走ってしまうとか。

福岡小郡母子3人殺人事件みたいな事件もあるいは・・・。

話を115号事件に戻すと、1988年(昭和63年) 大阪地裁は広田雅晴に死刑判決を下しています。

>>115号事件の判決・主文

2017年8月現在 神宮雅晴(旧姓が広田)死刑囚は74歳、未だ執行はなく、大阪拘置所に収監されている。

※旧姓が広田。最高裁弁論後に改姓届を提出し、現在は結婚前の「神宮雅晴」に戻っている。
 
 
スポンサーリンク


[via]   戦後ニッポン犯罪史   日本凶悪犯罪大全   戦後事件史データファイル   現代殺人事件史   昭和・平成 日本の凶悪犯罪100   殺しの手帖   日本殺人巡礼      



115号事件 神宮雅晴 広田雅晴